スポンサーリンク

ニコンが赤字転落、「カメラ不振」で迎える難所(livedoor NEWS)

ニコン
ニコン レポート
スポンサーリンク

名門ニコンが窮地に立たされている。
11月5日に同社が発表した2020年4~9月期の営業損益が466億円の赤字(前年同期は175億円の黒字)に転落した。主力のカメラ事業の業績が悪化しているのが主因だ。

出遅れたミラーレスカメラ
新規事業も伸び悩む
by 東洋経済オンライン

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:

    あの人のせいだ。きっと あの人のせいだ。

  2. 匿名 より:

    「出遅れたミラーレスカメラ」出遅れて、滑って転んで、穴落ちた。

  3. 匿名 より:

    キヤノンも一眼レフとの食い合いを避けてフルサイズミラーレスだけは出し渋ってたけど、
    その間もミラーレスの技術開発は続けて爪は研いでたわけだ。
    ニコンはDfだのDLだのキーミッションだの行き当たりばったりしかしてなかったが。

    • 匿名 より:

      今キヤノンのミラーレスの基本となっているデュアルピクセルCMOSセンサーを初搭載したカメラが一眼レフのEOS 70D。
      これの発売が2013年だから開発を含めるとこれより何年か前にミラーレス化の流れが来ることは読んでいた訳だな。
      当初は消費電力の問題があってEOS Mには間に合わなかったけどその後ちゃんと省電力化して現在に至っている。

    • 匿名 より:

      D6とZ5、Z6II/Z7IIを見ると、少ない開発リソースをうまく使っていない感じがする。

      • 匿名 より:

        D1はF100と、D2系はF6とコンポーネントを共有化していたのに最近のニコンは少ないのに行き当たりばったりで、少ないリソースを無駄遣いしているようだね。

        • M-KEY より:

          一眼レフとミラーレスでパーツ共用化は難しいと思います。
          センサーと背面モニターくらいでしょうか?
          一方、ミラーレス同志ならFXとDXの筐体共有化もしやすいように感じます。
          今のZなら
          (A)Z7II/Z6II筐体(CFexpress/UHS-IIのダブルスロット)
          (B)Z50筐体(UHS-IIシングルスロット、バッテリーはEN-EL15c)

          (1)FX4500万画素センサー
          (2)FX2400万画素センサー
          (3)DX2400万画素センサー
          の順列組み合わせで6機種を出せば費用対効果は高そうです。

  4. 匿名 より:

    ニコン厳しいですね。ニコZが不調だったのは、
    一般ユーザーはおろかニコンユーザーの一部しか受け入れられていないことですね。
    性能面でソニーやキヤノンに極端に劣っていた訳ではないので、
    やはりデザインに原因の一端があるように思います。
    ニコZの最大の売りはマウント径が大きいことですが、
    径の大きさを強調するあまり張り出したマウント部分と、
    電子ビューファインダー風の幅の狭いヘッドが一体感なくボディに付いていて、
    従来の高級レンズ交換式カメラというよりは、
    どこか一昔前の高倍率デジカメを思わせてしまいます。

    • 匿名 より:

      最大の原因はデザインだろうけど、ダブルスロットと縦グリが無かったのも大きい。

    • 匿名 より:

      ソニーの一強の中できっちり数を売れるキヤノンのブランド力が異常なだけだと思う。高性能でもエントリーでも名前の通りがいい。
      ニコンってオタクっぽいから、ベースラインとしてオタクっぽいカメラ業界ではむしろ埋もれるよね。今更ながら、スタート切るのが遅れた時点で全ては決していた気がする。
      旧来のニコンファンはレフ機からは動かないだろうし。

  5. 匿名 より:

    ニコンには頑張ってもらいたいですね。あの人がいない今だからそう言える。

  6. 匿名 より:

    デザインをもう少し一眼レフに寄せればいいのに。D500風にするとか。

  7. 匿名 より:

    市場が縮小するなかわかっていた事でしょう。
    高価格帯にシフトしたところで必要とする人は少なく、コロナ不況で一層需要は減るばかり
    ソニーの様に他で補填出来る事業もないわけで。

