スポンサーリンク

ソニー α1 レビュー|風景撮影で使ってみました!(カメラのキタムラ:ShaSha)

(レビュー)カメラ
(レビュー)カメラ ソニー
スポンサーリンク
ソニー α1 レビュー|風景撮影で使ってみました!(坂井田富三)
写真家の坂井田富三さんがソニー α1のレビューを行っています。前編のスポーツ撮影に続き今回は、風景写真の撮影で検証していますので是非ご覧ください。

特筆ポイントとメニュー構造や変更点
α1の魅力的なスペックを確認・α7RⅣとの違い
α1の魅力的なスペックを確認・房総の春を撮る
by 坂井田富三

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:

    こんな風にお散歩写真を撮る用にこのカメラを買う人がいるんだろうか?
    用途も考えずとにかく高いカメラを買う人もいるから、そういう使われ方しかしないα1もあるんだろうな。
    そういう人にとっちゃ縦グリ別体なのは都合がいいだろう。

  2. 匿名 より:

    縦グリ別体にすると、実際にα1の性能や機能が必要な人にとってはカメラが無駄に大きくなります。
    https://happywithphotos.up.seesaa.net/image/original_ILCE-1_VerticalGrip.jpg
    設計次第ですが、一体型にすると3cmほど高さを詰められそうですし、操作性もよくなるハズ。

  3. M-KEY より:

    縦グリ別体の方が不要な時は取り外して小型軽量化できるという意見への反論です。
    銀塩のEOS-1やF4は必要に応じてバッテリーパックを付け替えできる方式でしたが
    結果として縦グリ装着で運用することが多く、ニコンはF4Eを経てF5から一体化、
    キヤノンもデジタル化でEOS-1Dシリーズは一体化しました。
    (NikonF6は実戦投入された例は少ないハズ、少なくとも私は報道の現場で見ていません)
    F5の場合、小型軽量重視の場合はF100という選択肢がありました。

    • 匿名 より:

      いちいち反論しないと生きていけない人がここに一人!

    • 匿名 より:

      電池は化学反応でエネルギーを取り出してる関係上、複雑なメカと高速連写で大きな電力が必要になるとある程度の大きさが必要になってくる上、電圧が高い方が効率良いからセル数増やした大型のパック使う合理性がある。駆動時間よりも瞬間的な性能要求上大型化しただけの可能性あんのよ。
      それに初期のデジカメでは時代的にバッテリー性能が限られていた上、半導体関係も今ほど最適化が進んでなく負担が重くやっぱり大きな電力を必要としていた可能性がある。
      また、位相差センサーは光路長が性能に効いてくるので、それが収まってるマウント下側にスペースがあった方が有利。
      どっちもミラーレスになると事情が大きく変わりやすい。

      • 匿名 より:

        ミラーレスになってから、フレーミングやフォーカシングでファインダーを覗いている間中、センサーと画像エンジンが電力を食い続けるということになっている。半導体のプロセス微細化で動作の低電圧化が進んだ一方で、電気抵抗は高くなっているということも起きている。

タイトルとURLをコピーしました