スポンサーリンク

ソニー、G Masterシリーズの大口径標準レンズ「FE 50mm F1.2 GM」。税込28万円(デジカメWatch)

(新製品)レンズ
(新製品)レンズソニー
スポンサーリンク
ソニー、G Masterシリーズの大口径標準レンズ「FE 50mm F1.2 GM」。税込28万円 
ソニーは、Eマウントレンズ「FE 50mm F1.2 GM」(SEL50F12GM)を4月23日に発売する。価格はオープン。店頭予想価格は税込27万9,400円。

by 鈴木誠@デジカメWatch

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:

    安いですね!バーゲン価格!

  2. 匿名 より:

    ニコンの方が中身ぎっしりで、おいしいよ。

  3. 匿名 より:

    うわっ…ニコンのレンズ、長すぎ…?

  4. 匿名 より:

    レンズ側にAF/MF切り替えスイッチ付いてるな。やっぱりレンズに物理スイッチが付いてるほうが使いやすいよ。

  5. M-KEY より:

    FE 50mm F1.2 GM:10群14枚 Φ87×108mm 約778g 0.4m 0.17倍 
    RF50mm F1.2 L USM:9群15枚 Φ89×108mm 約950g 0.4m 0.19倍 
    Z 50mm f/1.2 S:15群17枚 Φ89.5×150mm 約1090g 0.45m 0.15倍 

    GMはRFとサイズはほぼ同じで170g程軽いですね。
    Zは他の1.5倍ほどの長さのわりには重くない感じ。
    描写性能の差については今後のレビューに期待。

    AF/MF切り替えスイッチがレンズ側にあるのはいいのですが、前後方向でON/OFFなので
    バッグの出し入れで誤動作しがちな点が少し気になります。

    • 匿名 より:

      ニコンは上級者はどれだけ巨大で重くとも嫌がらないし、むしろ大きい重いは良い物に決まっているとばかりに有難がるくらいだからそれで良いんだと考えてるフシがあるね。
      例えば数多くのプロから相当数のフィードバックがされているであろう70-200mmF2.8シリーズ、RFなんかは性能も向上させた上に堅牢性、耐候性もクリアという判断で小型化に踏み切った訳だし、プロやハイアマだって収納性の高さやポータビリティは決して無視していないと思うんだが。

      • M-KEY より:

        一点豪華主義のハイアマとかスタジオ中心のプロなら、機材のサイズや重量は大きくてもいいのですが、
        徒歩移動や航空機移動が多いプロだと機材の重量やパッキングのしやすさが重要です。
        50mmF1.2にかんしては少しくらい大きく重くても得られる画質優先という部分はあるのですが、
        それでも50mmで全長15cmというのは、いくななんでも大きすぎるでしょう。
        このGMやRFの全長10cmが妥当なところだと思います。

    • 匿名 より:

      LUMIX S PRO 50mm F1.4 : 11群13枚 Φ90mm×約130mm 約955g 0.44m 0.15倍

タイトルとURLをコピーしました