スポンサーリンク

望遠鏡スタイルのデジタルカメラ「PowerShot ZOOM」が11月に一般発売(デジカメWatch)

キヤノン
キヤノン 新製品(コンパクト機)
スポンサーリンク

キヤノンの新コンセプトカメラ 3段階のステップズーム採用
by 宮本義朗@デジカメWatch

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:

    SAMURAI

  2. 匿名 より:

    今は下手するとビクセンあたりのズーム式のモノキュラーをスマホアダプターでiPhoneやGoogle Pixelに付けた方がむしろ画質が良いからな。しかも、いちいちスマホに画像転送する必要ないし。更には、動画機能は高級スマホの方が性能が上だしね。

    • 匿名 より:

      別にこれはこれで便利なんじゃないの?なんでもスマフォにすりゃいいってもんじゃないでしょ。

      • 匿名 より:

        全くそうは思わん。スマホに優位性出すなら最低1インチ以上のセンサーで4K60P動画が撮れなきゃダメだろ。スマホにビクセンのモノキュラーの方がサイズも重量も小さく、トタルの光学性能もいい。
        防振双眼鏡以外双眼鏡望遠鏡から撤退したキヤノンより、高級モノキュラーのあるニコンやフジがそれらの光学系組んだもの出したら、まだ価値があったかもしれない。

        • 匿名 より:

          トタルの光学性能だかホタルだか知らんが、使う姿がブサイク過ぎる。

    • 匿名 より:

      これならポケットに入れて必要な時にサッと出してのぞけるじゃん。
      モノキュラーとスマホを合体させてポケットに入るの?

      • 匿名 より:

        ビクセンのアダプターは一種のバヨネットみたいになっていてスマホにアダプターつけとけば、直ぐにモノキュラーをはめれば済む。ケンコートキナーのクリップ式はそれこそクリップ部にスマホ挿せば終わり。単体カメラのレンズキャップ外してスイッチ入れるのと大して変わらないか寧ろ速いだろ。スマホは常時起動状態なわけだから。海外(中華製がおおいが)には折り畳み式のがあって、スマホの後ろに寝かせたモノキュラーをパタッと立てるだけ。いずれもポケットに入る。

  3. 匿名 より:

    見たい時にすぐ見られるのと、送りたい時にすぐに送れる、
    のどちらかを優先するのはその人のデバイスの使い方次第だし
    これはこれでいい提案の商品だと思います。
    ただ、数年後には両方出来るようにはなってるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました