スポンサーリンク

K・刻をこえて 独創篇(その6)(デジカメWatch)

ネタ記事
ネタ記事
スポンサーリンク
カメラバカにつける薬 in デジカメ Watch:K・刻をこえて 独創篇(その6)
これまでのお話

【カメラバカにつける薬 in デジカメ Watch】
by 飯田ともき

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:

    コニカだったの?
    わけわかんなくなってきた。

  2. 匿名 より:

    今回はわかりにくさが際立っているね。
    作画環境なんていいから解説頼む。

  3. 匿名 より:

    大村祐里子さんが4コマ漫画描いてるけど、めっちゃわかりやすいぞ!

    • ken より:

      なんかリア充カメラカップルのあるあるをノロけられてる感じが。。。
      これが4コマで通用するのが令和なのか!

    • M-KEY より:

      内容はわかりやすいし共感もできるし、なんといっても無理をしていない点がいいですね。

      あうとふぉーかす:シーズン1・その1 撮った人の気持ち
      CAMERA fan・カメラファン カメラの使い方や、カ&#1251...
      • ken より:

        セリフだけで表現できてるからマンガにする意味はない。
        (こう書くと小説のマンガ化は意味がないのか?と言われるかな)

        まあ、この「カメラバカにつける薬」もある意味そうだけど女性キャラが結構魅力的だからマンガにする意味はあると思う。

        • 匿名 より:

          大村さんの作品は誰が話しているかが明確で、そのキャラクターもしっかり描き分けられている。
          あるあるネタをわかりやすく伝えるという点では、マンガという手段を上手く使っている。
          マニアック過ぎるネタをロクな説明も無しに、画力以上の表現をしようとして
          似たようなキャラクターを乱立させて、あげく衣装どころか性別まで変えてしまい
          読者を置いてけぼりにするよりは、ずっと良いマンガですね。

          • 匿名 より:

            方向性が違うものを比べられても

          • M-KEY より:

            わかりにくいというのは、方向性以前の問題だと思います。
            キャラは魅力的ですが、作者独自の設定を詰め込みすぎて、画力が追いついていないというか、状況を描ききれておらず、せめて解説で補完してもらえれば理解の手助けになるのですが、それも「今の連載内容と解説はそぐわない気がした」と放棄されると「面白そうなのについていけない」状態になっています。
            そういえば「鬼滅の刃」もコミックではわかりにくかったのが、アニメーションになって作画が丁寧になり動きが加わることで俄然分かりやすくなり、アニメをふまえて再度コミックを見ると理解が深まりました。

          • ken より:

            〉画力が追いついていない
            いや〜、このヘタウマ感がいいと思いますが。。
            〉状況を描ききれておらず
            同意。こちらの読解力不足のあるかも知れません。
            〉せめて解説で補完してもらえれば
            作品は作品内でわからせなきゃ!
            編集が解説するならともかく、作者が自分の作品を解説するのは。。
            (あとがきとは違いますよ)

        • 匿名 より:

          この話の広げ方だと、完結するまで
          半年はかかりそう。
          発端のLXまでたどり着けるのか?
          ひたすらジャンプ漫画のように、
          バトルを繰り返すのか?
          ポイントを上げるとか言ってたしな。
          でも、いつものように患者とナースさんの緩い会話で無理やりまとめて締めになりそうな予感もするが。

          • ken より:

            フロシキを広げすぎてからスパっと切るからなあ。。この人。。。
            まあ、カネ払って読んでるワケじゃないのでそんなに期待はしていませんが。。

  4. 匿名 より:

    昭和爺のボヤキコメントあるあるですな。

タイトルとURLをコピーしました