スポンサーリンク

LAOWA、マイクロフォーサーズ用広角単焦点「10mm F2.0 Zero-D MFT」(デジカメWatch)

(新製品)レンズ
(新製品)レンズ
スポンサーリンク
LAOWA、マイクロフォーサーズ用広角単焦点「10mm F2.0 Zero-D MFT」 電子接点付きでボディからの絞り制御・Exif記録に対応
株式会社サイトロンジャパンは、LAOWAブランドのマイクロフォーサーズ交換レンズ「LAOWA 10mm F2.0 Zero-D MFT」を1月29日に発売する。価格はオープン。店頭予想価格は税込5万9,800円前後。なお、対象期間内の購入者には初回購入特典として「LAOWAオリジナルレザーポーチ」をプレゼントする。

電子接点付きでボディからの絞り制御・Exif記録に対応
by 宮本義朗@デジカメWatch

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:

    パナソニックやオリンパスに「10ミリ出して!」と要望を出し続けていたんだけど 日本企業って腰が重いねぇ。中華メーカーに先を越されちゃったよw

  2. 匿名 より:

    このレンズ、無限遠~1mの間のピントリングの回転角が非常に狭くて 使いにくそうだ。
    同社の14ミリF4は広くとってあるのに なぜこんなに違うんだろう?

    • M-KEY より:

      ハイパーヘリアー10mmF5.6を使っていますが、距離指標は同様のピッチです。
      実用上の支障はないというか、回転角が多いと操作に対してのボケ量が少なくなるし
      至近までの一周近く回転する必要が出るので、却って使いにくいと思います。
      f/5.6ですが、距離指標を2mにすると1mから先がパンフォーカスになります。

      NIKKOR-H Auto 2.8cm F3.5を持っていましたが、距離指標のピッチが大きく、
      フォーカシングをいくら回してもファインダー像の変化が少なく難儀しました。
      後年になって入手したAI Nikkor 28mm f/2.8Sの方がピントは合わせやすかったです。

      • 匿名 より:

        10ミリでF5.6ならそれでいいんだが(もうほとんどパンフォーカス状態なんで)、LAOWAのレンズはF2.0なんだよ。
        F5.6とF2では被写界深度がかなり違うのを理解できない人なのかな?
        個人的には回転角を2倍程度にしてほしいね。

        • M-KEY より:

          被写界深度は頭をよぎりましたが、28mmF3.5と10mmF2では大差ないでしょうから、
          その経験も加味して、距離指標のピッチが狭いのは特に問題ないと考えています。
          同じ会社の14mmF4が細かく刻んでいたのに、後発の製品のピッチが粗くなるのは
          14mmF4のピッチが細かすぎるという反省が由来なのではないでしょうか?
          ただ、ラインナップにMマウントがあるレンズは細かく刻んでいるようです。

      • 匿名 より:

        2.8cm F3.5 で難儀したって?ミラーレス機の拡大表示を使えば一発でピントが来るけど? もしかしてカメラの視度調節をきちんと自分の目に合わせてないんじゃないの? それをレンズのせいにちゃレンズが可哀想だ。

  3. 匿名 より:

    M-KEY氏は 他人の書き込みの正誤に関わらずそれを否定して 自分の主張をすることで「常に他人にマウントしたい」という欲求を満たしているだけだよ。だから発言するたびに嫌われる。特にKen氏に (笑) ご当人、短焦点と単焦点の区別すら付かないレベルなのに…w

  4. 匿名 より:

    同じ会社のレンズでも14ミリF4は 無限遠- 3m – 2m – 1.2m – 1m と細かく距離目盛りが刻んであり、無限遠と1mの間には十分なピントリングの回転角が取られている。
    「こんなに回転角が大きかったら ピントの山がつかみにくくて駄目です!」とM-KEYは貶しまくるんだろうな (爆)

    • 匿名 より:

      M-Key氏を擁護するわけじゃないが、MF超広角で回転角が大きいものは使いにくいだけだな。
      自分はシャッターチャンス優先の内容が多いから特にそう思うんだろうけど。

      • 匿名 より:

        どのくらいなら「大きい」のかね?小さいほどいいのかね?曖昧すぎて判断できんわ(笑)

        • 匿名 より:

