スポンサーリンク

ソニーα7 IIIの“小指余り“解消に大満足のL型ブラケット(デジカメWatch)

ソニー
ソニーレビュー(その他)
スポンサーリンク
ミニレポート:ソニーα7 IIIの“小指余り“解消に大満足のL型ブラケット SmallRig「2122D」
今回は、最近購入したSmallRigの新製品となるL型ブラケット「2122D」を紹介する。本当によくできていると感心したアイテムだ。対応機種はα7 III、α7R III、α9。実勢価格は税込み7,000円前後となっている。

【ミニレポート】
SmallRig「2122D」
改良を重ねた4代目が登場
「簡易リグ」としての拡張性も
購入時は型番に注意
by 武石修

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:

    ソニー「α7」シリーズのボディが小さすぎて持ちにくいというのは、多くのユーザーにとって共通の問題のようで、よくそういった声を耳にする。筆者もα7 IIIを手にして以来、それまで使っていた一眼レフカメラよりも頼りないグリップ感に「なんとかならんかな……」という思いはあった。

    小型に徹する信念を曲げない姿勢はアイデンティティを確立するためにもある程度必要な部分かと思うが、
    ユーザーの声があるならあまり頑固になってもらいたくないですね。
    実際に自分もGP-X1EMを利用する者ですが、装着を忘れてきた時などフロントヘビーな大口径使用時の窮屈さってのはなかなか慣れなくて、同行する友人の愛機EOS R6などを握ってみると、素の状態でせめてこれくらいのグリップが欲しいなと思ってしまう。
    レンズ側のダウンサイジングは物理的要因から限界もある訳だしね。

    • 匿名 より:

      無印→IIでグリップが大型化した過去もあるし、それなりに根拠のある見極めはしてんじゃないかなと思う。
      私は未だにR無印だけど、サブサブ機くらいの位置づけのほぼMFレンズ専用機になってて、軍艦部に乗っかったシャッターボタン含めその軽快さが好ましい。そんなユーザーもいるってことで。

    • 匿名 より:

      自分は7RII用に自作のベースグリップつけたら 全く問題なく 持ちやすいカメラになった。
      ただ マウントとグリップの間が狭いのは いい加減改善してほしい。
      太いレンズを付けて 手袋したらとても窮屈だ。
      雪の中で素手で操作しているプロカメラマンが居るが 手袋したらグリップできないんだろうな w

  2. 匿名 より:

    個人的にはα7R2>R3>R4の順で握りやすい。みんながみんなグリップがデカければ良いと言うもんでもないな。
    親指とその他の指がかかる部分に厚みを感じるものはあんま好きじゃない。同じ理由でニコンZもイマイチ。

  3. 匿名 より:

    カメラはレンズ部を左手で持つもので、右手は添えてシャッターボタンを押すだけ。
    力んでグリップ持ったらブレるでしょ?小指はグリップの下でいい。
    ただグリップとマウントの距離だけはもっと離して欲しい。

    • 匿名 より:

      持ち運ぶときのことは考えてないの?

    • 匿名 より:

      α7初代から使ってるが、
      このサイズが当たり前になって、今では何とも思いません。
      けど、この話題久しぶりに見た。当初はいっぱいあったが。

    • 匿名 より:

      小さいレンズだと持ちにくくて、ふとした隙に落としそうになるのが怖い。
      ストラップは邪魔くさいので滅多に使わない。

    • 匿名 より:

      重いレンズの場合はわりと右手でも支えたいかなーと思う。
      それとMFの時は小さなグリップだと右手が攣りそうになるね(フォーカスタブがついてるとだいぶラク)。

      • M-KEY より:

        重いレンズほど左手の荷重が増える感じです。
        逆に軽いレンズは右手だけ。

    • 匿名 より:

      銀塩時代はα7 IIIより小さくて薄かったが、
      誰も小指余りとか言ってなかったぞ。

      • 匿名 より:

        やっぱりオートフォーカス時代になって、金属からプラボディになって、
        グリップが大型化して銀塩時代とは違うホールディングスタイルになったからなんでしょうね。
        銀塩時代は両手でホールディングしていたのが、グリップの大型化でグリップを中心に支えるスタイルになったのが大きいでしょう。
        カメラを構えてる写真では、望遠レンズは除いて、左手はレンズの下を支えているのではなく、
        カメラボディの左下に添えているのをよく見かけます。

      • 匿名 より:

        α7 IIIより小さくて薄かった頃ならMF時代ですかね?
        当時はグリップなんてものが無いのも普通だったから小指余りなどという議論にもならないですよ。
        自分はOM-1で育ちましたが右手親指は巻き上げレバー内側、人差し指はシャッターボタン上、中指と薬指がボディの保持、小指はほとんど遊んでましたね。
        銀塩AF時代ならEOS Kissのグリップが小さくてずっと中指シャッターしていた事を思い出しました。

