スポンサーリンク

ニコン、2022年末までに登場するZレンズのシルエットを公開(デジカメWatch)

(新製品)レンズ
(新製品)レンズニコン
スポンサーリンク
ニコン、2022年末までに登場するZレンズのシルエットを公開 
ニコンは6月2日、交換レンズ新製品の発表にあわせ、Webサイトで公開しているレンズラインナップ(ロードマップ)を更新した。また、2022年末までに登場予定としているNIKKOR Zレンズの姿も一部が明らかになった。

by 鈴木誠@デジカメWatch

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:

    なんとか顧客の流出をつなぎとめようと必死だけど、他社ユーザーを惹きつけるほどの魅力を持ったボディやレンズが出てこないのが もどかしい。
    Z9については「Z 9には新開発の高解像積層CMOSセンサーや画像処理エンジンの搭載を予定し、これまでとは次元の違う実力やパフォーマンスを目指している」と言ってるけど、撮像素子を他社に依存している現状では「よくて他社並み」の性能じゃないの? 「当社の従来機と比較して次元が違います」では説得力が無いよね (笑)

    • M-KEY より:

      そうですね。
      一眼レフならメカ部分で優位性を示すことができていましたが、
      ミラーレス機だと、画像の味付け、操作フィーリングやEVFの見え味、
      スピードライトの調光精度くらいしか差を示せません。
      本来なら、交換レンズも含めたシステム性をアピールしたいのですが、
      その点でも、もどかしさを感じます。
      未知のレンズをシルエットで表し、明るさなどを公開せずに期待させるのは
      悪くはないのですが、期待が大きくなりすぎた場合の反動が怖いです。
      それに、このシルエットには29本しかなく1本足りません。
      もう一本は、DXの超広角ズーム、それとも70−200mm f/4なんでしょうか?

    • 匿名 より:

      >これまでとは次元の違う実力やパフォーマンスを目指している

      この言い回しは特別でもなんでもなくて、メーカーとして当たり前なのではないですか。
      新製品が従来と同じでは誰も購入しない。
      どのメーカーでもそれは目指すでしょう。
      実現するしないは別として。

      • 匿名 より:

        その程度の意気込みならどんどん他社から置いていかれるでしょうね。

  2. 匿名 より:

    レンズのシルエットを公開する意味が分からない。

  3. 匿名 より:

    シルエットじゃ無くて、モックアップ公開すりゃ良いのに。

  4. 匿名 より:

    本数が増えていけばそれだけで何かとコストが嵩んでいく訳だが、レンズは早く揃えないとどんどん周回遅れにされていくし、見限った客の他社への流出が止まらなくなる。
    そんな風にレンズのラインナップを充実させる事は確かに重要かと思うが、そろそろボディ側にてスマッシュヒットを出さないとやばくない?

    • M-KEY より:

      年内にはZ 9の発表、そして発売後2年経過するZ 50の後継機が出るはずで、
      その前にZ 30が噂されていますが、それだけだと弱いですね。

    • 匿名 より:

      急いで出しても設計思想がいまだに大艦巨砲主義なので周回遅れなのは変わらない。

      • 匿名 より:

        50/1.2までは大艦巨砲だが、14-24/2.8以降は大きさにも配慮しているようだ。

  5. 匿名 より:

    外野からだと、バランスよくそろってるなーと思うと同時に、面白くなさそうとも感じてしまうな。

    • 匿名 より:

      Z6IIのキットとして設定してもいいくらいのマストアイテムの24-105mmが未発売なのが問題です。

  6. 匿名 より:

    Zレンズの写りに大きな不満を持ってるユーザーは少ないかと思いますが、1メーカーの独占のため安価なサードも無くこれでは裾野が広がっていきませんね。色々な思惑もあるかも知れませんが、もっと柔軟に対応するほうが良い様におもいますけれどね。特に、王者のFマウントでは無く、今回は追う立場のチャレンジャーと考えるとなおさらそう思います。

    ここ十年来でも、もっともニコンが焦ってるように思うのは私だけでは無いと思いますね。キヤノンとは会社の規模も違いますが、社員の平均年収はニコンの方が高かったと思います。何に資金を投資するべきなのか、次のトレンドは何か?この辺の経営判断のミスが今の状況の根幹にあるんでしょう。

