スポンサーリンク

4,000万画素でもピント精度良好 M10シリーズの違いをおさらい――ライカM10-R(デジカメWatch)

(レビュー)カメラ
(レビュー)カメラ ライカ
スポンサーリンク

【新製品レビュー】
4,000万画素化されたライカM10-R登場
by 河田一規

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 昔ライカ使いだった より:

    35ミリF1.4に対してはピント精度が出た…ということなんだろうけど、
    大口径の75ミリや90ミリ、更に135ミリに対して精度が出るかどうかは、
    今後の検証待ちだ。まあ広角レンズで精度が出なければ 論外だろう。
    その点でタイトルは盛りすぎているという印象。

  2. 匿名 より:

    ISO6400はちょっとノイズ出過ぎのような気もするな。
    ソニーのセンサーじゃないんだね。
    これで100万超えは躊躇するなあ。

  3. 匿名 より:

    ライカは嘗ての倒産前夜のカナダ製で低品質なものが出回って更に倒産へのスピードを速めたトラウマから、何が何でも”Made in Germany”を死守するためにCMOSISのセンサーに拘るだろうね。因みにEUの原産地認定基準は主要部品と製造コストのEU内累積金額の合計が工場出荷価格(市場販売価格ではなくメーカー卸値に近い額)の60%以上を占めた場合に最終組み立て国がEU加盟国ならば、最終組み立て国を原産国とする定義だから。

タイトルとURLをコピーしました