スポンサーリンク

レンズは資産(その1)(デジカメWatch)

ネタ記事
ネタ記事
スポンサーリンク

【カメラバカにつける薬 in デジカメ Watch】
by 飯田ともき

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:

    AFモーターや電磁絞り、液晶表示などがあるレンズは資産とは言えないのでは?

    • 匿名 より:

      レンズが資産だったのは銀塩時代まで。
      古い技術で電子化されたレフ機用のレンズは尚更。
      昔のものでも、まだレンジファインダー用のレンズの方が
      ミラーレスでもフィルムでも使えるから価値はある。

    • 匿名 より:

      これは難しい問題ですね。
      カメラのレンズである以上、撮ってナンボという前提で話しますけど、アナログメカとガラスだけの時代のものはサイズの割にズッシリとした重量感や感触、見た目のオールドレンズ然とした佇まいに、いかにも資産「になりそう」なレンズは多い気がしますけど、実際に撮影してみると直面する諸問題に、これは味というものだ・・・と自分に言い聞かせるしかないレンズも多いです。
      電子制御されまくりな現代設計のレンズは確かにレンズ資産とは思えないものばかりですが、見た目に反してやっぱり描写性能は多くの場合優秀なんですよね。
      旧いレンズは現代レベルの要求性能には全くの力不足でも、そういった現実的性能の部分以外に価値を感じる事ができるかって所に尽きると思います。
      存在自体が価値という世界もあるにはあるのですが。。。

  2. 匿名 より:

    我が家にあるのは、資産というより、ガラクタばかりだな・・・(苦笑)

    • 匿名 より:

      DCニッコールというレンズは
      AFレンズにしては珍しく高値で
      取引されてるがな。

      18mmF2.8も高いレンズだが、
      アレはデジカメには合わない、
      値段の釣り合わないレンズ。
      しかしフィルムで撮るとすごくよく写る。

  3. 匿名 より:

    高級レンズが資産だったのは昔の話

    モーターを内蔵してないAFニッコールとか揶揄とかではなく本当の意味で燃えないゴミでしかない

    • ken より:

      AFの85㎜F1.4は手放せないなあ。
      例えゴミと言われようが。。。

  4. 匿名 より:

    モーター内蔵云々よりも、フォーカスリングのウレタン塗装が、
    加水分解でベトベトになるようなレンズは止めてほしい。

    • 匿名 より:

      これほんとに止めてほしい
      レンズだから液剤かけて溶かすわけにもいかないし手の施しようがなくなる

    • 匿名 より:

      加水分解本当に厄介だよね。
      自分もかつて使用したD70のグリップが何年かしたらネチネチし始めて、
      故障した訳でもないのにあまりに不快なんで使うのをやめてしまった。
      手で触れる場所の素材は慎重に選択してほしい。

      • 匿名 より:

        表面がベタベタするのはアルコールでチマチマ拭けばなんとかなるが、ミノルタAF機のようにグリップが割れるのは困るね。
        もっとも資産価値なんて微塵もないけど……

        • 匿名 より:

          ごく稀にヤフオクでα9000のグリップ割れのない美品が
          出たりするけど、あれ今までどうやって保管してたのか
          気になる。ニコイチとかかもしれないが。

          デジカメがメインだと只の古いプラカメなんだけど
          単3電池2本で動くAFカメラなんて今でもスゴイわ。

          • M-KEY より:

            コレクションしていたカメラやレンズが加水分解でベトついたり割れたりするのはツラいですが、すでに実用品ではないと割り切って鑑賞用と考えればいいでしょう。

            でも、登山靴やスパイクのソールの加水分解は困ります。
            前日に準備していて気づいても新調するには「時すでに遅し」
            それでも、現場でソールが剥がれるよりはずっとマシです。
            草野球でスパイクのソールが剥がれてしまった時は、イボイボのトレシューでしのぎましたが、森林の撮影で車が見える所まで戻った時にトレッキングシューズのソールが剥がれた時は、片道2時間くらいまで入っていたので、そこでソールが剥がれていたらと肝を冷やしました。

      • 匿名 より:

