スポンサーリンク

パナソニックが目指す「生命力・生命美」とはどのような画質設計なのか(前編)(デジカメWatch)

パナソニック
パナソニックレポート
スポンサーリンク
特別企画:パナソニックが目指す「生命力・生命美」とはどのような画質設計なのか(前編) フルサイズセンサーだから実現できたこと・見えてきたこと
35mm判フルサイズのLUMIX Sシリーズおよびマイクロフォーサーズ機で、「生命力・生命美」を核に製品を展開していくと宣言したパナソニック。2018年のフォトキナにおけるLUMIX S1/S1Rの発表は大きな話題を呼んだが、このフルサイズSシリーズもスタンダードモデルのS1を核に、高解像度モデルのS1R、映像用途に特...

【特別企画】
フルサイズセンサーだから実現できたこと・見えてきたこと
画づくりの核「生命力・生命美」とは
G9 Proからの進化点
フルサイズへの感動が開発のモチベーションに
フルサイズの素性を最大限に引き出す
by 豊田慶記

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:

    銀塩時代はフィルムメーカーがやってたことを
    デジタルになったらカメラメーカーがやらなきゃならなくなった。
    画づくりってのは奥が深いんだろうな。
    時々、色に違和感を感じて、RAWを弄ったりするけど、
    思い通りにならない時がある。

  2. 匿名 より:

    記事広告だから仕方ないけど、メーカーが用意した台本通りで面白くない

    • 匿名 より:

      サラリーマンが勝手な事言えるわけないです。

タイトルとURLをコピーしました