スポンサーリンク

長らく待ちわびた“明るい45mm” 独自の世界観を醸すスイスデザイン――Irix Dragonfly 45mm F1.4(デジカメWatch)

レビュー(レンズ)
レビュー(レンズ)
スポンサーリンク

【新製品レビュー】
独自の世界観を醸し出すデザイン
大きめのボディと好マッチングなサイズ・重量

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:

    従来のNikon体質を打ち破って、新生Nikonに変わろうとする意思が感じられるが、このデザインが凶と出るか吉とでるか….難しいところだ。

  2. 匿名 より:

    Irixって中身はただのSamyangだからなぁ

  3. 匿名 より:

    この全てが恥ずかしいデザインで13万。

  4. 匿名 より:

    D850のペンタ部って、ゴリラの頭みたい。

    • ken より:

      ゴリラってバイクはそんなにゴリラっぽくなかったね。
      モンキーの兄貴分だからゴリラって印象です。

      • 匿名 より:

        モンキーはモンキーっぽいの?

      • 匿名 より:

        〇〇っぽいのか?と言われても困るのは沢山あるよね。
        自分は大自二免許取得後初めて乗った大型がGPZ900Rなんだけど
        周りからおお、ニンジャにしたんだーとか言われてもコレの何が忍者なんだろう?
        欧米でNinjaのイメージや響きがカッコいいから?
        実際には目立つし煩いし、忍の者の印象からは程遠いとしか思えなかった。

        • 匿名 より:

          KATANAの初代はデザインを強調した良いネーミングと思った。

        • M-KEY より:

          「Ninja」の命名は、ショーコスギ主演の映画「Ninja」にちなんでいると聞いています。
          当時の米国はテレビドラマ「SHOGUN」のヒット以降、日本的な事柄が「東洋の神秘的なモノ」として注目されており、スズキジムニーが「SAMURAI」というネーミングで販売されていました。
          バイクの「KATANA」は時期的にはそうしたブームに乗っかる意図はなかったハズですが、タイミングがちょうど合った感じですね。

    • 匿名 より:

      ペンタ部のゴリラ頭って1D系に引き継がれるデザインのキヤノンEOS-1Vが出た時から30年以上も言われ続けてきたのだが。2ちゃんねるが開設された時からカメラ板では銀塩のEOS-1Vと1D以降はずっとゴリラが相性になっている。

      • M-KEY より:

        私の周りではEOS-1系は「蛸入道」と呼んでいましたが、たしかにゴリラっぽいですね。
        ゴリラの頭頂部が尖っているのは強力な咀嚼筋が頬では支えきれないので頭頂から吊り下げているのが理由だそうです。
        モンキーの大タンクバージョンを「ゴリラ」と名付けたのは秀逸だと思います。
        「モンキー」の数年後に出た「ダックスホンダ」は車体に対して小径のタイヤが胴長短足のダックスフントを連想させることから命名、2001年に発売された「ホンダ エイプ」は21世紀版の「モンキー」として名付けられたのでしょう。
        で、その「ホンダ モンキー」ですが、野猿街道説の他にも、パーマン2号やマッハGoGoGoの三平のように「ちいさいもの」「マスコット的」なモノの象徴的な意味合いもありそうです。

タイトルとURLをコピーしました