スポンサーリンク

初心者でも楽しく撮れる!「はじめての鉄道お立ち台ガイド」vol.06(デジカメWatch)

レポート
レポート 写真
スポンサーリンク

【中井精也のエンジョイ鉄道ライフ「ジョイテツ!」】
中井精也オススメ”秋の撮影地”10選
by 中井精也

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. M-KEY より:

    観光のパンフレットや旅行雑誌向けの場合は、定番スポットを求められるのですが、
    趣味で撮るのに、こうした「お立ち台」に群がるのがイマイチ理解できません。
    ま、誰もが同じようなことを考えるので、すでに先客がいる場合もあるのですが、
    「誰もが撮っていないアングル」を探すのが醍醐味だと思うんですがねぇ・・・
    (時期などは参考になります)

    • 匿名 より:

      定番には定番なりの理由があるでしょう。
      そもそも自分で探すならアングルどころか定番すぽっと自体いかないでしょ。

    • 匿名 より:

      自分の所属クラブにもそういう人居るんですが、良いカメラを入手しても目的はそれで9割くらい達成してしまっていて、初心者という訳でもないのにどこへ撮影に行けば良いか分からないから、、、という事で毎度定番スポットへ出向いて同じような風景写真を量産してる人もいますし、酷い場合には何を撮ったら良いか分からないので、とにかく皆と同じ方向にカメラを向けるのみ、、、という恐ろしく受動的な人すらいます。
      私なんかも話を聞いていてそんなんで良いの?と不思議に思うわけですが、ともあれそれで満足しておられるのであれば、余計なお世話なのかも知れませんね。
      という事で撮影地紹介的なガイドってのはそれなりに需要があるものと思われます。

      • M-KEY より:

        「お手本をなぞる」のは大事ですし、その過程でテクニックを盗むことも可能です。
        でも、結構なベテランが「お立ち台」に大挙して押し寄せるのは、ちょっと違うのように感じます。

  2. 匿名 より:

    結局ツアーの宣伝だった。

    • 匿名 より:

      というか、デジカメWatchの記事は全部何かの宣伝でしょ

  3. 名無し より:

    この人の撮る写真素晴らしいと思う。

  4. 匿名 より:

    有名な撮影地でも、気象条件が悪かったり、
    撮影者の力量が足りないと、
    それなりの写真しか撮れないよね。
    でも、修行の場には、なると思う。

タイトルとURLをコピーしました