スポンサーリンク

キヤノンの1/8192発光対応フラッグシップストロボ「スピードライト EL-1」はどのようにつくられたのか(デジカメWatch)

キヤノン
キヤノンレポート
スポンサーリンク
特別企画:キヤノンの1/8192発光対応フラッグシップストロボ「スピードライト EL-1」はどのようにつくられたのか 開発者に問う開発の苦労と“これからのストロボ”
――今回、皆さんにお話をお伺いする前段階として、スピードライトEL-1をEOS R5と組み合わせて試用しました。第一印象として、まず性能的に素晴らしい製品であると感じましたが、同時に大きな疑問も抱きました。 まず、カメラの高感度性能が向上したことでストロボの市場は縮小しつつあると考えています。内蔵ストロボを採用...

【特別企画】
開発者に問う開発の苦労と“これからのストロボ”
by 豊田慶記

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:

    豊田さんにしちゃぬるいインタビューだなと思ったら広告記事か。

  2. 匿名 より:

    キヤノンでは発光時の色温度情報をカメラ側に送信していますので、カメラ側で自動的にWBが補正されます。

    キヤノンはETTLIIでこれを達成したと言いながら、結構TTLで使うとWBが狂うこと多かったが、今度はニコンのiTTL並みに上手くい制御できつ用になったのかな?

タイトルとURLをコピーしました