  8. M-KEY より:

    最大の原因は、本来ならZを出すべきタイミングにNikon1を出したことでしょう。
    そして、Zの初号機を出す時に、先行するソニー機の進歩を織り込めず周回遅れの仕様になっていたこと。
    デザインはニコンに求めないので諦められても、あの時点でシングルスロットはないでしょう。
    そして縦グリの不在。
    D7500もそうですが、開発責任者の最大のミスだと思います。

    • 匿名 より:

      Nikon1の時期にZ出しててうけいれられたのかなぁ?
      ミラーレスなんて一眼レフの下位って認識の人が殆どで、ニコンユーザーの場合だと否定は多かったんじゃないのかね。
      キャノンとニコンが本格参入してから掌返したように否定意見もほぼなくなったが

      • 匿名 より:

        受け入れられるわけないじゃん。それでもやるんだよ。
        ソニーはトランスルーセントミラーでAマウントを生贄に捧げて顰蹙を買うかわりに像面位相差AFを磨き続け、さらにはEマウントに切り替えることでオタクを敵に回し、それでもしつこく続けて結局天下を取った。
        戦うことから逃げた奴に勝利はない。

        • 匿名 より:

          トランスルーセントミラーと像面位相差AFは関係なくね?

          • 匿名 より:

            クイックリターンミラーじゃなくて固定ミラーにしたから単体の位相差センサー止められたと思うんだけど、違う?

          • 匿名 より:

            トランスルーセントミラーの測距は基本レフ機の位相差センサーと同じでしょ。
            99IIだと像面位相差センサーを補助で使ってるけどその他は像面上に位相差センサーはない。

        • M-KEY より:

          Nikon1の時期にZを出していれば、少なくともNikon 1よりは人気が出たと思います。

          私は、トランスルーセントミラーは像面位相差までのつなぎだと理解しています。
          Eマウントの当初はAPS-CとSuper35mmはEマウント、35mmフルはAマウントという2本立ての構想はあったかもしれませんが、ソニーの製品リリースからは、割と早期にEマウントに一本化する方針に定まったように感じています。
          で、像面位相差が使い物になった時点でトランスルーセントミラーは役目を終えたと。
          一眼レフとミラーレス機のハイブリッド機ならば、トランスルーセントミラーも使いどころがあるとは思います。
          ニコンだって、ハーフミラーの一眼レフの技術は持っています。

          ニコンF3H 高速モータードライブカメラ - ニコンカメラの小(古)ネタ
          1996年6月に主に報道機関などの特需向けに出されましたF3高速モータードライブ...


          D850に固定ハーフミラーと内蔵EVFを組み込んだカメラなんて面白そうですが、ペリクルミラーを持つキヤノンさえもそうした機種を出さないのは、必要性が薄いからでしょう。

          • 匿名 より:

            つなぎという意味ではまさにそうでしょうね。
            このころからOVFではなくEVFにスイッチしていく意思は強くあったと思ってます。
            (900は次に進むための墓碑銘だったのかと)

  9. 匿名 より:

    仕様のヘボいところを、「ニコンの良心」と言って擁護していたニコ爺も悪いんだよ。

    • 匿名 より:

      ニコンユーザーは「忠誠こそが生きがい」なんだから、企業努力なんていらなかったんだよ(苦笑)
      結局それが 現在の苦境につながったんだけど…

  10. 匿名 より:

    Zシリーズはデザインがイマイチ
    R5とかX-H1みたいなデザインだったら
    もう少し興味を持っていた

    • 匿名 より:

      R5/R6のデザインは新しい時代を感じさせながらもまんまレフ機EOSの流れだが、それが自社一眼レフユーザーが移行する際の安心感にも繋がっているように思う。
      ニコンはより一層保守的ユーザーの土壌なんだから、まずは変に冒険しないで一眼レフ踏襲のデザインで良かったんだよ。

  11. 匿名 より:

    ニコンは冒険的な側面と保守的な側面があり、それはそれでいいんだが、
    最近はいずれでも空回りしている気がする。
    デジタル一眼レフに固執する保守的な面があると思ったら
    Vシリーズという冒険に打って出て失敗。
    Zシリーズという大冒険に出たけどデザインで冒険しすぎて
    保守的な客層が付いていけない。

    • 匿名 より:

      抱える客層を考えたらニコ1とかKeyMissionのようなリスキーなものによく手を出したものだと思う。

タイトルとURLをコピーしました