スポンサーリンク

富士フイルム XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR|旅写真家が選ぶ望遠ズームはどれ?(カメラのキタムラ:ShaSha)

レビュー(レンズ)
レビュー(レンズ)富士フイルム
スポンサーリンク
富士フイルム XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR|旅写真家が選ぶ望遠ズームはどれ?
写真家の三田崇博による富士フイルム「XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR」レビュー記事です。テレコンバーターを活用した超望遠撮影の解説も必見です。

レンズの特徴
テレコンバーターについて
テレコンバーターの使い勝手
超望遠で撮るべき被写体
400mmで撮る世界遺産
by 三田崇博

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:

    自分はテレコン信者じゃないので、高い金出してテレコン揃えようとは思わないんだけど、これ見ると、やっぱりテレコンは甘くなるね。2倍はもちろんだけど1.4倍でもこれなら、ノーマルで撮ってフォトショで拡大や超解像使った方がよっぽどピリッとするでしょ。

  2. 匿名 より:

    この結果を見るかぎり、テレコンを使うよりもトリミングの方がいいね。

    • M^-KEY より:

      D3の頃にテレコンが優位なのかクロップが優位なのか?を試した事があります。
      絞り開放でAF 80-200mmF/2.8D+TC-14EのFX(12M)よりもテレコン無しのDX (510万画素)の方がシャープでした。
      2段ほど絞れば差はわからなくなるのですが、テレコンで1段暗くなって、かつ2段絞るので合計3段分シャッタースピードが落ちブレやすくなります。
      オリンパス40-150mmF2.8は、純正のX1.4テレコンの開放でも画質悪化は感じませんし、ニッコール120-300mm f/2.8E FLもテレコンによる画質悪化は僅少のようです。
      ということで、ズームにテレコンを使うよりもクロップの方が優位という結論で、DX機の「×1.3倍クロップ」も積極的に使っています。
      また、それでも望遠が足りない時は、トリミング(というか拡大補完)も使います。

      ただ、現場で即データを渡す時以外でテレコンを使うことは、滅多にありません。

タイトルとURLをコピーしました