スポンサーリンク

Map Camera、2021年2月のデジカメ売上ランキングを発表。新品1位の「EOS R5」は予約待ち状態が解消(デジカメWatch)

キヤノン
キヤノン レポート
スポンサーリンク
Map Camera、2021年2月のデジカメ売上ランキングを発表。新品1位の「EOS R5」は予約待ち状態が解消 
シュッピン株式会社は3月12日、カメラ専門店「Map Camera」のECサイトおよび、店頭における2021年2月1日~2月28日の新品・中古デジタルカメラ売り上げランキングを発表した。

【新品デジカメ販売月間ランキング】
1位:キヤノン EOS R5
2位:富士フイルム FUJIFILM GFX100S
2位:キヤノン EOS R6
4位:富士フイルム FUJIFILM X-E4
5位:富士フイルム FUJIFILM X-S10
【中古デジカメ販売月間ランキング】
1位:ソニー α7 III
2位:ニコン Z 6
3位:キヤノン EOS 5D Mark IV
4位:キヤノン EOS R
5位:ソニー α7 II
by 宮本義朗@デジカメWatch

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:

    割と下の方までフルサイズ誘導への流れがある中、APS-Cをメインに置いて上は少々現実離れした中判という選択をした富士、その選択のままで大丈夫なのか?と思っていたんですが、最近はどのランキングでも存在感を増しているような気がしますね。

    • M-KEY より:

      キヤノンとニコンだけでなく、ソニーまで参入した激戦区の35mmフルではなく、
      3社と競合しない中判と、マニア路線のAPS-Cに舵を切ったフジの戦略は秀逸だと思います。
      同じようにAPS-Cと中判を持つペンタックスが35mmフルのZ-1を出したのは「吉」だったんでしょうか?

      • M-KEY より:

        PENTAX Z-1は銀塩機でしたね。
        デジタルの35mmフル機はK-1でした。
        訂正します。

        ところでニコンのZ、商標は「-」がないからセーフなんでしょうか?

    • 匿名 より:

      しばらく使ってなかったらグリップが加水分解でべたついてたので新しくと思ったら大量にあったラインナップが
      一気に減ってるのが気になるところ。
      使いやすく安かったベイヤー系がすべて消えたのがどうなるのか

      • 匿名 より:

        一体何の話をしているの?

        • M-KEY より:

          フジのカタログ情報を見ると
          X-H1、X-Pro2、X-T20、X-T100、X-E3、X-A5は生産完了しているようですが、
          X-Pro3、X-T4、X-T3、X-T30、X-T200、X-E4、X-A7と充分すぎるラインナップで
          ベイヤーセンサー機もX-T200とX-A7がありますね。
          それにフジ機のグリップは以前から加水分解するような材質ではないと記憶しています。
          X-T1の初期ロットでは、接着剤というか両面テープに問題があったようです。
          (ニコンD2系やリコーGRもグリップのゴムが浮きやすかったです)

      • 匿名 より:

        「大量にあったラインナップが一気に減ってる」とは何の事なんだろう?
        「使いやすく安かったベイヤー系がすべて消えた」というのも良く分からないが、富士のベイヤーセンサー機の事を指しているのだろうか?
        ・・・まるで謎解きだ。

        • 匿名 より:

          Xシリーズのベイヤー機の事だったら酷い話だ。
          一番古いX-A1でもまだ発売から10年も経ってないのに。

          • 匿名 より:

            加水分解は条件次第では3年ほどで出てくるよ。

  2. 匿名 より:

    何だろうね。グリップがウレタン塗装のタイプなら何処のメーカーだ?

    • 匿名 より:

      ニコンのAF銀塩機からD100あたりまではベトベトするね。
      でも、割れてくるミノルタよりはまし。

    • 匿名 より:

      私は別に目利きじゃないからあれだけど、グリップは今でもどこもウレタン樹脂じゃないかなあ?
      単に改良されてべたつきにくくなっただけというか。そのかわり粉を吹くことはあるが。
      ちなみに古いウレタン樹脂もべたつくのは日本の気候が湿度が高いからで、海外の乾燥した土地では粉を吹くそうな。

  3. 匿名 より:

    ラバー貼り付けとウレタン塗装のタイプがあるね。低価格の物は塗装が多いようだ。レンズもフォーカスリングがベトベトするのがたまにあるね。

    • 匿名 より:

      シグマのZEN仕上げも加水分解が酷かったけど、フォーカスリングはゴムなのは救いだった。

  4. 匿名 より:

    GFX100Sがランキング2位ってのが、さすがマップカメラですね…(汗)
    関係ないけど、デジカメウォッチの広告に出てくるAmazon 一眼レフ の売れ筋ランキングに
    パワーショットとα7c、EOS Kiss Mが出てくるのは何とかしてほしいぞ。滅茶苦茶だ。

タイトルとURLをコピーしました