スポンサーリンク

ニコン、カメラから撤退する日…過去最悪の赤字で危機、売上の5割が蒸発、デジカメ壊滅的(Business Journal)

ニコン
ニコンレポート
スポンサーリンク
ニコン、カメラから撤退する日…過去最悪の赤字で危機、売上の5割が蒸発、デジカメ壊滅的
カメラ映像機器工業会(CIPA)によると、2020年のデジタルカメラの世界出荷台数は19年比42%減の888万台だった。スマートフォンの台頭で市場の縮小が続くな...

売り上げは5年でほぼ半減
半導体製造装置はインテル向けの一本足打法
インテルが自社工場で生産を減らせば、ニコンの半導体製造装置の販売も減る
オリンパスはデジカメなど映像事業から撤退

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:

    場所にもよるけど外で見かけるカメラはニコンが多いので、危機という感じはしないけどね。

    • 匿名 より:

      古いカメラをいくら使われても、中古市場で売買が盛んでもニコンは無収入。
      修理?ユーザーから見れば高額だけど、たいして儲けはない。

    • 匿名 より:

      見かける事が多い=これまではそこそこ売れていたって事だからね。
      企業ってのは最低でも現状維持していないと衰退と言われるし、カメラ業界は斜陽産業などと言われる訳だが、逃げ道の無いニコンは実際に事業所や従業員も維持できないありさまである。
      こういうニュースがあちこちで記事になって浸透するとマニアや愛好家とまでは言えない層がカメラを買おうとなった時、より一層敬遠されるメーカーになってゆく。

      • 匿名 より:

        こういうニュースがあちこちで記事になって浸透するとマニアや愛好家とまでは
        言えない層がカメラを買おうとなった時、より一層敬遠されるメーカーになって
        ゆく。

        こういうニュースが先行したペンタやオリ(OMデジタルソリューション)も何とかつながっているから、全く切り離しはないだろう。ペンタは保谷によるあからさまな欲しい事業分野の抜き取りと企業解体、オリは企業不祥事と業績不振に加えて追い打ちもあった。そもそも銀塩時代のニコンのカメラの事業規模はペンタより小さかったわけで、AF化とデジタル化で躓くメーカーが多い中で比較的スムーズに移行出来てキヤノンと競うレベルに大出世しただけで、今までがバブルだったと言える。F2とNikomat EL/FT2のライナップだった時に戻ったと言えるわけで縮小均衡でも存続すればいいんじゃないかと思う。ニコンにはペンタやオリのような追い打ちをかける様なことはないから。

      • 匿名 より:

        臭味で写真撮ってる程度のものだけど、カメラの性能は十分すぎる状態でここ数年買うことはなくなった。
        スマホもひと昔のコンデジレベルになり選択肢も減ったことから買うこともなく業界は明らかに斜陽になってる。
        その中でマニア程システムだのスペックだの意識するから規模が縮小していくとより離れていくでしょうね。
        古い人には家電屋と嫌われていたソニーのカメラがマニア層に受けているのが現実かと。

  2. 匿名 より:

    三菱電機が何期も連続赤字決算出しても支援を継続した三菱グループだからニコンの赤字なんて二桁分の一だから可愛いもんでしょ。ニコンをつぶすとJAXAやNASAの宇宙探査機向けの受注(三菱電機や三菱重工と共同)を失うから、縮小均衡でも継続させるでしょ。

    • 匿名 より:

      重電三社の中で一番弱体と言われた三菱電機が生き延びているからな。だれも、日立よりも一時は利益の大きかった(粉飾決算だったわけだが)東芝がああなるとは思わなかったもんな。

  3. 匿名 より:

    カメラに関してニコンはホントに「やることなすこと、うまくいかない」感じ。
    Zはどれも買う気がおきなくて・・ニコン買ったのはD800が最後だったな。
    寂しいね。

  4. 匿名 より:

    ものはいいんだが、顧客のニーズに応えていない

  5. 匿名 より:

