スポンサーリンク

五輪のカメラに異変。「白黒戦争」から、新興勢力が存在感(朝日新聞DIGITAL)

ソニー
ソニーレポート
スポンサーリンク
五輪のカメラに異変 「白黒戦争」から、新興勢力が存在感(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース
 世界中から注目を集める夏季オリンピック(五輪)はカメラメーカーにとって重要なプロモーションの場だ。東京五輪も例外ではないが、そのカメラマン席で異変が起きている。

ニコンとキヤノンの「白黒戦争」にソニーが割って入る
ソニーはIOCの依頼を受けメインプレスセンター内にメンテナンスブースを初めて開設した
連写性能、瞳フォーカス、静粛性からソニーを使用するカメラマンが増加
by 朝日新聞

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:

    確かにSONY増殖していたけど、予測していたよりは少なかったです。
    競技にもよるのかな?
    ただ今後CもNも着々とプロ用ミラーレスのシステムを構築していくだろうから、ここの砦を崩すのは簡単じゃないと思う。

    • 匿名 より:

      キヤノンはともかくニコンはもう五輪ごとにフラッグシップを出すとか、そういった競争からは降りたほうがいいんじゃないかな。

  2. M-KEY より:

    テレビで見た限り「白レンズ7:黒レンズ3」くらいの割合でした。
    その白レンズの1/4〜1/3くらいにGマークを確認できたので、
    「キヤノン5強:ニコン3弱:ソニー2」くらい?
    確認できていませんが、ゴルフや射撃だとソニーの割合が大きいのでは?
    (普段のゴルフでは、ソニーが半数以上の印象、α9II+200-600?)

    個人の場合でも、マウントを完全に切り替えるのには時間がかかります。
    機材を大量に使用する法人だと、切り替えに時間がかかるでしょう。
    EOS Rでも、RFでなくEFをマウントアダプターで使っている人が多いので、
    今後、EOS R3 や Nikon Z 9 が出たら、一眼レフ用レンズをアダプターで使う人が増えそう。
    RFの400/2.8や600/4はEFから光学系がキャリーオーバーなので、レンズを買い換える必然性が薄いし、
    同じレンズを競技によって1DXとR3の使い分けが可能です。
    同様にニコンでも、D6とZ 9の使い分けをするカメラマンが増えそうなので、その点ではソニーが不利です。
    ソニーがこのままシェアを維持or拡大できるのか?
    C4:N3:S3で安定するのが健全な気がします。

    • 匿名 より:

      NikonもD3の頃は黒レンズが増えて、そのうちCanonと逆転するかもと思わせる雰囲気だったんだけどな。
      この手の機材は何かある度に日和見でチェンジなどしないだろうけど、SONYのミラーレスによるこの分野の攻略なんて(あの当時は)想定外だったのかもね。ここ10数年の間にも絶対数で圧倒するからかCanonは大きな影響を感じないが、Nikonのスポーツ、報道系のシェアはじわりじわりと減少しているように思えてならない。

    • 匿名 より:

      2~3割とはいえ高額なレンズを買ってくれるドル箱だからCNにはかなり痛手だろうね。

  3. 匿名 より:

    東京五輪はテストの場で、来年の北京五輪が本番じゃないかね

    • 匿名 より:

      オリンピックは、新機種を貸し出して実戦で使ってもらい購入につなげる場でもある

      • ken より:

        プロが使っているのを見せて、アマチュアの購入につなげる場じゃない?

  4. 匿名 より:

    パラの方が静穏性求められることも多いからミラーレス比率は上がるだろうね。

  5. 匿名 より:

    全体を通してみると、競技にもよりますけどキヤノン6:ニコン3:ソニー1という感じかなと思いますね。以外と前評判ほどミラーレスは伸びなかったように思います。バッテリーや放熱面で、ミラーレスは依然として問題を抱えていると想像します。

    今のキヤノンの躍進は、レフ機のフラッグシップである1DXMkⅢ開発時に将来のミラーレス化を見込んだ機能強化を進めていた事が大きいと思います。R6なんてまん11DXMkⅢですもんね。かたや、D6に像面位相差さえ載せなかったニコンとは対照的です。まあ、一言でいうとニコンの作戦ミスでしたね。

    Z9はEXPEED7へとバージョンアップされるので、ここからがニコンのこれからのプロ用カメラとしての立ち位置を決めるのかなと思います。ただ、Z9の売上げは大きくないでしょうから、本丸はEXPEED7を搭載したZ8のカメラとしての完成度かなと想像しています。

    • 匿名 より:

      >競技にもよりますけどキヤノン6:ニコン3:ソニー1
      そう?今回テレビけっこう見てるけど
      はっきり確認できたのはキヤノンとソニーだけだったわw

  6. 匿名 より:

    だめじゃんニコン。
    せめてこの領域だけは揺るぎない強さを見せないと・・・
    道楽爺だけに支持されるようなブランドでは益々道を踏み外していくぞ。

    • 匿名 より:

      道楽爺が買い支えて この四半期は黒字化したぞ!

