スポンサーリンク

APO-LANTHARシリーズ×Z 7IIでポートレート撮影を楽しむコツ。河野流MF撮影術も一挙紹介(デジカメWatch)

コシナ
コシナニコンレビュー(レンズ)
スポンサーリンク
特別企画:APO-LANTHARシリーズ×Z 7IIでポートレート撮影を楽しむコツ。河野流MF撮影術も一挙紹介 
株式会社コシナが手がけるフォクトレンダーブランドのレンズは何かと話題になる製品が多い。そんな数多い個性的なレンズの中で、特に高性能な製品に与えられる「APO」を冠したレンズがあります。「APO-LANTHAR」(アポランター)がそれ。今回、Eマウント用にラインアップしている全4本をZマウントボディで使用する機会を得まし...

【特別企画】
シリーズ全てが味わえるのはEマウントの特権?
Eマウント版とVMマウント版に違いはある?
by 河野英喜

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:

    ピントがきてないカットが多い!!

    この程度でもプロなんだね。

  2. 匿名 より:

    あきらかにピントが来てないのは1カットだね。

  3. M-KEY より:

    わずかに前ピンが

    特別企画:APO-LANTHARシリーズ×Z 7IIでポートレート撮影を楽しむコツ。河野流MF撮影術も一挙紹介 
    株式会社コシナが手がけるフォクトレンダーブランドのレンズは何かと話題になる製品が多い。そんな数多い個性的なレンズの中で、特に高性能な製品に与えられる「APO」を冠したレンズがあります。「APO-LANTHAR」(アポランター)がそれ。今回、Eマウント用にラインアップしている全4本をZマウントボディで使用する機会を得まし...


    手前でなく奥の方の眼っぽいのが

    特別企画:APO-LANTHARシリーズ×Z 7IIでポートレート撮影を楽しむコツ。河野流MF撮影術も一挙紹介 
    株式会社コシナが手がけるフォクトレンダーブランドのレンズは何かと話題になる製品が多い。そんな数多い個性的なレンズの中で、特に高性能な製品に与えられる「APO」を冠したレンズがあります。「APO-LANTHAR」(アポランター)がそれ。今回、Eマウント用にラインアップしている全4本をZマウントボディで使用する機会を得まし...


    特別企画:APO-LANTHARシリーズ×Z 7IIでポートレート撮影を楽しむコツ。河野流MF撮影術も一挙紹介 
    株式会社コシナが手がけるフォクトレンダーブランドのレンズは何かと話題になる製品が多い。そんな数多い個性的なレンズの中で、特に高性能な製品に与えられる「APO」を冠したレンズがあります。「APO-LANTHAR」(アポランター)がそれ。今回、Eマウント用にラインアップしている全4本をZマウントボディで使用する機会を得まし...


    特別企画:APO-LANTHARシリーズ×Z 7IIでポートレート撮影を楽しむコツ。河野流MF撮影術も一挙紹介 
    株式会社コシナが手がけるフォクトレンダーブランドのレンズは何かと話題になる製品が多い。そんな数多い個性的なレンズの中で、特に高性能な製品に与えられる「APO」を冠したレンズがあります。「APO-LANTHAR」(アポランター)がそれ。今回、Eマウント用にラインアップしている全4本をZマウントボディで使用する機会を得まし...


    特別企画:APO-LANTHARシリーズ×Z 7IIでポートレート撮影を楽しむコツ。河野流MF撮影術も一挙紹介 
    株式会社コシナが手がけるフォクトレンダーブランドのレンズは何かと話題になる製品が多い。そんな数多い個性的なレンズの中で、特に高性能な製品に与えられる「APO」を冠したレンズがあります。「APO-LANTHAR」(アポランター)がそれ。今回、Eマウント用にラインアップしている全4本をZマウントボディで使用する機会を得まし...


    特別企画:APO-LANTHARシリーズ×Z 7IIでポートレート撮影を楽しむコツ。河野流MF撮影術も一挙紹介 
    株式会社コシナが手がけるフォクトレンダーブランドのレンズは何かと話題になる製品が多い。そんな数多い個性的なレンズの中で、特に高性能な製品に与えられる「APO」を冠したレンズがあります。「APO-LANTHAR」(アポランター)がそれ。今回、Eマウント用にラインアップしている全4本をZマウントボディで使用する機会を得まし...


    特別企画:APO-LANTHARシリーズ×Z 7IIでポートレート撮影を楽しむコツ。河野流MF撮影術も一挙紹介 
    株式会社コシナが手がけるフォクトレンダーブランドのレンズは何かと話題になる製品が多い。そんな数多い個性的なレンズの中で、特に高性能な製品に与えられる「APO」を冠したレンズがあります。「APO-LANTHAR」(アポランター)がそれ。今回、Eマウント用にラインアップしている全4本をZマウントボディで使用する機会を得まし...


    特別企画:APO-LANTHARシリーズ×Z 7IIでポートレート撮影を楽しむコツ。河野流MF撮影術も一挙紹介 
    株式会社コシナが手がけるフォクトレンダーブランドのレンズは何かと話題になる製品が多い。そんな数多い個性的なレンズの中で、特に高性能な製品に与えられる「APO」を冠したレンズがあります。「APO-LANTHAR」(アポランター)がそれ。今回、Eマウント用にラインアップしている全4本をZマウントボディで使用する機会を得まし...


    ですが、いずれも写真集などで使うなら充分に許容範囲というか手持ちMFで
    これを「ピントがきていない」というのは酷でしょう。
    等身大パネル以上だと気にする人は気にするレベルですが、そこまでのピント精度を
    求めるなら、三脚使用で、モデルの頭も固定する必要があります。
    それに、ミラーレス機の拡大表示ならともかく、レンジファンダーでの限界でしょう。

    • 匿名 より:

      わずかに前ピンが
      これは後ピンでは?奥の髪にピントが来てるように見える。

      • 匿名 より:

        後ピンですね。
        というか、右目と左目の間の右目寄りにあるようです。
        これはレビューだからいいのですが、実際には両目が被写界深度に入る絞り値で撮りたいです。

  4. 匿名 より:

    んーこれコシナがこの企画のためにEマウント版貸してくれたってことなの?
    35mmと50mmはそれぞれのセンサー前フィルタースタックの厚みにあわせて調整されてるという触れ込みだから、Zに適合するのはMマウント版のほうだと思うんだけど。今回はポトレだから影響はあまりないだろうけど(厳密にはピントピークの立ち方が違えてあるらしいけど)。

    • M-KEY より:

      前ピンと指摘したショットもジャスピン位置を手前の目とすれば若干の後ピンですね。
      ピントのピークが両方の目に来ないで横の髪にあったので勘違いしていました。

      Mマウント版をアダプターでZにつけた時にどうなのか?もみてみたいです。

タイトルとURLをコピーしました