    Z6、Z7のタイミングでZ5が出ていればなぁ……

  6. 匿名 より:

    とうとう5位メーカーですか・・・。
    ニコ爺の希望的観測による楽観主義をみているとニコンは本当に危ないんだなと実感します。
    もちろんニコンがなくなって欲しい訳じゃなくて、
    当て馬的に残って欲しいと思ってます。
    ただカメラ事業縮小といってもまだまだ抱えてる物が多くて、
    Fマウントを切り捨てるにしてもタイミングが難しいですよね。
    この記事を読むと希望が見出せないです。

    • 匿名 より:

      ペンタはまぁ別として、こんな状況に追い込まれてもなお、Fマウント維持の要求はキヤノンなんかよりずっと高そうだから厄介だよね。

      • 匿名 より:

        産業用カメラの4/3センサー以上のラージセンサーカメラや小サイズラインセンサーカメラでは、産業用カメラ工業会が新たに策定したTFL-IIマウントがあるにも関わらず、未だにFマウントが主流だから、なかなか簡単に切れないだろう。産業用ではPCではいまだにPC98が使われてたりするから、なくすまでにかなり時間がかかる。

        • 匿名 より:

          製造業のものですが、大型の機械系は確かに古いものをそのまま維持が多いのは確かだけど、
          近年の自動化人減らしによってFA含めて少しずつ更新はされていってはいます。
          古い機械=メーカーの保守があるわけではなくだましだまし使ってるだけなのでコロナ化で一層自動化が進んで
          消えるのにはそうかからないかもしれません。

          • 匿名 より:

            同じく元製造業で現プラント建設の者だけど、電気・電子系の設備は比較的容易に更新が進むけど、光学測定系のようなアナログ的な設備は後進に時間がかかるけど。何故かというと、アナログ的な設備は既に枯れた技術で最新のものに入れ替えても設備投資に見合う効果はでにくいから。だから、壊れたら更新するという感じでしか更新が進まない。しかも、日本企業の収益率が悪化しているのはニコンだけの話でなく、全体的なことなので、効果の少ない設備投資は後回しにされる。

          • 匿名 より:

            うちも設備更新は後回しにされてきたけど、流石に少しずつだけど更新されてきてる。
            人減らしによる人出不足と技術継承がされないので今まで現場でなんとかしてきてたのがどうにもならなくなって来てるから。
            今回のコロナでだいぶ変わった面もある
            ラインで陽性者出たからラインが止まったとことかあるし従来のコストだけの話でもなくなってきてるので。

        • 匿名 より:

          キヤノンとソニーにしてからが、産業用カメラはFマウントのライナップがTFL-IIマウントの物より圧倒的に多いくらい。

  7. 匿名 より:

    ボディを買うとレンズをプレゼント、くらいのことをしないとダメだろう。

    • 匿名 より:

      ボディは多く売れればいいが、利益率がレンズより低いから、利益率の低いボディの売り上げに利益率の高いレンズをおまけにするのは、おまけ用に作った低コスト仕様品でない限り、ただでつけたらビジネス上本末転倒。

  8. M-KEY より:

    ボディを買うとレンズをプレゼント

    既にボディのみを買うよりもキットズーム付きで買う方が安い機種があります。
    でも、そういった売り方は結局はメーカーの首を絞めてきたのでは?
    市場が求めるスペックと価格の製品をタイミングよくリリースするのが良策なんでしょうが、
    この数年のニコン、特にZにかんしてはできていなかったと感じます。
    また、レンズラインナップも市場の要求とはズレているように感じます。
    ノクトのような憧れの対象となるレンズも大事ですが、
    新規格には「そのレンズを使いたいからシステムを買いたい」と思わせるレンズとともに
    常用画角を包括したり撒き餌となるレンズも必要です。
    今やマストと言っても過言ではない24−105mmや、ミラーレスで真価を発揮するマイクロの不在は悪手で、
    マニアや愛好家でさえ手を出しにくいような製品群では苦戦するのは当然の結果です。
    サードパーティにマウント情報を公開しないのなら、早急に不足のないラインナップを構築すべきです。

