スポンサーリンク

ニコン Z 6IIと高倍率ズームレンズでムービー撮影を楽しもう!|三井公一(カメラのキタムラ:ShaSha)

(レビュー)カメラ
(レビュー)カメラニコン
スポンサーリンク
ニコン Z 6IIと高倍率ズームレンズでムービー撮影を楽しもう!|三井公一
写真家の三井公一さんがニコン Z 6IIにNIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VRを装着したムービー撮影の楽しみ方を紹介しています。動画作例と共にご覧ください。

「Z 6II」は静止画も動画も美しく撮影できる!
「Z 6II」と「NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR」がオススメな理由
おすすめ機能
by 三井公一

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:

    モノクロも古民家もシャドウが潰れてますね。モノクロは特に酷い。

    • M-KEY より:

      銀塩のモノクロ自家プリントを始めたばかりの頃は、こうした「黒焼き」をしがちですね。
      カメラの特性なのか撮影者の好みなのか?

      24-200mmにかんしては、これまで持っていた「便利ズーム」の概念を超える画質です。
      少し暗くなったら、広角端以外の開放F値が厳しくなるのと、思った以上に近接できない点が気になりますが
      Fマウントの24-120mmf/4よりは、ずっと安心して使えます。

      14-30mmf/4 とMC50mmf/2.8を組み合わせることでミニマムで守備範囲の広いシステムを組むことが可能です。
      実は、なかなか出ない24-105mmまでの繋ぎとして買ったのですが、これで満足しています。

      • 匿名 より:

        三井氏は記事の中で
        >「Creative Picture Control」の「グラファイト」をチョイス。ちょっとダークなイメージにしてみました。
        と書かれているので撮影者の好みです。
        ちょっとダークどころじゃないですね。。。

  2. 匿名 より:

    「アクティブD-ライティング」機能をムービー撮影時にONにする

    スチルでJPEG撮って出しで多少ましにしたい時と同じようにしてるだけじゃん。シャドウ部をもっと出すにはlog記録にするか他社機には出来ない動画RAW最強フォーマットのBlackmagic RAWで記録してDa Vinci Resole Studioで現像・編集するわけだろ。

    「Creative Picture Control」の「グラファイト」をチョイス

    ピクコンのグラファイトは、銀塩モノクロで4号印画紙に焼いた時の様な効果を出すのが目的だから、シャドウ部がつぶれる位硬調になるのは当たり前だが。逆にそうならないとこのピクコンの効果が出てないことになる。

    • M-KEY より:

      なるほど、ピクチャーコントロールを当てていましたか?
      こういった機材レビューは、なるべくカメラの素性が分かる方が好ましいです。

  3. 匿名 より:

    ピクチャーコントロールを使っていようがいまいが、絵として良くないね。
    ニコンの絵作りってあんま良くないな。

タイトルとURLをコピーしました