        EOS-1Nのグリップは問題なかったんだけど、
        ファンクションボタンなんかが収納されてる
        パームウィングってやつ、あの表面がベタベタになったっけなあ。
        あとEF35mmF2のフォーカスリング。
        ネチネチすると、なんだか使用意欲が下がるね。

  5. M-KEY より:

    実際、長期にわたって資産として通用するのは海外ブランドの一部のレンズくらいでしょう。
    注釈にもあるように「ボディを買い替えてもレンズを使い回すことができる」すなわち「買うための方便」です。
    でも実際には、新しいカメラだと古いレンズだと粗が目立ったり、使い勝手が悪かったりで、結局はレンズも新しいモノに換えたくなります。
    ただ、手持ちのレンズが一切使えないよりは、アダプター経由ででも使える方が、新しいカメラを買う購入障壁は低くなりますね。

    • ken より:

      海外ブランドの一部のレンズは実用というより
      コレクション的な、ある意味お金に変換できる資産じゃないかな。

      ここでいうレンズ資産とは新しいカメラ買っても使える実用的なものだと思います。
      でも別に新しいカメラを買う為の方便とは違うような。。。
      まあ今まで使っていたレンズ(資産)を無駄にしないように
      メーカーを変えられないって呪縛もありますが。
      (アダプターも完全じゃないしね)

      • M-KEY より:

        新しいシステムに誘導するのに「今まで使っていたレンズ(資産)を無駄にしない」という意味でマウントアダプターを用意するのはユーザーフレンドリーだと評価できます。
        でも、メーカー側がローンチのレンズ不足をマウントアダプターに頼るのはダメでしょう。
        もちろん、最初から十分なレンズを揃えるのは無理なのですが、少なくともローカルで最小限のシステムが組めるくらいのロードマップは示すべきです。

        • ken より:

          〉でも、メーカー側がローンチのレンズ不足をマウントアダプターに頼るのはダメでしょう。
          結局、コレが言いたいだけ?
          レンズ資産の話をしているのに
          ローカルで最小限のシステムとかロードマップと言われても。。。

    • 匿名 より:

      海外製レンズと言っても中韓のレンズはマップやフジヤといった大手中古カメラ店の買取価格がシグタムの古いレンズよりも激烈に安くて、良品でもジャンク扱いの値段だから、全く資産価値はないよね。使わなくなった時点で産業廃棄物。
      次代を超えて使えて資産価値のあるのは、余計な電子連動機構がなく、手動絞りが使えるMFレンズだろうね。栃木ニコンのUV-105mmF4.5は数少ない赤外域から紫外域まで収差を提言したレンズで生産数も少ないから、持っていれば資産価値は凄くある。ヤシコンの反射望遠のミロターも500 F8の廉価版も含めて生産数が少なかったのとデジタルで使っても光学性能が高いからこれも中古市場ではべらぼうな高値で取引される。

  6. M-KEY より:

    買い替え時に、手持ちの機材を「資産」として活かせるとい観点でいうと、最近はバッテリーやスピードライトの比重も大きくなっています。
    特にミラーレス機の場合は一眼レフよりも多くのバッテリーが必要なので、そのバッテリーが使いまわせるメリットは大きいです。
    スピードライトの場合、ニッシンやゴドックスのワイヤレスを使うなら、コマンダーのみの買い換えればいいともいえるのですが、下手に純正で揃えてしまうとツブしが効きにくいです。

    • ken より:

      〉特にミラーレス機の場合は一眼レフよりも多くのバッテリーが必要なので、そのバッテリーが使いまわせるメリットは大きいです。
      D7000からD600、D750、D800シリーズ、Zフルサイズまで共通のバッテリーはホントに便利です。グリップ部が大きくなってもいいから全て共通にして欲しいなあ。(もちろんそれだけじゃ済まないだろうけど)

      〉スピードライトの場合、ニッシンやゴドックスのワイヤレスを使うなら、コマンダーのみの買い換えればいいともいえるのですが、下手に純正で揃えてしまうとツブしが効きにくいです。
      複数のメーカーのカメラ使うとそうなんでしょうね。
      1社だけなら純正の方が調光とかいいんじゃない?コスパは良くないだろうけど。
      昔、サンパックでメーカーに合わせて下部を交換するのがありましたね。
      あれ、下部だけ売ってたかなぁ。