    D7500から「嫌な予感」はしていたのですが、Z7/Z6がシングルスロットだったのと縦グリ無しは大失態でした。
    Z5は、価格とスペックのバランスはいいのですが、いかんせん投入が遅すぎでした。
    Z50も良作なんですが、いまだにワイドレンズがありません。

  9. 匿名 より:

    Z50を買うと、漏れなく長崎沈胴中の旅プレゼント。

    • M-KEY より:

      そうした「旅用途」にも広角不足はいかんともしがたいです。
      実売4万円以下で Z DX10-20mm F4.5-6.3的なレンズがあれば・・・

  10. 匿名 より:

    D300の後継機種D400を出せ出せというユーザーの声があったにも拘わらず、
    D7000シリーズでどうにかお茶を濁そうとし、
    ユーザーの声に耐え切れなくなってD500を渋々開発して出した、という時点で
    こうなるのは何となくわかっていた

    • 匿名 より:

      そのD500の高感度特性がD7200に劣るし、
      そのセンサーをD7500に使わざるを得ない不運。

  11. 匿名 より:

    Zでニコンなりに頑張ってるとは思うよ。
    でもソニーキヤノンのガチバトルが壮絶すぎて到底ついていけそうにない。
    しばらくは既存ユーザーを出来るだけ逃がさない守りが上策なんじゃないかなあ。
    非AIレンズが使えるFTZ、層の厚いDXユーザーが移行できるようにZ50系のレンズ・ボディの拡充をやったほうがいい。
    ミラーレスの最新技術の部分はソニーセンサーが世代交代されればチョイ遅れくらいで追いかけられるでしょ。

    • 匿名 より:

      層の厚いDXユーザーが移行できるようにZ50系のレンズ・ボディの拡充をやったほうがいい。

      D7500相当とD5600相当(但し両方とも4K60Pの動画対応は今や必須)のDXミラーレスとAF-S DX 18-140mmとAF-P DX 10-20mmを拡充すべき。計画はあるのかもしれないが、D5600がAKMの工場の火災もあって後継もないままディスコンだから。DX機のセンサーはα6400のセンサーのお古でも構わんだろう。ソニーもAPS-Cの開発は遅いから。

    • 匿名 より:

      フルサイズ偏重でシェアを取る事は出来ないよね。
      ブランド価値を下げる薄利多売の競争からはもう降りて収益優先の戦略で行く・・・という事なら、途方もなく赤字拡大している現実を見れば説得力は全く無いし、市場シェアが落ちてこんな記事が出てしまうだけだ。
      これまで家電量販店の安売り用ワゴンにも品が並んでいたようなメーカーなんだから、今更高級ブランド化も無いだろう。
      素直にDXの拡充を急いだ方が良いと自分も思います。

    • M-KEY より:

      Zも実装部隊は頑張っていると感じます。
      少なくとも、αと比べてモノとしての作りは一段上だと感じます。
      レンズもハズれなし、特に逆光耐性はかなり優秀です。
      でも、商品企画がズレていて、宣伝が下手過ぎるんです。
      技術的にCSに追いついていないのは動体に対するAFくらいです。
      瞳AF にしても、ある程度の距離になったら顔認識で充分というか
      左右の瞳のピント差が問題になる距離で瞳AFに切り替わればいいんです。
      ZのAFで問題がある被写体の場合、今のところは他社のミラーレス機を使うよりも
      動体撮影に特化した一眼レフを使う方が快適です。
      一眼レフとミラーレス機は「OR」でなく「AND」の立場で使い分けも含めたアピールと
      DXレンズを拡充しZのユーザーの裾野を広げて欲しいです。

  12. 匿名 より:

    動画RAWのフォーマットでBlackmagic RAWフォーマットをライセンスして貰ったんだから、ただでさえ金ないところライセンス料払うより、BlackmagicにZマウントクロスライセンスしてライセンス料チャラにすればいいと思う。Zマウントなら、アダプターでEFマウントもEマウントもサードのアダプターで使えるんだから。Blackmagic自体がサードのアクセサリーとの組み合わせには寛容なんだから。押さえで被写界深度の浅い動画を短いカットが必要な時とかZをBlackmagicのシネカメラのサブに使って貰えるし、それを通じてニコンにも遅れている動画対応のノウハウも蓄積されるだろう。

    • 匿名 より:

      Zレンズはフォーカスブリージングを抑えた動画向きの設計されてるから、シネカメラ用に選ばれるチャンスは十分有る。

      • M-KEY より:

        BlackmagicのZマウントシネ機が出たら、50mmF1.2などSラインのZニッコールの拡販になりそう。
        また、 Super35mm向けにもDXの超広角レンズも必要になってきます。
        Z6IIの4Kにもクロップファクターを考えたらDXの超広角レンズが必要です。

        • 匿名 より:

          マジのシネ用はフォーカスギヤ等のハード的な互換性やルックを揃えた一連のシリーズを各社用意してる段階だし、AFで使えることを主眼にするならもはやハズレのレンズがあるような時代じゃないと思うんだけど、どうなの?

          • 匿名 より:

            Blackmagicは動画に向いたAFとしてレーザー測距AFを開発中だから、8Kシネカメラに使えるAFマウントを欲しているからニコンの動き次第では可能性はあると思う。ソニー(レンズの方は情報開示するがボディー側はNG)、キヤノン(特許の切れたEFマウントはともかくRFは情報開示しない)は自社のシネカメラ売ろうとしているから、Blackmagicにはあまり情報開示したくないだろう。ニコンの様な動画でバッティングしないところが採用にあたって障壁が少ない。

          • 匿名 より:

            動画用途を考えたら、ひょっとこもリグを付けやすいという利点があるね。
            逆方向のマウントもレバーロック方式には好都合だ。
            ブラマジブランドのシネ機もニコンがOEMで作らせてもらえたらいいね。

        • 匿名 より:

          マジ動画ならPLマウントだろうね。

          • 匿名 より:

            動画と言ってもスチル以上にピンキリだから

          • 匿名 より:

            PLマウントって銀塩16mm・35mmの映画カメラ用の規格で拡張規格でLDSに対応させていると言っても原型は1950年代のアリフレックス16STに採用されたものだ。フランジバックが長すぎで、広角系に不利。だから、映画カメラ用のレンズを作っていたアンジェニューがレトロフォーカスの広角を開発したわけだ。LDSの規格に基づく信号ピンだけでは最新のAF制御には対応不十分。だから、一部で代用としてキヤノン以外でもEFマウントを採用したりする。スチルと比べて数出ないんだから、PLマウントで十分ならわざわざそんなことしない。

          • 匿名 より:

            モルモン教がどうした?

          • 匿名 より:

            PLは日本のキリスト教系団体で、モルモンはアメリカの団体なので、そのポケはボケすぎ。

          • M-KEY より:

            モルモン教の略称がLDSなので、PLとあわせて二重にボケが入っていますね。

            フィルムキャメラ用のマウントのフランジバックが長いのは、光路にファインダー導光用プリズムやシャッターが必要だったから仕方のない部分ですが、それが35mm一眼レフ用レンズの流用も可能にしている部分もありますね。

            Zニッコールが一部を除いて、大きさがほぼ等しいのは、シネマ用のギア付き鏡筒を想定しているのかもしれませんね。

          • 匿名 より:

            やーZレンズは電子式のマルチフォーカスメカニズムを持つものがあってそういうのをメカ式にするとほとんど別のレンズを開発するのに等しいと思うのでびみょー…

          • M-KEY より:

            電子式のマルチフォーカスメカニズム

            外付けのリングと実際の繰り出しのズレが気になりますが、線でコントロールする方法が考えられます。
            ズームにかんしてはリニアですし、リグを組んだ時にレンズのサイズが同じメリットはあるでしょう。

  13. 匿名 より:

    半導体製造装置もダメカメラもダメなら、もうどうにもならん

    • M-KEY より:

      ニコンの場合、オリンパスと違って映像事業の割合が大きいから切り離すのは難しく、
      表題の「カメラから撤退」は表現としては不適で、ニコンそのものの存続が問はれているのでは?

