スポンサーリンク

“これからもオリンパスカメラと一緒に!” 新製品の情報も?(デジカメWatch)

オリンパス
オリンパス フォーサーズ レポート
スポンサーリンク
イベント告知:【CP+2021】出展社に聞く見どころ情報:OMデジタルソリューションズ編 “これからもオリンパスカメラと一緒に!” 新製品の情報も?
初のオンライン開催となった「CP+2021 ONLINE」が2月25日(木)に開幕する。ここでは、各社の配信コンテンツについて、メーカー担当者に聞いた見どころ解説とおすすめコメントをお伝えする。

【CP+2021:出展社に聞く見どころ情報:OMデジタルソリューションズ編】
by 宮本義朗@デジカメWatch

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:

    オリンパス本体は、顕微鏡や医療機器にフォーサーズやマイクロフォーサーズを接続するアクセサリーを完全ディスコンにして、専用の顕微鏡カメラを使ってくれ、さもなくばサードのアダプターでSでもCでもNでも好きなメーカーのカメラつけてくれと完全縁切り状態。

    • M-KEY より:

      写真関連事業をソニーやDNPに移譲した時のコニカミノルタヲ彷彿させますね。
      OMデジタルソリューションも、いつまでも従来の「OLYMPUS」のロゴを使わずに
      新ロゴに移行した方がスッキリしていいかもしれません。

  2. 匿名 より:

    8-25mm f4がもうすぐ発表という噂があるね。
    E-M5IIIにキットレンズ化されないかなあ。

  3. 匿名 より:

    元のオリンパスに留まる限り、赤字部門は他の部門から白い目で見られて開発費も潤沢にはもらえない。「赤字の癖に、何だ!」と言われて思いきったことはできない。株主からは「切れ」とせっつかれる。新会社になって自分の責任で全てを決めることになったら、良くも悪くもケツをまくって、必死になって自己責任で事業を再生しようと頑張る。もちろん、必ず成功するとはいえないが、いい方に進んでくれると期待してる。そうじゃなければ150-400を買ったりしない。

    • 匿名 より:

      会社あるあるだね。
      でも 赤字を黒字化した社員がいばるのなら判るが、大抵は黒字の部署に配属されて日々の仕事を流しているだけのぶら下がり社員なんだよ、威張ってるくせに。赤字部門で必死に働いている社員の方が会社の将来を担う実力を持っていることが多い。

  4. 匿名 より:

    パナのGH5やG9Lは人気YouTuber御用達と言われるほど、動画用途に活路を見出しているし、実際被写界深度が肉眼に近いマイクロ4/3のフォーマットは動画向きだと思う。
    一方、旧オリンパス機は静止画優先で動画機能は未だにおまけ的な扱いで4K60p記録に対応してない。M.ZUIKO DIGITALのズームは絞りやフォーカスの動作音が拾われやすくてあまり動画向きでない。マイクロフォーサーズマウントを採用しているBlackmagicのポケットシネカメラも短焦点ではM.ZUIKO DIGITALも使われるが、推奨レンズはパナライカが中心になっている。
    スチル中心ならAPS-Cやフルサイズが有利なのだから、早急に動画系の機能を向上させるべきである。

    【人気YouTuber御用達】パナソニックの一眼カメラ『LUMIX GH5』のレビュー動画まとめ! | 週刊動画RANKING!
    YouTuberに興味を持った人が疑問に思うのが「みんなどんなカメラで撮影しているの?」ということでしょう。家電量販店にはあらゆる種類のビデオカメラが並びますが、YouTuber向きのカメラを探そうとしても、そもそもそれはいったいどんなものなのか、店員さんに質問するのも難しそうです……。そこで今回は、大物YouTube...
  5. 匿名 より:

    ニコンもそうだけど、動画軽視の傾向があるね。
    オリンパスなんか録音機が充実しているので、そこが売りになるし
    ニコンもフィルム時代にはシネニッコールも出していたし、
    そもそも一眼レフでの動画のパイオニアなのに勿体ない。

    • 匿名 より:

      ここでもミラーレスが出始めた当時動画なんていらないってのが半分くらい居たからなぁ
      Kenなんかも動画はやらないからいらないとか言ってたし

    • 匿名 より:

      ニコンもそうだけど、動画軽視の傾向があるね。

      2021年2月25日のZ6II/7IIのファームアップと有償改造でBlackmagic RAW動画出力とBlackmagicの外部レコーダーに対応したのは何気に凄いけど。DaVinci Resolve Studioでネイティブで読み込んで加工編集出来るから、Blackmagicのシネカメラと組合わせても色調と諧調を違和感なくそろえることが容易に出来る。動画苦手なら、こういう動画のエクスパート協業するというのは一つの方法と思う。
      Blackmagicは米国の会社だから、ただでニコンに仕様を開示することは考えられないので、6Kと12Kカメラの間にライナップが抜けている8KカメラあたりでZマウント採用する可能性があるかもしれない。Zマウントを使用するメリットは35mmフルサイズでは最大口径で最短フランジなので、マウントアダプターで使えるレンズの種類が多くなる(既存の中華アダプターでEFマウントもEマウントもAF連動するアダプターあり)。Blackmagic自体サードのアクセサリーとの組み合わせでシステム充実させるのには柔軟である。特許の切れたEFマウントや無償で仕様公開されるマイクロ4/3だと無償で使えるというだけで、意見は出来ないがクロスライセンスで権利を共有すればBlackmagicから提案することも出来ることになる。

  6. 匿名 より:

    予算的にGH5買えない人にはオリンパスも悪くないんだけどね。
    パナはGH5以外は4Kでクロップされるけど、オリンパスは中古で激安のE-M10IIIでも電子手ブレ補正を使わなければクロップ無し。外部モニターも使える。
    E-M10系にはマイク端子が無いのが難点だけど、端子のあるE-M5IIIは低予算でそれなりのクオリティの動画制作したい人に隠れた逸品だと思う。

    • 匿名 より:

      マイクロ4/3で動画目的でGH5買う予算ないなら、Blackmagic Pocket Cinema 4Kがいい。E-M5IIIより高いが、高機能な動画編集ソフトのDaVinci Resolve Studioがバンドルされている。ソフト代まで含めればBlackmagic Pocket Cinema 4Kの方が安くなるし4K60P記録対応していて、ミニステレオジャックだけでなくミニXLR入力もついている。

  7. ken より:

    今でも動画やらないのでいらないと思ってますよ。
    Zでも動画機能無しバージョンで5万円安くなるならすごく助かります。
    有り無しバージョン作るのはコストかかるだろうけど。(確証はないから『だろう』です)

    ただ個人的に動画撮る機会があって(ステージダンス)
    引きがなくてPanasonicの動画専用機(安いやつです)だと全体が入らなかったことがあり
    同時に写真撮ろうと持っていたD600+16-35f4で急遽、動画撮ったことがあります。
    (写真は諦め)
    操作が慣れてなくて、あまりいい結果にはならなかったけど。

  8. M-KEY より:

    動画も撮りますが、記録重視の用途の場合は1/3〜2/3型センサーの動画専用機の方が撮りやすいです。
    といってもコンシューマーモデルはレンズ周りの操作リングが少ないので業務用以上になります。
    例外的にソニーRX10系がコンシューマー価格で3リングあるのですが、30分の壁があるので
    イベントなどの無人の抑えに使えないという難点があります。
    いわゆる「一眼動画」は浅い被写界深度を活かすアクセントだと考えていましたが、
    いつの間にか市民権を得ていて、この変化に驚いています。
    そうした点からも、35mmフル機よりも撮像サイズが16mmフィルムに近い
    フォーサーズセンサーの方が使いやすいと思います。
    フォーサーズも拡張規格として横幅を広げSuper35mmにも対応させておけばよかったのに・・・

    同じポジションからスチルと動画の同時撮影時に音声を会場からもらえない時は、
    作動音の小さいMFT機が向いています。

    • 匿名 より:

      フォーサーズも拡張規格として横幅を広げSuper35mmにも対応させておけばよかったのに・・・

      Blackmagicだとマイクロ4/3マウントのPocket Cinema 4Kには18.96mm×10mmの4/3規格標準サイズ(17.3mm×13.0mm)と異なるカスタムセンサーつかってる。

      • 匿名 より:

        18.96mmx10mmでも 対角長はフォーサーズと同じだから レンズのイメージサークルは従来どおりでカバーできるね。

  9. M-KEY より:

    もう生産完了して後継機もなさそうですが、ビクターのGY-LS300CHがMFTマウントでSuper35mm(24x14mm)準拠のセンサーでした。
    レンズによっては四隅がケラれたようですが、Super35mmの縦方向はMFTと1mmしか違わないので惜しく感じます。

    • 匿名 より:

      マイクロ4/3の規格策定時にパナソニックからの提案でマルチアスペクトとか取り入れられたけど、レンズはアダプターで4/3のレンズを使用出来ることが前提だったから、APS-C並みのサイズに拡大することは採用されなかった。

タイトルとURLをコピーしました