    どうか立ち直って欲しいものです。

    • M-KEY より:

      Zどころか、従来のFマウントレンズでも(一部を除いて)光学性能に対する不満は少ないハズです。
      不満があるとすればラインナップの穴。
      その穴が現状のZでは大きすぎます。
      Z 9と同時に 400mm f/2.8、600mm f/4、200-600mm、100−400mmが出るでしょうが、
      それでも70−300mmや135mm f/1.4、200mmf/2.8、300mm、対角線魚眼などはロードマップにもありません。
      Z50が出て1年半も経つのに、DXの高倍率ズームはないし、超広角レンズはロードマップにも示されていません。

      ニコンは焦っているというよりもノンビリし過ぎている感があります。
      そして、上手くいかなかったといって諦めが早過ぎな部分も感じます。
      惜しくて買うには至らないが、不満点を改善した後継期を待っても、そのまま終了とか
      カタログまで作ったのに発売中止とか、Z7IIやZ6IIにFTZキットを設定しない・・・
      それこそ、Fマウントの14-24mm f/2.8有利な価格で下取りする「Z7II+Z14-24mm f/2.8移行セット」
      のようなモノを企画するくらいの機転が欲しいです。

  7. 匿名 より:

    f値を抑えた上でこのサイズ感は果たして進化してると言えるのか。
    写りは良いんだろうけど、なんかそれぞれのレンズのサイズ感がしっくりこないんんだよな。

    • ken より:

      〉写りは良いんだろうけど
      写真機のレンズだからそこがポイントでいいんじゃないかな?
      新しく出たマイクロ(この表記じゃないのか)は魅力あるけどな〜!

      • 匿名 より:

        でた!ken氏

        Nikonを少しでも否定したら必ずヌメッと反論してくる。

        それ言ったらデカいほど良いって話になる。
        おそらくあなたはスタジオ撮影だろうからそういう解釈になるんだろうけど、
        世の中そういう写真だけじゃないんだよね。

        • ken より:

          だいたい70-200と24-70をつけたカメラを首と肩からぶら下げてますよ。
          スタジオの時もあるけど70-200で済ませちゃうから
          それ以上に大きいのはあまり使わないかな。。。
          サンニッパも最近使ってないし。
          そういった意味でも70-200F2.8くらいの大きさなら許容範囲です。
          根性論になっちゃうけどカメラマンとして結果が良くなるなら多少の重さなら我慢(って言葉は違うけど)できるますね。
          さすがに山登りとかには少しでも軽量の方がいいだろうし結果も良くなるんでしょうね。
          (目的地に着いた段階でヘロヘロだと写真の結果もおのずと。。)

          • 匿名 より:

            デジタル化以降、その高解像度化に合わせてレンズは大型化しており、
            銀塩35mm時代の同焦点距離/同開放F値のレンズより大きくなりました。
            AI AF Zoom-Nikkor 80-200mm f/2.8D ED N:Φ87 × 187mm 1,300g
            AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR:Φ88.5 × 202.5mm 1430g

            一方、ユーザーは高齢化しており、機材重要が負担に感じるようになり、
            ソニーのα7シリーズのヒットは、35mmフルサイズデジタル一眼レフシステムの
            重さに辟易としていた層が、その小型軽量のメリットに共感したのが主な理由です。

            ニコンは、Fマウントの小口径によるレンズ設計の制約からの解放という部分を
            重視したレンズが多く、Fマウントよりも大型化しました。
            NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S:89 × 220mm 1440g

            もちろん、大きくなってもいいから描写性能を追求して欲しいという人もいますが、
            売り上げ増を考えた場合は描写性能を維持しつつ、少なくともFマウントの
            同焦点距離/同開放F値のレンズを超えないサイズに収める必要はあると思います。

          • 匿名 より:

            自慢にならんよ。
            写りがポイントとまでいうなら単焦点で語ってくれよ。

          • ken より:

            〉ユーザーは高齢化しており
            いやいや、若いユーザーもいますよ!
            軽量化ヒットの要因は高齢化だけじゃないと思うけど。。。
            まあ若い世代は重い機材なんか知らないし持てないって気持ちはあるかも?
            (昭和爺の偏見)

          • 匿名 より:

            いやいや、若いユーザーもいますよ!