      • 匿名 より:

        たしかに、こんなセンセーショナルなタイトルの記事が出るくらいだからね、
        オリンパスは、お荷物の?映像事業を切り離して、身軽なOMデジタルソリューションズとして新たなスタートを切ったが、
        ニコンは大黒柱が映像事業だから業態が変化しても逃げ場がない。
        他に事業の柱があれば話は違うんだろうが。

        • 匿名 より:

          これはキヤノンが言ってる話だけど、カメラはまだ縮小するものの光学産業的にはレンズとセンサー一対で至る所に機械やロボットの「目」という膨大な需要が見込めるから、そちらも強化していくという話だそうです。
          ニコンもコンシューマー向けのカメラがもしダメになってもそういう方向に活路を見出せば生き残りは出来る気がします。
          一般個人向けの製品が無くなってしまったら残念ではありますが。

          • 匿名 より:

            映像分野では無いがDMG森精機との提携はちょっと期待してる。
            カメラ以外の道のりもニコンは決して安泰じゃないから今後の経営努力が何処まで実を結ぶかでしょうね。

          • 匿名 より:

            光学機器の調整に使うオートコリメーターを外販しているメーカーは世界に3社しかないがニコンはそのうちの一社。ツァイスは設計できるが製造は外注。キヤノンも設計製造できるが社内向け。ニコンがなくなるとシグ、タム、コシナ、ケンコートキナーは困るだろうな。他のカメラメーカーでも出来るところは限られるだろう。キヤノンみたいにステッパーの製造技術持っているわけじゃないから。

  14. 匿名 より:

    ペンタックスをどうするか、様々な検討をしているとかリコーも言い出したし
    カメラメーカー冬の時代だね

    俺はオリユーザーで覚悟完了してるから…

  15. ポロ&ダハ より:

    私の場合、この手の記事を見る時、必ずソースをチェックすることにしていますけど、ビジネスジャーナルをweb上で発信している株式会社サイゾー(CYZO Inc.)の信頼性って、どうなんでしょうかね?
    [ニコン、カメラから撤退する日]ってキャッチーな見出しでアクセス数を増やそうとする新興{設立年月日:2007年10月15日)メディア企業って読みもできますよね。

    ライカの経緯をチェックしても、NIKONの方がずっと商売的に旨味がありますから、グループ企業が見放すとは考えにくいですね。
    また、たとえ、グループ企業が見放しても、NIKONが無くなると困る業界やユーザーグループは、ファンドを起ち上げてでも、維持させるように動くでしょうね。

  16. 匿名 より:

    ユーチューバーのuz○○axさんが、この記事を取り上げてますが
    その中で気になった書き込みが

    ”元ニコンでカメラの海外マーケティングをして既に退社した者です。おっしゃることはよく分かるし、おそらくその通りだと思います。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    体制とか雰囲気とかが変わらない限り、このまま恐竜の様に最期を迎えるのではないかという感があります”

    元ニコン社員の発言ですよ。 う~ん

  17. M-KEY より:

    αとZを併用して数ヶ月、数年メイン使用してきたαよりもZの方がしっくりきます。
    ずっとニコンの一眼レフを使っているせいもあるでしょうが、
    やはりスペックに現れない部分での差があると感じます。
    そもそも、Z7がダブルスロットだったら、その時に買っていたでしょう。
    今後のZ上位機の内容次第で、αからZに徐々に移行しようと考えています。
    まず、24-105mmが出たらよっぽど大きくない限り買うつもりですし、
    (この時にZ7IIのキットが設定されれば嬉しいです)
    20mmF1.8もFマウントからZマウントにリプレイスするつもりです。
    50mmや85mmはしばらくFTZ経由で、70-200mmはD500やD7200と
    被写体に合わせてFとZを併用していきたいですし、
    ZのDX超広角ズームとダブルスロットとサブセレクターがあるDX機が出たら
    サブと動画用として買いたいです。

    私のように、個々のニーズに合った機材が出れば、需要は充分にあるハズ。
    現時点でニーズを満たしていないのは問題ですが、まだギリで間に合うと思います。

  18. 匿名 より:

    何年か前に富士フイルムによるニコン救済みたいな話が出てませんでした?