  4. M-KEY より:

    小指余り問題、余るなら小指は使わずに薬指まででグリップすればいいですが、
    オプションでエクスチェンショングリップを出すくらいなら
    高さを7〜8mmほど増やしてα99のような3軸ティルトモニターにすればいいのにと思います。
    カタログ上の数値を増やしたくないならグリップをEVF部と同じくらいまで上に伸ばせばいいでしょう。
    グリップの太さにかんしては内部のバッテリーに起因し、確かにZ バッテリー になって太くなり握りは悪くなりました。
    でも、これは慣れで克服できる問題で、レンズとのクリアランスが少ない方が深刻です。

  5. 匿名 より:

    グリップとマウント間の距離をそれなりに取り、小指余り問題も対策したらデザイン面でのαらしさは失われるかも知れないね。
    まあソニーは昔から何かと小さく造ってみようとする慣習のようなものがあるし、α1ですらあのサイズで行くというポリシーだから窮屈だとか操作性がとか言っても聞く耳は持たないかも。

    • 匿名 より:

      >グリップとマウント間の距離をそれなりに取り、小指余り問題も対策したらデザイン面でのαらしさは失われるかも知れないね。
      そうですね。αはマウント部分がボディ左右の中心近くにあり、これがネオ・クラシック感に繋がってると思います。
      キヤノン、ニコンやその他のメーカーがグリップと逆側にマウント部分をシフトさせているので余計にそれを感じますね。
      ソニーもそれを意図的にやってますし、私もαのカメラらしさが好きです。

      • 匿名 より:

        αはマウント部分がボディ左右の中心近くにあり、これがネオ・クラシック感に
        繋がってると思います。

        銀塩カメラの場合はマウントがボディの中心付近にあることは意味があった。何故ならパトローネを収めるスペースが必ず必要だったから。但し、パトローネを使用しない中判カメラは右側にグリップをつけた場合、マウントは左側にシフトしてた。35mm判でもローライSL2000みたいにモードラ内蔵で独自のフィルムバックにフィルムを装填する形式だと今のデジタル一眼レフ同様にマウントは大きく左側にシフトしていた。デジタルになってパトローネの格納スペースが不要になり、ましてや早々と一眼レフからミラーレスにシフトしたソニーはクイックリターンミラーのメカ機構のスぺースも不要なのに、銀塩及び一眼レフであるがゆえにある程度ボディの左側スペースを必要としていたという物理的な構造上の制約から全く自由であるのに形だけ真似しているのはバカみたいにしか思えない。

  6. 匿名 より:

    小指が余るなら立てればいい。

  7. M-KEY より:

    個人差はあると思いますが、私の場合は小指は底(バッテリー蓋)に回しており
    実際には親指と薬指でカメラを挟むようにして持っています。
    小指部分までカバーするタイプのプレートを使うと、ちょうど段差の部分に小指がかかるので
    帰って小指に意識がいってしまいます。
    そのため、α7RIIIにはバッテリー蓋部分をカバーしない「SmallRig 2940」を使っています。
    この方がバッテリーへのアクセス似しやすく、カメラを無駄に大きくしないので気に入っています。

    • 匿名 より:

      だから、その段差がない新型の記事なのに…

      • 匿名 より:

        重点は「バッテリーへのアクセスしやすく、カメラを無駄に大きくしない」です。

        • 匿名 より:

          ひとそれぞれだろ。2940なんて つけても持ちやすくなるわけじゃない。三脚に据えない人には無用のもの。

          • 匿名 より:

            三脚を使わなくともカメラ底部に傷が付きにくいからリセールで優位になるという効果がある。
            2940も別で売ればいい。
            Lプレートは三脚での縦位置撮影には、もはや必須のアイテムと言っていい。

          • 匿名 より:

            >リセールで優位に…

            貧乏くさいなぁ(笑) どれだけ優位なんだよ?
            余計なアクセサリーの費用のほうが高く付くんじゃないの?

          • 匿名 より:

            学生の頃、ローアングルの風景を狙いたくてカメラを地面に置いて寝そべって撮影していたら、同級生に「よくそんな事出来るね」と真面目な顔で言われたことがある。
            服が汚れるから言ってくれてるものと思い、平気平気!と、体に付く落ち葉を払いながら立ち上がったら、彼はカメラの底が傷付いてやしないかしきりに気にしていて、道具に対する感覚の違いに驚いたことがある。

  8. 匿名 より:

    こんな大層なものじゃないけど、前からSmall RigのL字ブラケット使ってる。アルカスイスで縦位置も、ってのが楽で。

    • 匿名 より:

      自己レス。大層なものじゃないから「小指の話」とは全く関係なかった。すまん

タイトルとURLをコピーしました