            ケンちゃんは木を見て森を見ずだね。
            若年層のレンズ交換式カメラユーザーの比率は下がっている。
            そして、少ない若年層はソニーやキヤノン、オリンパス比率が高い。

          • ken より:

            〉少ない若年層はソニーやキヤノン、オリンパス比率が高い。
            そうでしょうね。
            今はデジタルカメラ(=ミラーレス)と言えばソニーでしょうね。
            ニコンの御威光はもうないでしょう。

            でも写真撮るのは高齢者ばかりみたいな考えはまた違うと思う。

          • 匿名 より:

            昔シグマの社長が、「軽くてそこそこの口径の十分な写りのレンズは中古市場にいっぱいあるので、新開発のレンズはおのずとでかくなる」みたいなこと言ってたけど、ミラーレスが主流になってそのへんがご破算になったことで、改めて絶対性能だけじゃないレンズの整備が進められてる感がある。
            でもニコンはそこにはなかなか手が回ってなさそう。

          • 匿名 より:

            というかいつまでもニコンの話ばかり深掘りしてるねここは。
            現実の数字上も肌感覚でもユーザー数は明らかに減少している訳だが、口達者な爺さんばかり残ってるという事?

        • 匿名 より:

          >だいたい70-200と24-70をつけたカメラを首と肩からぶら下げてますよ。
          自慢にならんよ。
          写真機のレンズは写りがポイントとまでふっかけて来るなら単焦点で語ってくれよ。

          • ken より:

            〉単焦点で語ってくれよ。
            以前は単焦点とっかえひっかえしてたんですが、ズームの画質が上がったのと、単焦点の価格が上がったのと、利便性でズームを多用するようになりました。
            望遠で言えば、180mmF2.8より最新ズームの方が画質がいいと思うし
            200mmF2はちょっと手が出せません。
            っていうかズームか単焦点かって話じゃなくて
            同じ種類のレンズの大きさと写りの比較の話じゃないかな?

          • 匿名 より:

            結局利便性とか使い勝手含めての話じゃねーかよ。
            もともと俺がバランスの話をしてるのに。
            写真機のレンズだから写りがポイントなんじゃねーのかよ。

          • 匿名 より:

            しかも君はライカ・バリオエルマリートの記事のコメントでこう書いてるね。

            ken より:
            2021/05/13 03:23
            〉Zニッコールは群を抜いていると感じています
            Z5を買ったばかりなのにもう数本は使っているんですね!さすがだなぁ。
            僕なんて24-70F4だけ。。。
            infoでも絶賛の記事を紹介してましたね。

            あれ?

          • ken より:

            〉コメントでこう書いてるね。

            そうですよ。
            Zマウントは24-70だけ。
            メインはFマウントの大三元にアダプターですよ。
            なんか間違ってる?

          • ken より:

            〉結局利便性とか使い勝手含めての話じゃねーかよ
            だから同じ種類のレンズの大きさと写りの比較じゃないの?
            同じ焦点距離や明るさのズーム(単焦点にしても)レンズで
            写りが向上していれば多少大きくなっても許容範囲です。僕はね。
            写りがポイントだから。(かと言って値段や大きさが倍になったら考えますが。。、そうじゃないでしょ?)
            なら単焦点使え!ってことじゃない。

          • 匿名 より:

            値段や大きさが倍になったら考えますが。。、

            50mmF1.8……

          • 匿名 より:

            >メインはFマウントの大三元にアダプターですよ。
            えっ。
            何の話なのこれ。
            ホント自分の狭い世界の話に持ってかれるよな。

            >写りが向上していれば多少大きくなっても許容範囲です。
            >値段や大きさが倍になったら考えますが。。、
            50mm 1.8や50mm 1.2をもってバランスが昔と違うということを言ってるんだよ。
            つっかかるならそれらを使ってから言ってくれよ。

          • ken より:

            〉つっかかるならそれらを使ってから言ってくれよ
            すみません!匿名さんが使ってからの批判とは思いませんでした!
            使った方の意見は重要ですよね!
            AF-Sの50mmF1.8は使用していますが個体差なのかあまり良くなく
            Zの50mmF1.8が素晴らしい性能なら倍の重さと値段でも許容範囲です。
            (AF-Sの方が比較的安いこともありますし)
            F1.2の方はもともと(Fマウントも含め)価格的に手が出ません。
            今回の105mm(マイクロ)は価格的にも抑えてくれたので
            写りがそれほどいいのなら更新対象ですね。
            しかしそうなるとD850並みの画素のカメラが必要になり。。。
            (画素だけならZ7を買えばいいんですが。。)
            M-KEYさんの書かれた「ZのレンズがFマウントカメラに着いたら。。」なんて本末転倒なジレンマも現実的に思えてしまいます。

          • ken より:

            〉自分に狭い世界
            「おそらくあなたはスタジオ撮影だろうからそういう解釈になるんだろうけど」と書かれたので現状の使用状況を書きましたよ。
            カメラやレンズの要望や意見は実際使っている「自分の狭い世界」に沿ったものになるんじゃないかな?
            広い感覚で見て、使いもしないレンズ(僕的には500mm以上の望遠など)がないからこのシステムはダメとか書けません。
            あ、あくまで僕の場合ですよ!
            総括的な意見ももちろん大事です!僕が書けないだけ。

          • M-KEY より:

            メインはFマウントの大三元にアダプターですよ。

            Zの24-70mmを持っているのに、なぜFの24-70mmF2.8をアダプターで使うのか?
            神レンズと呼ばれたAF-S 14-24mmf/2.8Gより描写性能に優れるZ14-24mm f/2.8Sを導入しない理由。
            同様にZ 70-200mm f/2.8Sをなぜ導入しないのか?

            購入予定だけけど更新時期を待っているとか、予算的な理由ならいいのですが、
            Zレンズそのものに、Fから代替するほどの魅力がないというなら問題です。

          • ken より:

            〉Zの24-70mmを持っているのに、なぜFの24-70mmF2.8をアダプターで使うのか?
            Fマウント機も併用で使っているからです。
            zのみとなったらさすがに買うかな。
            ちなみにZの24-70はキットのF4の方なので暗い現場ではちと不安。

            〉神レンズと呼ばれたAF-S 14-24mmf/2.8Gより描写性能に優れるZ14-24mm f/2.8Sを導入しない理由。
            使わないからと費用対効果です。
            悲しいけど欲しいレンズが全部買えるわけじゃない。

            〉同様にZ 70-200mm f/2.8Sをなぜ導入しないのか?
            FL70-200を買ったばかり(とはいえ4年くらい前?)なのですぐの導入は。。。
            察してください。

          • ken より:

            あ、FLといっても
            イニシエのキャノンのレンズじゃありませんよ!

          • M-KEY より:

            話の流れでいくと、Zニッコールは、当初は光学性能は申し分ないが、大きく重く高価モノばかりなので不人気だった。
            (実際には24−70/4や14-30/4、DX 16-50/3.5-6.3などは充分に小型軽量でリーズナブル)
            でも、今回明らかになった2本のマイクロ、28/2.8、40/2は、サイズも考慮した仕様になっています。
            F1.8単焦点シリーズも従来の常識(F1.8=廉価版)で見ると大きく効果ですが、プレミアムレンズであると考えれば納得です。
            だた、Zシステムのローンチにはプレミアムな単焦点ではなく、小型軽量重視の撒き餌レンズが必要だったと思います。
            27本のうち50mm(58mm)が4本というのは、ちょっと片寄りすぎの感があります。
            近年のレンズ交換式システムで必須の24-105mmが3年経っても不在なのも気になります。

            でも、kenさんがZニッコールを買わないのは、レンズ自体に魅力を感じていない訳でないと知って安心しました。

  8. M-KEY より:

    Zの単焦点レンズは開放f値の割には大きいのですが、マイクロの2本や28mm f2.8、40mm f/2は、
    大きさにも配慮しているようです。

    14-24mm f/2.8はショートフジランジバック効果でFマウント版より大幅に小型軽量化していますが
    望遠系はショートフランジバックも効果は薄く、ロードマップの画像のシルエットからは、
    400mm f/2.8と思われるレンズは、全長440mm、最大径160mm程度
    600mm f/4らしきレンズは全長480mm、最大径160mm程度くらいのようです。
    これはFマウントの400mm f/2.8より80mm、600mm f/4より50mmくらい長く、
    FマウントレンズをFTZで使うよりも長くなりますね。

