スポンサーリンク

ニコン、約260gのフルサイズミラーレス用マイクロレンズ「NIKKOR Z MC 50mm f/2.8」。9.4万円(デジカメWatch)

(新製品)レンズ
(新製品)レンズニコン
スポンサーリンク
ニコン、約260gのフルサイズミラーレス用マイクロレンズ「NIKKOR Z MC 50mm f/2.8」。9.4万円 
ニコンは、Zマウント交換レンズ「NIKKOR Z MC 50mm f/2.8」を6月25日に発売する。希望小売価格は税込9万4,160円。

by 鈴木誠@デジカメWatch

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. M-KEY より:

    思ったよりは安くてほっとしています。
    60mmでも55mmでもなく50mm、マイクロニッコールとしてはS用以来。
    AFマイクロ60のように近接時にはレンズエレメントが突出する仕様ですね。
    フォーカシングによる全長変化のないAF-S マイクロ60mmは水中ハウジングに
    好都合という利点がありましたが、MC50の小型軽量というメリットも大きいです。
    繰り出し部に撮影倍率が表示されるのも面白いです。
    46mmは内側のレンズ部のフィルター径、フード用のネジは62mmのようですね。

  2. 匿名 より:

    50mmマクロは良いね。ニコンだからマイクロか。100mmクラスよりも深度が深くて手持ちで使いやすい。

  3. 匿名 より:

    このMC50/2.8は、AF-S マイクロ60/2.8Gの後継というよりも、
    DX マイクロ40/2.8Gに近い立場で、Z50での使用も意識してそう。

  4. 匿名 より:

    マクロ時のシフト振れにはレンズVRの方が効果が高いと聞くが、これは無し。しかもその割に高い。

  5. 匿名 より:

    この50はチープな外見にしては高すぎるのでは?

  6. M-KEY より:

    前言撤回します。
    噂段階ではマイクロ50mm f2.8はZ50mm f/1.8Sよりも1〜2万円高価になると予想していたので、
    わずかに安い価格だけをみて「思ったより安くて安心」したのですが、よく精査してみると
    Sラインではなく、ビルドクオリティは低いようですし、MTF曲線はAF-S マイクロ60mm f/2.8よりも下。
    これは、AF-S マイクロ60mm f/2.8Gの代替ではなく、DXマイクロ40mm f2.8の代替と考えた方がしっくりきます。
    となれば、実売は5万円台あたりが適正価格なんじゃないかと考えるようになりました。
    それにFXの50mmで等倍だとワーキングディスタンスが短すぎるとも。
    DX機で等倍相当になる0.7倍くらいでよかったような気もします。
    でも、DX機に使うならVRが無いのを問題視されそう。
    小型軽量なのはいいけれど、なかなかに悩ましいレンズです。

タイトルとURLをコピーしました