スポンサーリンク

F0.8がもたらしたもの。SUPER NOKTON 29mm F0.8を試す(デジカメWatch)

エッセイ
エッセイ
スポンサーリンク
赤城耕一の「アカギカメラ」 第14回:F0.8がもたらしたもの。SUPER NOKTON 29mm F0.8を試す - デジカメ Watch
なぜ人は大口径レンズを欲しがるのでしょうか。これは写真において見過ごすことのできないきわめて大きな命題のひとつですが、フィルム時代と現在では「大口径レンズ」の役割というか、意味するものが異なっているようにも思います。

【赤城耕一の「アカギカメラ」:第14回】
突然の”開放F0.8″登場
by 赤城耕一

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:

    室内でフラッシュや追加ライト禁止の状態でシャッタースピードを稼ぎたいと思うとやはり明るいレンズが欲しくなります。
    特に高感度が相対的にまだまだ高くないフォーサーズセンサーではなおさら。
    オリンパスF1.2シリーズは描写にこだわってレンズがっつり入ってるせいかT値はあまり明るくないんですよね・・

  2. 匿名 より:

    現実的ではないけど、NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct並みのコストをかけたとしたら
    MFTで、どのくらい明るいレンズを作れるんだろうか。

  3. 匿名 より:

    収差との兼ね合いでしょう。悪くしていいなら明るくできる。いっぽう、この赤城さんのレポートから中央部分の解像度は良いことが伺い知れますが、周辺に言及していないし、それが分かる画像もだしていない。うがった見方をすれば周辺はそれなりと思わざるを得ない。買うつもりでいるので、真剣にレポートを読んだのだが、イマイチ確信が持てない。

タイトルとURLをコピーしました