  9. M-KEY より:

    Zニッコールを体験してしまうと、Fマウントに物足りなさを感じてしまい、
    Fマウント機にもZニッコールが付けられたらいいのに・・・なんていう声を聞きます。
    それくらいにZニッコールの描写性能はすぐれているのですが、既発売のZニッコールの大半には高価で重く大きいという購入障壁があります。
    私自身も、Zニッコールの魅力は理解していても、14-30と24−200以外はマウントアダプター経由で既存レンズを使っています。
    「メインはFマウントの大三元にアダプターですよ。」
    多くのユーザーが、この状態で満足している状況は「好ましい」とは思えません。

    でも、Z70-200mm f/2.8Sが、AF-S 70-200mm f/2.8E FLよりも格段に小型軽量なら購入検討したくなるでしょうし、開発発表されたZ40mm f/2にも興味を持っています。
    Fマウント比で光学性能が向上しているのはマスト、それに加えて小型軽量というメリットも重要だということです。
    今回発表された2本のMCレンズも、サイズはともかく軽量化されていますし、400mm f/2.8や600mm f/4と予想されるレンズも、サイズは現行Fマウントよりも大きくなっていますが軽量化はされているハズです。

    • 匿名 より:

      M-KEYって、Zボロカスに言っていたのに、いつの間にかケンちゃんよりもZに傾倒してるね。

  10. 匿名 より:

    Z50/1.2はなかなか頑張った性能だけど、解像力に関しては、より小型軽量のソニーのFE50/1.2にかなわない。
    短い天下だったね。

    ニコン「Z 50mm f/1.2 S」は非常に良くできたレンズだがサイズが大きすぎる
    LensTip に、ニコンのZマウント用の大口径標準単焦点レンズ「Z 50mm ...
    • 匿名 より:

      別にニコンの肩を持つつもりもソニーに思うところもないんだが、それ系のテストとか称するものをそのまま受け取るのはどうかと思う。
      撮影距離もフレームのどの部分で絞り幾つで焦点合わせたのかも不明なグラフとかほとんど何も言ってないに等しい。

      • M-KEY より:

        数値による評価はともかく、実写での解像感やボケ部分の色づきのなさ、逆光耐性ではニコンが優位だと思います。
        でも、サイズも含めた商品性ではソニーの方が優れていると思います。
        両方のマウントを使っている立場だと、普段は50mm f/1.8を使う前提での勝負レンズにはニコン選びたいですが、持ち出す機会は少なくなりそう。
        逆にソニーなら、手持ちのF1.8とリプレイスして普段使いにも対応できそう。

        • 匿名 より:

          残念ですがなんちゃらインフォに載っているZ50f1.2のテストでは、
          逆光耐性でもあまり芳しくないようです。ソニーに劣るそうです。

          ニコンのレンズ性能は民話や昔話の世界のものですので、
          他のメーカーと比べちゃいけません。ニコ爺の夢を壊してはいけないのです。

  11. 匿名 より:

    世界地図で話している中に自宅の間取りの話をぶっ込んでくる的な人だね。

    • 匿名 より:

      自宅にあるレンズ2本だけで、そのマウントのレンズ全部についてわかったように間違って語る人もいるね、ここ。

      • ken より:

        二本だけでも、一本も使わないで批判する輩よりずっとマシ。。というか貴重な情報だと思う。
        あ、実際、Zの単焦点を使用されてる匿名さんのことじゃないですよ!
        できれば使用レンズと辛口な批判をお願いしたいです!