    • M-KEY より:

      銀塩末期(EOS-1V vs F5)の段階では拮抗、21世紀になったばかりの頃はD1で先行していたニコンが優位でしたが、
      アテネ時(D2H)には圧倒的にキヤノン(EOS-1Dmk2)に流れ、北京(D3)で少し戻したのですが、その後のロンドン(D4)でも挽回できぬまま、リオ(D5)と続き今に至ります。
      ニコンユーザーの視点だと、D2Hは「キヤノンに買い替えたいレベル」、D3は「ニコンでよかった」、D4は「D3Sで良くない?」、D5は「D3Sからなら買い替えたいけど、D4からは微妙」、D6は「D5からどこが変わったの?」という感じです。
      もちろん実際に使えば、ちゃんと進化していますが、その差分がEOS-1DX系の方わかりやすいです。
      というわけで、他社からの乗り換え動機には弱いし、D3でニコンが増えたのは「元ニコンユーザー」が戻ってきた部分が大きいように感じます。
      現状の「6:3:1」なのか「5:3:2」なのかはともかく、キヤノンはほとんどシェアを落としていないことから前回はほぼ「0」だったソニーはニコンからの移行組が多いでしょう。
      Z 9の登場で、その出来次第では現在α9系やα1と使っているユーザーの一部はニコンに戻る可能性は高いです。
      逆にZ 9が受け入れられなかったら、こうしたプロスポーツの分野はCSの2社寡占になるかもしれません。

      • ken より:

        〉D1で先行していたニコンが優位
        D1はほとんどお試し程度でその時期のスポーツ報道はまだフィルムカメラがメインじゃないかな?
        駅伝のゴールで事前に練習してたカメラマンが「うわ!もうバッテリー切れだ!」って言ってたのを思い出します。

        昨日の卓球の試合後だったかな?
        D5のカメラマンがいましたね。
        D6が「D5からどこが変わったの?」と感じてた方かも?

        • 匿名 より:

          NCほぼ拮抗の銀塩機にD1が上乗せされた様子だった。
          キヤノンベースのコダックのデジタルカメラもあったが、D1が俄然多かった。

        • M-KEY より:

          D1はほとんどお試し程度でその時期のスポーツ報道はまだフィルムカメラがメインじゃないかな?

          デジタルカメラの試験運用というなら長野冬季五輪(1998年)でしょう。
          この時のジャンプの新聞掲載が多くの人の目に触れたデジタル報道写真の最初だと言えると思います。
          2000年のシドニーでは速報性の高い部分はデジタルに置き換わっていました。
          もちろん、当時のデジタル一眼レフのバッテリーライフは短く<クワンタムとか

          ケータイWatch 本日の一品


          のような外部電源は必須でした。
          オリンピックだからといって、すべてのカメラマンが最新機を使っているわけではないです。
          発売前からテスト機が使えるような環境なら本番で最新機種を投入できますが、多くは使い慣れた機種を使い、重要度の低い撮影でサービスデポで借りた最新機種を試用するという感じなのでは?
          そういう部分に今回はキヤノンがEOS R3を投入していると思われます。
          ソニーがα1をどれだけアピールできたか?

    • 匿名 より:

      ニコンはヘリテージデザインのカメラだけで生きていく。

  7. 匿名 より:

    ソニーがプロ(報道)に食い込むにはプロサービスをC・N並にしないと。
    不具合が発生して持ち込んだ際に「そういった使い方は想定しておりません」って断っているようではね。

    • 匿名 より:

      今Nがプロサービスかなり低下してる方が問題

      • 匿名 より:

        修理時の代替品貸出しが新宿のニコンプラザへの持ち込みでしか受け付けなくなったんだよね。
        地方在住の会員は切り捨て。

        • M-KEY より:

          地方在住の会員は切り捨て。

          四国では20年くらい前にサービスステーションが撤退したので、状況は変わりません。
          修理代替での貸し出しも大阪までいく必要がありました。
          年会費が無料になったのはいいとしても、修理代の割引が減ったのは辛いです。
          でも、サービスの低下を感じるのは、そうした目に見える部分ではありません。
          電話での問い合わせ時に以前は症状を伝えたら、すぐに修理の技術者に代わってもらえたのが
          今は、修理票をダウンロードしてそれに記入してから返信を待つようになった事の方が大きいです。

  8. 匿名 より:

    キヤノンはゆくゆくの本命としてR1が控えてんだよね?
    先ずは1D XユーザーにR3を併用してもらう事で現在はフィードバック、データ集めの期間でもあるんだろうな。
    プロユース最大勢力ならではの慎重さ、周到さを感じるよ。

  9. 匿名 より:

    >選手ではなく、水しぶきにピントが合うことも多かった水泳競技でも、今大会はソニーを使用するカメラマンが増えている。
    って事だけど、SONY「瞳フォーカス」ってゴーグルを目として認識するのかな?

    2007年頃、EOS-1D Mark3の「AFミラーの不具合」による「AIサーボの追従性の悪さ」が指摘された時は、NIKONのD3への乗り換えが凄かったけど、EOS-1D Mark IVの頃には、またCANONに戻った人が多かったですね。

    CANONやNIKONのミラーレスへの移行が完了したら、また様変わりするのでは?

    • 匿名 より:

      SONY「瞳フォーカス」ってゴーグルを目として認識するのかな?

      ゴーグルは知らないがイルコさんのグラサンは認識してる。

    • 匿名 より:

      ゴーグルの中の眼にピントが来ている写真をある人のブログで見ましたよ。それも高速で走っている競艇選手の写真で。
      「パノラマヘッドの蔵」というブログに載ってます。

タイトルとURLをコピーしました