スポンサーリンク

オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25x IS PROレビュー|圧倒的、快適な超望遠撮影が可能に!(カメラのキタムラ:ShaSha)

オリンパス
オリンパスフォーサーズレビュー(レンズ)
スポンサーリンク
オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25x IS PROレビュー|圧倒的、快適な超望遠撮影が可能に!
写真家の菅原貴徳さんがオリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25x IS PROのレビューを行っています。作品を作る中でじっくり使って分かった本製品の魅力についても紹介していますので是非ご覧ください。

極めて広いカバー域を実現!
各リングとスイッチ類、内蔵テレコンの操作性
高速・高精度AFを実現
外付けテレコンでさらに長く!
最短1.3mの近接性能も!
by 菅原貴徳

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:
    • 匿名 より:

      そんなん写真関係なら被写体関係なく前から言われてること。
      街中スナップ、飛行機、動物全般、ミリヲタ、プロカメラマンのロケでもあるし、
      みんなが持ってるスマホだってそう。
      ジャンルじゃなくて個人のモラル。

      • 匿名 より:

        害獣にエサを与えないようにお願い致します。

      • M-KEY より:

        写真関係なく、人数が増えるとマナーの悪い人が目立ちます。
        その上で「写真撮影に没頭して周りが見えなくなったり」
        「写真撮影が優先される」という勘違いをする人が出てきます。

    • 匿名 より:

      撮り鉄が、勝手に草刈ったりするのが問題になったとき、例の「デブ鉄」が「ひどいね、私はそんなことをしない」とコメントしたところ、デブ鉄が自分で勝手に草刈りする記事が発掘されて炎上したことがある。

  2. 匿名 より:

    私もこれまでは主にオールドレンズで街角スナップを楽しんでいたのですが、
    このコロナ禍で街へ写真を撮りに行くことが出来ず、
    近場の木々が生い茂った公園に鳥や小動物を撮りに出かけるようになりました。
    やはり近頃のネイチャー系の増加にはコロナの影響も少なからずあると思います。

    あと、最近のカメラの驚異的な性能の進歩によって、
    ある程度お金を出せば、以前では難しかった飛んでる鳥や疾走する小動物や電車を
    素人でも手持ちでガチピン連射できるようになったのも愛好家が増えた一因ですよね。
    SNSで話題になっているスポットへ出かけてみると、
    大勢の方が巨大な白いバズーカ砲を構えていて、
    手持ちの望遠持ち出してやって来た私なんかは気後れするほどです。
    若い女性も多いのですが、やはりみなさん白レンズで良い装備してるんですよね。

  3. M-KEY より:

    「ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」との比較を見てみたいです。

  4. 匿名 より:

    このレンズ使って、奥羽山脈中腹でモリアオガエルの産卵撮影してるけれど手振れ補正が強烈
    刺激してペアリングが離れないように弱めにビデオライトつけて撮るんだけれど、一脚使った
    半手持ちハイレゾショットがびしばし決まる(距離3~5mぐらい)
    ISO6400で1/4秒ぐらいしか出ないんだけれど、16枚撮像中の4秒間ファインダー像がびったり止まる
    多分、微妙に手が震えたりはしてるんだけれどみんな吸収しちゃう
    のどもとあたりがピクピク動いてるのは、波や葉の揺れをうまくごまかす機能が働く所為か違和感ほぼ無い
    ZD328に比べて暗いからどうかなと思ってたけれど、成功率が雲泥の差なのでもう手放せない
    技術の進歩って凄いわ

タイトルとURLをコピーしました