        • 匿名 より:

          たった2本で知ったかぶりする人より、5本持ってて更に調べてコメントする人のほうが信頼性が高い。

          • 匿名 より:

            いやいや、5本持っていようが、20本持っていようが、
            信仰している宗教によって真理は変わるのよ(笑)
            自分は公平中立に判断できると思ってる人ほど危ういんだなこれが。

          • M-KEY より:

            購入したのは2本ですが、体験したのはもっと多いです。
            しかし、周りで購入した人も店頭展示品も少ないので借りるのが困難です。
            雑誌やネット上でのレビューは参考にしますが、最終的には自分で撮ってから評価を決めたいです。

            でも、ココのスレッドでコメントについては、基本的にはカタログスペック(サイズ/重量)と価格です。

            50mm F1.2についてはαGM、RF、Zの比較をしたいのですが、周りに持っている人がいません。
            こういった場合、メーカーからデモ機を借りられるメディア頼みなんですが、先日のカメラマン誌でも
            (広告主への忖度なのか)充分に納得できるレポートはありませんでした。
            とはいえ、レビューでは描写性能は価格なりで、サイズ差ほどの優劣はないという感じですね。
            太陽を画面に入れた時のフレアやゴーストの出方については気にはなりますが、
            実際にそうした撮影ではF1.2の必要性はなく、現時点ではZ 50mm f/1.8Sが有用だと考えています。
            実はZ MC 50mm f/2.8に期待をしていたのですが、 S Lineでなく「ナノクリスタルコート」と
            「アルネオコート」が非採用だし、画面に太陽を入れた作例が発見できないので、
            逆光耐性はあまり期待できないように感じています。

          • 匿名 より:

            >5本持ってて
            いや例え持ってなくてもデータと限られた作例で語るのがマニア的楽しみってもんだと思うけどなぁ。
            50/1.2だと例えばRFはあのすごい構成からどれだけ色収差を抑え込めているか背景ボケにクセは出ないのかとかが見どころだなぁとか(結局わからんのかい)。
            Zは前後のバランスがよくて…とか語ろうとしたけど、GM調べたらこっちも悪くないし、ってか全体がわかりやすく整ってて美しくいかにも写りそうで…
            まあ、ニコン負けても不思議じゃないかもしれんな…

    • ken より:

      行かない世界の地図より
      毎日、生活する自宅の間取りの方が重要だったりするけどね。

      • 匿名 より:

        その自宅の間取りについて 掲示板でごちゃごちゃ言うのはおかしな人だとみんな見ている。

        • ken より:

          行かない世界の地図を見てゴチャゴチャ言うのが掲示版の正解なの?

          で、みんなって誰?

          • 匿名 より:

            海外旅行をどうしようかと話している時に、部屋の間取りの関係で冷蔵庫のドアが使いにくいと言うみたいな……

          • ken より:

            海外旅行をどうしようかと話している段階で行けない世界ではない。
            でも世界地図を広げなきゃいかん世界一周の旅ではないでしょ?
            どこか自分の目的にあった地図(カタログ?)を広げてるはず。
            そこで買うのが一本か二本かは知らないが
            自分の目的にあった話になるはず。
            いかない世界地図眺めて、ここ行ったらこんな問題が!とかとは違うよね。

            自分ちの間取りは日常なもので「使いにくい」と感じることを書いていただければ
            同じような間取りの方々には世界地図より有益だと思う。

          • 匿名 より:

            いやでも流石に写りがポイントとまで言って人の話の腰を折って、
            さぞかしZレンズの話をしてると思いきや
            アダプターでFマウントって。
            堂々と言われてもな。
            それはNikonが広げた世界地図についてみんなが想いを語っている場に古い自宅の図面を広げてられてもって言われてもしょうがないだろ。
            それ自らがZマウントを肯定しているようでこれ以上なく否定しているようなもんだぞ。

          • ken より:

            〉アダプターでFマウントって。堂々と言われてもな。
            だって買えないんだから仕方ない。
            新システム、新レンズに期待を込めての『写りがポイント』ですよ。(特に105mmに期待)
            将来的に選択肢が増えるのはユーザーとしては喜ばしい。
            他社ユーザーで別メーカーから新型が出たら批判したくなる気持ちはわからんでもないけど。

  12. 匿名 より:

    なんかねぇ。Nikonに限った話ではないんだけど、
    富士の言うデジタルのフルサイズは銀塩の35mmサイズではないというのが正解で
    今は画質至上主義で35mmの取り回しの良さがどこかに行っちゃった気がするな。
    中判の手前ぐらいに思っといた方が良いのかな。

    • 匿名 より:

      そこでレンジファインダーですよ。
      レンズはほぼ昔のままの感じで(なんなら昔のレンズを使うのでも可)、感度が自由になる分扱いやすいよ!

