スポンサーリンク

「X-S10」は富士フイルムデビューにぴったり、良いとこ取りサラブレッドです(GIZMODO)

(レビュー)カメラ
(レビュー)カメラ 富士フイルム
スポンサーリンク

絶対にブレさせないという確固たる意思
Xシリーズの良いとこ総取りモデル
ズームレンズでスナップ散歩
その「S」が意味するものとは
by ヤマダユウス型

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:

    宣伝よいしょ記事ですよ。リテラシーの低い人たち いちいち無駄に騒がないよーにw

    • 匿名 より:

      GIZMODEはの記事は、忖度オンリーのデジカメWatchと違って中身があるよ。

  2. 匿名 より:

    ボタン類の操作系やバリアングルの採用など、フジはいろいろとブレてるな。

  3. 匿名 より:

    X-T一桁の下に二桁、三桁と続くのなら、X-H1の下位という事でX-H10にしたら分かりやすかったのにとは思うな。
    コンセプトが違う系統をグレード別に揃えるという、そんな欲張りな事が出来る富士には感心してしまうが、
    個人的にはT系の懐古趣味は見た目カッコ良くともデジタル時代の操作体系においてベストな方法とも思えないので、
    X-S10のオーソドックスに振った方向性は結構好きです。

  4. 匿名 より:

    操作系とか散々拘ってたと思うんだけどな。
    手ブレ補正も載せないといってたのに載せるし、
    一見硬派なようで簡単に主張を変えるので信用できないな。

    • 匿名 より:

      富士の絵が好きで使ってるけど、従来の操作系は嫌いだったから今風でいいんだよ。
      その辺は無駄に貫く必要はない。
      ここでも何度か書いたがSSのダイヤルとか使いにくいだけ。

    • 匿名 より:

      そうだね 簡単に主張を変えるメーカーは信用出来ないね。
      「デジタルにはDXが最適なんです」なんて言ってたメーカーも信用出来ないねw

タイトルとURLをコピーしました