スポンサーリンク

パナソニックの「LUMIX G100」は猫Vloggerにピッタリのカメラ(ASCII.jp)

(レビュー)カメラ
(レビュー)カメラ パナソニック
スポンサーリンク

【荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ”:第677回】
by 荻窪圭/猫写真家

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:

    猫Vloggerってこれまたものすごいスポットせまいなw

  2. 匿名 より:

    ついに猫がvlogする時代か

  3. 匿名 より:

    それにしても酷い写真だ。これを選んだ理由を聞きたいものだ。

    • 匿名 より:

      どこらへんが酷い?

    • 匿名 より:

      ニコン好きってアラシですか?

    • 匿名 より:

      なんで酷いと思ったの?

    • 匿名 より:

      親切のつもりで言うんだが、
      酷いというなら、
      何が酷いか書いてくんないと、
      ただの中傷にしか聞こえないよ。
      猫の顔が汚いとか、日の丸構図だとか、
      具体的に理由を書いてほしいね。

      • 匿名 より:

        写真は基本的に日の丸であるべきだと思っているワイむせび泣く。

        • M-KEY より:

          日の丸構図が忌み嫌われるのはなぜなんでしょうね?
          レンズの描写性能が一番良い中央に主要被写体を入れるのは光学的には合理的ですし、
          雑誌の表紙だとタイトルを入れるスペースが必要なので「日の丸構図」は喜ばれます。

          • 匿名 より:

            工夫なく真ん中にするだけのワンパターンじゃ問題だけど、日の丸だから活きてくる場面だってある。
            日の丸構図だって立派な表現方法のひとつ。

          • 雇われ息子 より:

            大昔の雑誌や写真教室では「日の丸構図は悪」という
            風潮があったような気がします。

            私の仕事で学校行事なんか撮ってると日の丸構図でも
            販売用スナップ写真などは大きく写っていればよく売れます。
            卒アル用は少しひねりますけど、撮ることもあります。
            自分の中では、「日の丸構図=悪」という考えは
            高校の写真部時代以降は捨てています。

          • 匿名 より:

            以前はここでも日の丸は駄目ってのが多かった印象だが

          • 匿名 より:

            太陽、月、惑星、視直径大きめの星雲・星団を天体望遠鏡にカメラつけて撮る場合、飛行中の航空機や野鳥を望遠でアップで撮る時は、逆に日の丸でないと被写体を上手く捉えてないないと言われる。

          • 匿名 より:

            まあ煽りとして使い勝手がいいってのがデカいんだと思います。
            イキリがマウントを取りに行く場合なんてのでなくても、例えば初心者向けの解説書なんか『日の丸構図から脱出するには』なんて冒頭の文句の定番ですもんね。
            でも、人に見せる写真なんか、良いものが中央にデデン!!って写ってるのがやっぱり一番喜ばれる。
            相手に伝えるために構図があるんであって、その逆じゃねえぞっていうね。

    • 匿名 より:

      で、どこが酷いんだ?

  4. 匿名 より:

    サムネの茶トラ、味のある顔してるじゃないか。
    暑くて気ダルそうだけど毛艶は悪くないな。

    • 匿名 より:

      その茶トラにしてみれば「こんな表情撮るなよ」って事だろう(笑

  5. M-KEY より:

    >人に見せる写真なんか、良いものが中央にデデン!!って写ってるのがやっぱり一番喜ばれる。
    これにつきますね。
    心に刺さったモノを中央でドンと撮るのが一番なんです。
    初期のAFカメラなんて、そうしないとピンボケになりました。
    でも、ダメだと思いこんでいる人は多いですね。
    横位置で人物のバストショットを無背景で撮る場合に顔を真ん中にすると、上に無意味な空間ができますが、それ以外で日の丸構図が決定的にダメな事例は思い浮かびません。
    「日の丸」がダメなのではなく「無駄な空間」はなるべく避けた方がいいというだけです。
    背景に意味があれば、人物の上に空間がある方が環境が伝わります。
    また、空間で表現することも可能です。
    それよりは、欲張って画面にいろんなものを写し込む方がずっと写真が弱くなります。

    サムネやニャツバテつぶれ猫は、写っているネコ本人(?)にしたら不本意で「酷い」って感じるかもしれませんね。
    路上で寝ているヒトの写真を撮る勇気はありません。

タイトルとURLをコピーしました