      • 匿名 より:

        何気にライカSLとかにMマウントのレンズ付けてマニュアルでっていうのもアリな気がして来た。
        (あるいはライカMに外付けのEVF付けて)

    • M-KEY より:

      実感としては、銀塩35mmの代替用途としてはフォーサーズ〜APS-C、35mmフルは6×7(9)cm判です。
      実際のワークフローでは35mmフルで全部を賄っている人は多いのですが、銀塩時代もベルビア登場までは基本は6×7(9)cm判オンリーという人は多かったです。

  13. 匿名 より:

    このレンズラインナップを見ると、ニコンの理想を追求してるんだろうなあと思う。
    ユーザーの立場だと、タムロンのEマウントのラインナップの方が魅力的。
    売れ線ばっかりだから無駄がない。
    まずズームを充実させる。売れるのは結局ズーム。
    そこに安価な単焦点を充実させる。
    なんでできないのだろう。
    マウント情報の公開もすればいいのになあ。
    将来的に自社囲い込みで利益確保とか言ってる状況じゃないと思うけど(^o^)

    • 匿名 より:

      Zを絶賛しているケンちゃんは1本、急にZに傾倒したM-KEYでも安ズーム2本しか買っていない現実。
      思わず買ってしまうようなレンズが必要だね。

      • M-KEY より:

        今回発表されたレンズは、ローンからは路線変更したように感じます。
        MC100は思ったよりは小型で安価でしたし、40mmのF2.0もサプライズでした。
        MC50の値付けは強気で、これだけは疑問。(実売5万円台なヒットするハズ)
        徐々に買いやすいレンズが増えていると感じています。

        私の場合、Z 40mm f/2はよっぽどの事がない限り購入するつもりです。
        標準ズームは24−105mm f/4S待ちですが、現有の24-200mmの満足度が高いので微妙。
        マイクロにかんしては、現在PC-E45mm、ズームマイクロ70-180mm、マクロプラナー2/50を使っており、これらを置換できるレンズが出れば買います。
        望遠にかんしては、被写体の性格上一眼レフの方が使いやすいので、しばらくはD500+70-200/2.8FLを使うつもりです。
        FX用の対角線魚眼はF2.8で実売15万円程度で、Fマウントの16mm f/2.8Dくらいのサイズなら買うつもりです。
        40mm f/2にコンバーターで魚眼化できるなら嬉しいかも?

        • ken より:

          〉40mm f/2にコンバーターで魚眼化できるなら嬉しいかも?
          古い考えですが、コンバーターにいいイメージはありません。
          画質重視の方向性のZにはコンバーターは似合わないと思ってしまう昭和爺てす。
          最新式は交換レンズ並だったらごめんなさい!

          • M-KEY より:

            本来は、ちゃんとしたF2.8の対角線魚眼だあってしかるべきなんですが、変に欲張って全周〜のズームにして暗くなるくらいなら、コンバーション方式の方が嬉しいという事です。
            ソニーEの16mmF2.8なんてレンズ単体よりも魚眼コンバーションを使う方が描写の難が少なくなりました。
            動画用や水中用のフロントコンバーションで画質がほとんど落ちないモノは珍しくありません。
            Zの40mmは、f/2なのでフロントコンバーション方式でも明るさの維持、使用頻度の少なさに見合ったコストと荷物の占有などが期待できます。
            まず、ニコンはやらないと思いますけど・・・

          • ken より:

            〉動画用や水中用のフロントコンバーションで画質がほとんど落ちないモノは珍しくありません。
            なるほど!やっぱり動画に強いソニーはその辺もきっちり対応しているんですね。
            ありがとうございます。

      • ken より:

        絶賛するほどZを使ってないっス!
        望遠2.8ズームは使ってみたいなぁ。。
        FLがいいだけにそれ以上と聞くと。。。

        • 匿名 より:

          Zにダメ出しするM-KEYにあれほど反論してたのは?

        • 匿名 より:

          ken氏はZが出てから迷走しているな。

タイトルとURLをコピーしました