    • 匿名 より:

      S○Proの頃ならともかく、今さらフジとニコンが提携するとは考えにくいです。
      製品群からはOMデジタルとは競合しないのですが、ズームの方向が違うという問題が・・・
      三菱自動車でさえ残っているくらいなので、すぐに無くなるとは思えません。
      でも、開発者インタビューを見ていると、企業風土に対して不安になります。

    • 匿名 より:

      もう事業譲渡しかないね。何処がニコンのカメラ部門を引き受けるか。

      • 匿名 より:

        ニコンブランドは中華資本が欲しがっていると思う。
        そして、ヤシカのようになるくらいなら、そのまま消滅した方がいい。
        でも、三菱グループ内で救済するんじゃないかな?

        不振を招いた経営陣を総入れ替えするなら、税金投入してもいいと思う。
        ニコンはそれくらいの価値はある、多分。

        • 匿名 より:

          ニコンブランドは中華資本が欲しがっていると思う。

          外資規制条項と更に防衛・航空宇宙関連規制条項の二重のハードルがあるので中華による買収は不可能。ペンタやOMデジタルソリューションが何で外資による買収が候補にも出ずにああいう形で事業継続なのか考えてみればいい。じゃヤシカはってなるが、ヤシカはあくまでブランドのみを京セラが売却したのであって、事業は京セラが継承してるのと、ヤシカは防衛庁(当時)やNASADA(当時:現JAXA)への納入企業でもないから事業さえ京セラが継承すれば継承後に止めようと事業そのものを売却しなければ規制がかからないから。
          三菱グループの中では三菱電機や三菱自動車よりも規模の小さいニコンの救済なんて三菱グループからしたらなんてことないだろ。三菱電機は3兆円企業、三菱自動車は2.5兆円企業でそれぞれニコンの7倍、5倍の企業なんだぜ。

          • 匿名 より:

            日産自動車はルノーとの提携の前に宇宙開発事業はIHIに移管したけど
            三菱自動車は、ふそうと分割されてルノー傘下になった。

        • 匿名 より:

          「救済」って何だよ。
          ビジネスで救済とはあともう少しお金があれば黒字化できる事業に資本注入することであって、黒字化できない事業はどうにもしようがないよ。
          お金出してもらって赤字事業を継続させるなんて、三菱だろうと税金だろうと許されるわけないよ。そんなことは妄想でしかない。

          • 匿名 より:

            三菱だろうと税金だろうと許されるわけないよ。そんなことは妄想でしかない。

            三菱とか救済とか関係なく、Blackmagicと提携したというか出来た意味は大きいぞ。Blackmagicは、ハリウッドと米国4大ネットワークでかなり使われている映像機器メーカーだから、BCPがしっかりしてない企業とはちょっとくらい技術がという程度では提携しない。

          • M-KEY より:

            ニコンは、赤字であっても国益上の理由で維持する理由がある企業だと思います。
            単に鈍臭いだけで大きな不祥事はないので、立て直してもらいたいです。

          • 匿名 より:

            国益上の理由で維持する理由がある企業
            どこまであるか知らんが国益だけなら非営利の国営企業にでもなればいい
            単純に税金投入とかありえんわ

  19. 匿名 より:
    Interview: Nikon - "A flagship Nikon Z series mirrorless camera can be expected within the year"
    In the latest in our series of socially distanced interviews, we spoke to Keiji Oishi of Nikon. In an exclusive announcement to DPReview, he revealed that Nikon...

