スポンサーリンク

米州市場でミラーレス需要が活発化。出荷金額が昨対比で455%(デジカメWatch)

レポート
レポート
スポンサーリンク
米州市場でミラーレス需要が活発化。出荷金額が昨対比で455% 世界全体の出荷金額は昨年同月の2倍超に CIPAの3月統計より
一般社団法人カメラ映像機器工業会(CIPA)は4月23日、2021年3月のデジタルカメラ生産出荷実績(同工業会統計)を公開した。世界全体で、前月に引き続き出荷台数および金額が回復傾向を維持。昨年は年始から5月にかけて下降しつづけていたが、今年は出荷数量月間推移(出典:一般社団法人カメラ映像機器工業会(CIPA))のグラ...

世界全体の出荷金額は昨年同月の2倍超に CIPAの3月統計より
by 宮本義朗@デジカメWatch
みよしの おはぎ

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:

    GWで久々に一眼レフ使ったら、露出補正した時に、
    光学ファインダー見ながら「なんで明るさが変わんないのかな?」と
    一瞬疑問に思ってしまった…。
    ミラーレスに慣れすぎてる自分に気が付いた。

    • 匿名 より:

      一眼レフでは長年に渡りファインダーを覗いてから電源を入れる癖が付いていたようで、ミラーレスでも度々それをやってしまい真っ暗なファインダーにうっ!となっている。
      友人はそんな事ある?と不思議がってるけど、彼はずっとキヤノンユーザーなので(スイッチの構造上)電源ONにしてからファインダーを覗くというお作法が自然と身についているようだ。

  2. 匿名 より:

    ミラーレス機の市場が拡大とのことだが、ニコンはソニーやキヤノンに追いついているのだろうか?
    今年に入って1本も新しいレンズが出てこない。もう息絶えてしまったのかと心配になる。

  3. 匿名 より:

    Z9や400/2.8、600/4に注力しているんだろうが、Z5やZ50が売れていないのが気がかり。

    • M-KEY より:

      Z 5 は現行の35mmフルミラーレス機のなかでは一番リーズナブルなので、もっと売れてもいいのですが
      Z 50にかんしては、ZマウントのDXニッコールが2本しかないのが決定的でしょう。
      とは云え、Z9の発表がZシステムの将来性の担保になったので、今までよりは安心して買えます。
      ロードマップの400mmと600mmはZ 9と同時発売でいいですが、24-105mmと2本のマイクロは急がれますね。
      https://www.nikon-image.com/products/nikkor/common2/pdf/nikkor_z_lineup.pdf
      あと、ロードマップにも載っていないDXのワイドズームが出れば、Z 50の援護射撃になるでしょう。

  4. 匿名 より:

    50万円もするR5が飛ぶように売れるんだからキヤノンは笑いが止まらないだろうな。

タイトルとURLをコピーしました