      • 雇われ息子 より:

        >昔、サンパックでメーカーに合わせて下部を交換するのがありましたね。
        >あれ、下部だけ売ってたかなぁ。

        売ってましたよ。
        当時は一個4500円ぐらいで。ライカR用とかは結構高かったような。
        G4500にニコンとミノルタのシューアダプターを付け替えながら
        使ってました。
        各社のTTL調光方式が大幅に変更があったぐらいの時に
        ひっそりと消えてました。

    • 匿名 より:

      godoxはホットシューの端子の交換部品を売ってるよね。

  7. 匿名 より:

    難有品のくせに、とんでもない値段がついてる最近の中古フィルムカメラ。
    カメラそのものの価値以上の価格にしか思えなくて、
    なんだかなあと思う。
    あれも資産なんだろうか?バブル時代に高騰してた土地の値段みたいで、
    なんだか気持ち悪い。

    • 匿名 より:

      最近コロナ過の影響でみんな家にいる時間が長いせいなのか、
      ヴィンテージ・カメラ&レンズの価格が全体的に上がってるような気がしますね。
      ヤフオクとかでも、あれ?今こんなに高く売れるの?ってのを時々見かけます。

      • ken より:

        2年くらい前の話ですが中古カメラフェアをのぞいたら
        一部の店で単焦点コンパクトフィルムカメラ(T2みたいに高級じゃないやつ)が結構な高値で売られていました。
        店の人に聞いたら、人気あるから引き取りもそれなりに高値だとか。
        結構集めて手元にあるから、あの時売っといた方がよかったのかなぁ。

        • 雇われ息子 より:

          現在はさらに値上がりしてます。
          オリンパスμ-2やニコンミニなど、自分の感覚だとすごく高いです。
          ちょっと前に全然使ってなかった京セラSLIM Tをヤフオクで売ったら
          予想以上の金額になりました。
          なぜ人気なのかは正直わかりません。

          でも高級コンパクトならもっと高いという感じは
          なくて、TC-1やGR1系などはT3ほど高騰してない
          印象です。

        • 匿名 より:

          そう、普通のコンパクトフィルムカメラ人気あるんですよね。
          コニカビッグミニとかフジティアラとかオリンパスXAみたいなやつ。
          海外でも人気みたいです。若い人が使っているのでしょうかね。
          実は20年以上前に中古で買ったオリンパスXAがあったのですが、
          ほとんど使わなかったので、去年、試しにヤフオクに出したのです。
          シャッターは切れるものの使用感もあったので、たぶん値はつかないとは思いつつ、
          初値を1,000円にして出したところ、最終的な落札価格は11,000円になったんです。
          もちろん商品写真をキレイに枚数も多く載せていたことはあったんですが、
          購入額より、ちょっぴりですが高く売れたのにはびっくりしました。

  8. ken より:

    息子さん、情報ありがとうございます。
    スリムT持っているんですよ。ホント使ってない。。。
    あとティアラとMF-1(これはちょっとちがう?)
    μはストロボが不調だからダメだろうなあ。

    プラカメが資産(お金に換えられる)になる時代がくるとは思いませんでした。
    なんでなんでしょうね。

  9. 匿名 より:

    富士のクラッセが10万超えてます。
    ナチュラも8万前後。
    ナチュラは一時期ほしかったんだけど、
    確か新品で2万円台で買えたはず…。
    フジのコンパクトって写りはよくても
    高級感はないので(むしろ安っぽい)、どういう人が買ってるんだか、
    謎ですね…。

    • 匿名 より:

      5年くらい前にフラッシュが光らないクラッセをキタムラのジャンクコーナーで3000円で買えた。
      今売れば結構な額になるんだろうか?

      • 匿名 より:

        フラッシュ以外にも異常があったりして。
        電池消耗が激しい(漏電)とか。

タイトルとURLをコピーしました