    DPreviewのインタビュー記事だと、D6相当のミラーレスフラッグシップは年内に出る予定で、積層CMOSセンサー搭載で8K動画対応であるそうだ。積層CMOSセンサーがα1のセンサーなのか、ニコン・ルネサスの共同出願特許のセンサーなのかは不明だが。

    “It is one of the only cameras that can shoot with BlackMagic RAW capability.” とか “enabling users to enjoy richer imaging expression, including not only still images but video as well.”と言っているから、Blackmagicとは結構広範な提携がありそう。単に金払ってBlackMagic RAWをライセンスして貰ったなら、Blackmagicが他にライセンスすることなんて制限出来ない(ライセンス販売だからその制限は米国独禁法に抵触する。クロスライセンスの様な知財権利交換ならば知財の権利者にしか権利行使できない)から、”the only cameras”とは言えない。まぁ動画系はBlackmagicに全面的に頼った方がいいと思う。

    “While there may not be many DX lenses listed on the current roadmap, we are constantly evaluating the needs of the market and responding accordingly.”と言ってるのでDXレンズの拡充の重要性は理解している模様。

    • 匿名 より:

      そんなの前からいってるじゃん。それもタイ製かよ。そんなの求めてないと言われてるぞ。

    • M-KEY より:

      D6と置き換え可能なZは、ちょっと時期尚早な気がします。
      まずは、 D850の代わりを完全できるカメラが必要だと思います。
      Z7IIは価格こそ同じくらいですが、いろりろ足りない部分があります。

      「Blackmagicと提携」はいいニュースですね。

      CP+での「老人と文学社・ニコンバカ一代」コラボスペシャルで
      若尾本部長に託された「重く熱い提言」しっかり検討してもらいたいです。

      • 匿名 より:

        こんなはっちゃけた放送できるのはニコン変革の兆しかな。
        こういう若手で活きのいいユーザーもまだいるんだから、ここが踏ん張りどころ。

      • 匿名 より:

        Blackmagicのシネカメラは、ハイエンドでもセンサーサイズはSuper 35までだから、そこと組むとなるとDX用のレンズの拡充は必須だろう。2021年にはZマウントレンズは14本出すそうだから、ズーム中心だろうがAF-PタイプのZマウントDXレンズ出すんだと思う。ソニーのAPS-Cセンサーはフルサイズより更新頻度が遅いから、DX機は思い切ってBlackmagicが採用しているFairchildのBSIセンサー使うのかも。

  20. 匿名 より:

    でもあれだな、ソニーもキヤノンも全く隙がない訳じゃ無いのに、ネームバリューや営業力が強いのは間違いないから放っておいてもある程度は売ってしまうし、そういったマーケット上の優等生に何か物申しても売れている事が正義になってあまり面白くもない。
    毎度お騒がせのこんなネタになるのも、他社じゃあり得ないこういう心配のされ方でコメントが伸びるのも低迷が常態化しているニコンならでは。
    何の応援にもならないが、明日は最近全然出番の無かったD750で近所の梅園に出掛けてみよう。

  21. 匿名 より:

    確かにここでみんなが「なんの役にも立たない便所の落書き」を続けていても ニコンにとってなんの応援にもならないw

  22. 匿名 より:

    アップルに買ってもらえ。ペンタ部にりんごマーク。

    • 匿名 より:

      最近ハイアールのCMがよく流れてるが、あれを見ると「あ~サンヨーってあったよな~」って思うんだよね。
      いつかニコンも中国企業に吸収されるのかなと思っちゃう。
      ニコンのソファ、ニコンのゴミ箱、ニコンのフードプロセッサー・・・ニコン銘だけ残してうまく使われそうだ。

      • 匿名 より:

        いつかニコンも中国企業に吸収されるのかなと思っちゃう。

        外為法で光学分野自体が外資買収の規制対象。ニコンという企業自体が防衛庁、JAXAへの納入企業だから、防衛・航空宇宙分野としての規制(外資だけじゃなく、共産圏ということでの規制)もかかる。もっと規模の小さいペンタやOMデジタルソリューションなんか、もっと簡単にサクッと中華に賠償されてもなのだが、現状の形での日本企業による買収やあくまで日本企業にとして分社化して存続しているのは何でかということをよく考えればそうはならないことはわかろうものだが。
        あと、ニコンはカメラ自体が自衛隊の弾着記録に使われていたり、JAXAでも使われているからカメラ事業もそう簡単にどうということも出来ない。オリンパスも一時期必死にJAXAで個人使用のが国際宇宙ステーションに持ち込まれたことを宣伝していたが、あれは公式調達でなくあくまで個人の物の持ち込み(でも厳しい試験パスする必要あるが)。厳しい試験パスできたのは、オリンパス本体がボアスコープ等のロケットやステーションの検査機器納入していて宇宙用途の厳しい耐久試験を行う設備を有していたから。OMデジタルソリューションとして完全切り離して設備使えなくなったから今後国際宇宙ステーションに持ち込まれることはない。だから、この用途では代わりはないんだよね。

        • M-KEY より:

          ニコンが中華資本に買収される心配がないことはわかりました。
          かなりの数の技術者が流出しているでしょうが、残った若い技術者の中に期待します。

  23. 匿名 より:

    ニコンがブラックマジックと提携した経緯はなんでかなと思ったが、ブラックマジック自体が元々が監視カメラメーカーからスタートして、そこから産業カメラ、そしてデジタルシネカメラに進出して来たから、元々監視カメラ、産業カメラ分野でニコンと付き合いがあったことに気が付いた。ブラックマジックの代理店自体ケンコー・トキナーを除いては、監視カメラ、産業カメラの代理店やってるところが多いから。

  24. 匿名 より:
    • 匿名 より:

      クリアケースはいいとしても、ホットシューカバーは意味不明。
      だって普通のF3には付けられないんだぜ。

      • 匿名 より:

        そんなコトどうでもいいんですよw ニコ爺は買ったままのケースに入れて飾っておくんです!

      • M-KEY より:

        ホットシューカバー、個人的には全く不要なアクセサリーです。
        完全に密封できるなら接点の保護に役立つのですが、装着していても
        接点は酸化するので買って開封する時に外して本箱ごと仕舞っていますが、
        実用と違う意味=カメラの装飾として喜んで買う人が多いんでしょうね。
        しかも、プラ製ならともかく、金属製だと電位差で腐食を増進させそうです。
        (ソニーαには、シリコンのような密閉性のよいカバーは必要だと思います。)

        Z用のカスタムペンタカバーは製品化して欲しいです。

        • ken より:

          〉ホットシューカバー、個人的には全く不要なアクセサリーです。
          同意ですね。
          昔のCanonだとセルフタイマー時にファインダーから光が入らないようにするカバーに使われていましたが。。。(他のメーカーも?)
          まあカメラには実用とは別に見栄えを楽しむ需要もありますから否定はしません。
          僕は買いませんけどね。カメラに関してはほぼ実用主義なので。

          〉Z用のカスタムペンタカバーは製品化して欲しいです。
          同様の理由でこれも不要です。個人的には。
          まあカメラには実用とは別に見栄えを楽しむ需要もありますから否定はしません。

        • 匿名 より:

          ペンタのカラバリやスペシャル仕様モデルと同じコレクター向けのグッズなんだから、不要なら買わなきゃいいだけ。
          そんな実用性の低い物も買う人間がいて需要があるから作るんだろ。そういう実用性のない飾りに大枚はたく層向けに小遣い銭稼ぎしてるんだから、別にいいんじゃねーの。
          こういうの否定したら、用品メーカーが出してる見映え用のアクセサリー全部否定することになると思うが。

          • 匿名 より:

            そうですね。リコーGR用の「色付きリング」をこの人達がなぜ否定しないのか不思議ですw

          • M-KEY より:

            リコーの色付きリングは、もともとあるパーツの色違いです。

  25. 匿名 より:

    大ヒョットコにとどめを刺されたりして。

タイトルとURLをコピーしました