          それこそ一般論ってやつだろう。
          経験則により使いやすいと感じる領域はそれぞれ違うもの。
          曖昧なのは当たり前であり、個人差があるものを数値化する意味は無い。

          • M-KEY より:

            経験則により使いやすいと感じる領域

            根拠的なコトは書いていますが・・・
            ハイパーヘリアー10mmF5.6の距離指標は同様のピッチで問題なく使えている。
            NIKKOR-H Auto 2.8cm F3.5の距離指標はピッチが大きくピント合わせが難儀。
            Ai-Sニッコールの広角単焦点もピッチは小さいが、ファインダーでのピント合わせは問題ない。
            (ただし、目測の補完には全く使えない。)

            当該レンズを使ってみないとわかりませんが、私は現状のピッチなら大丈夫だけど
            NIKKOR-H Auto 2.8cm F3.5程だと扱いにくいという考えです。
            当該レンズのは写真から推測するに至近〜無限遠は約1/3回転なので、
            現状の1.5くらいなら問題はないでしょうが、2倍を超えると途中で持ち替えが必要で
            扱いづらくなるのではないかと考えています。
            いずれにせよ、メーカーが企画時に検討したもので、適当に設定してはいないと思います。

  5. 匿名 より:

    スコパー21ミリF4を使っている。これは マイクロフォーサーズの10ミリF2と画角・開放時の被写界深度でほぼ同等だろう。
    このスコパー21ミリは無限遠を12時の位置においた時 1mが1時45分くらいのところにある。最短撮影距離の0.5mは3時の位置で、自分としては「適切なピントリングの回転角」と思える。回転角が大きすぎることも小さすぎることもない。無限遠と1mの間には5mと2mと1.3mの指標もある。置きピンで撮影することが多いので、距離指標があるのは助かる。
    これをベースに Laowaの10ミリF2を見ると 無限遠と1mの間が誠に狭く、距離指標もその間になく 使いにくそうに感じる。
    回転角度が大きすぎると駄目というが具体的な角度も示さず ゆとり世代基準で表現しても、世の中には通じない(笑)

    • M-KEY より:

      カラスコの21mmF3.5のMマウントの距離指標は広ピッチですが、Eマウントの方はLaowa10mmF2と同じように峡ピッチです。

      vm-21mm F3.5


      E-21mm


      置きピンなどを多用するなら、Mマウント版のピッチの方が使いやすいと思います。
      レンジファインダーとEVFで設計思想が違うのかもしれません。

    • 匿名 より:

      あなたが思う適切と感じる、または使いにくそうだと感じる「個人的かつ具体的に示した回転角」も他者全てが同じように感じるのか、甚だ疑問だな。

      • 匿名 より:

        M-KEY氏が例に出した古いニコンの28ミリは♾から1mが60度くらいあった。
        そんな極端な例を出して使いにくいと言われてもなぁ。

        • M-KEY より:

          たしかに、NIKKOR-H Auto 2.8cm F3.5は極端で例示するには不適当ですね。
          LAOWA 14mm F4.0 FF RL Zero-Dの回転角なら、特に使いにくいという事はなさそうです。
          でも、コシナレンダーの同じ光学系のレンズでもMマウントとEマウントで距離指標の間隔は違います。
          どうも、Mマウント用はレンジファインダーの二重像の移動量とフォーカシングリングの回転量が
          感覚的に一致するように作られているようです。
          それに対してTTLでEVF像を見るミラーレス機用のレンズは、そうした制約がありません。
          という事は、自由に回転角が決められるのに、わざわざ使いにくくはしないでしょうから、
          操作性の観点から、回転角が小さくなっているようです。

        • 匿名 より:

          極端な例を出しても 相手にマウンティングしたいという欲求を満たしたいのでは。
          そもそもニコンの28ミリF3.5には最短撮影距離が60cmのものと30cmのものの2種類があることも
          M-Key氏は知らないのだろう。
          最初の匿名氏は距離目盛りを利用した目測撮影のしにくさをコメントしているのだが
          そんなことお構いなしにM-Key氏はピントの合わせにくさ(ファインダーを覗いての)というピント外れの観点で、マウントを取ろうとしている。横やりの視点がずれているのだ。
          そしていつもの「俺様視点」で他者の発言を否定する。
          もういい加減にしたらどうかと思う。

          • 匿名 より:

            私が持っていた2.8cmF3.5は最短撮影距離が60cmだったと記憶しています。
            30cmのモノがあったのは知りませんでしたが、後に買ったAi 28mmF2.8Sはレンズ前10cmくらいまで寄れました。

            最初の匿名氏は距離目盛りを利用した目測撮影のしにくさをコメント
            そこまでは読み取れませんでした。
            「(EVFでのピント合わせなら)ハイパーヘリアー10mmF5.6の距離指標は同様のピッチで問題なく使えている」
            と「NIKKOR-H Auto 2.8cm F3.5の距離指標はピッチが大きくピント合わせが難儀」
            という実体験をもとに、距離指標のピッチが狭くても実使用に問題ないという私見を述べたまでです。
            その後のやりとりを経てレンジファインダー機用のレンズの距離指標のピッチが広い事に気づきました。

            アポロ計画では、月着陸船のドッキング時に故障した計器の代わりにニッコールの距離指標を頼りにしたという神話があります。
            ピッチが広く細かい表記の距離指標が、目測による置きピン撮影に効果的なのは理解できますが、レンジファインダ機ではないMFT用の超広角レンズにそれを求める人は少ないという判断での仕様決定だと思います。
            よって「後発の製品のピッチが粗くなるのは14mmF4のピッチが細かすぎるという反省が由来なのではないでしょうか?」は訂正させていただきます。

          • 匿名 より:

            >後に買ったAi 28mmF2.8Sはレンズ前10cmくらいまで寄れました。

            そんなことが論点になっているのか? 後付けでいろいろ話をずらす人だな。

            >レンジファインダ機ではないMFT用の超広角レンズにそれを求める人は少ないという判断での仕様決定だと思います。

            またまた俺様視点で断定しようとしているw
            MF広角レンズでは距離目盛りを使って置きピン撮影 ミラーレス機でも頻繁に私は行っている。
            この人 いちいちEVFを覗いて超広角レンズで「人間ウォブリングピント合わせ」を行っているのか?
            私は1m以内の近接撮影を除いては そんな時間のかかる撮影はしない。

          • ken より:

            〉アポロ計画では、月着陸船のドッキング時に故障した計器の代わりにニッコールの距離指標を頼りにしたという神話があります。
            さっすが博学ですねえ。
            中華製のレンズの距離指数はいい加減だそうだから頼りのできませんねえ。。。

          • 匿名 より:

            >ニッコールの距離指標を頼りにしたという神話があります。
            神話の世界に生きている人なんだ。どうりで一般人とは視点がずれていると思ったw

  6. 匿名 より:

    俺様視点でコシナやLAOWAがレンズを作っているんだ?
    M-KEY凄いね。正念場のニコンにもアドバイスしてあげて!

    • M-KEY より:

      私の視点ではなく、メーカーの仕様からコンセプトを類推しただけです。

      目測がアテにならないというより、中華レンズの距離指標がどれだけ信頼できるか?
      10mmをf/8やf/11で撮る時は2mに指標を合わせてパンフォーカスで撮りますが、
      それは経験上、大丈夫だという裏付けで行っています。
      少しでも「怪しい」と感じた時は、絞りを開放にして拡大ライブビューでピントを合わせ、
      なお、念のために再生画像を拡大して確認をしています。
      レンジファインダー機でも開放近くで使用サイズが大きい時は、目測ではなく距離計を使って測距していました。
      EVF内蔵のデジタルカメラでは、そのEVF像を「誤差のない距離計」として使っています。

      • ken より:

        〉少しでも「怪しい」と感じた時は、絞りを開放にして拡大ライブビューでピントを合わせ、なお、念のために再生画像を拡大して確認をしています。
        ワイドレンズを絞ってパンフォーカスってのは速写性が必要な場合じゃないかな?
        それを上記のピント合わせのような余裕のある撮影と同列で考えるのはどうなんだろ?

  7. 匿名 より:

    距離指標...ZのEVF内距離表示はチューリップとお山だぜ。どうしろというんだ。

    • 匿名 より:

      「お山の大将とオツムがお花畑の部下が作りました!」w
      「クールピクスAにはMF時に距離数値が表示されていたのに?」
      「あれを設計した部下は有能だったのでリストラの際 他社に引っ張られて出ていきました!」ww

タイトルとURLをコピーしました