スポンサーリンク

富士フイルム、Xシステム次期フラッグシップモデルは積層型のX-Trans CMOSを搭載。投入は2022年か(デジカメWatch)

(新製品)システムカメラ
(新製品)システムカメラ富士フイルム
スポンサーリンク
富士フイルム、Xシステム次期フラッグシップモデルは積層型のX-Trans CMOSを搭載。投入は2022年か 
富士フイルムは9月2日、かねてより予告していたとおり、YouTubeを通じて「X Summit PRIME 2021」を配信した。

by 宮澤孝周@デジカメWatch

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:

    フラッグシップの一つであるX-pro3の後継機が気になる。
    あのヒドゥン液晶がどう進化するか注目してます。
    現行と同じでいくのか、思い切って液晶をやめてEVFのみになるか、pro2のような普通に戻るか・・・
    私的には液晶やめてもいいと思っています。
    ヒドゥンは中途半端だったな。

    • 匿名 より:

      流れ的にはOVFをやめる方向だと思う。なんでレンジファインダーが滅びたかを忠実に辿ってるよなって。

    • 匿名 より:

      万人受けは狙ってないとはいえ、売れ行きはフジの想定内なのか想定外なのか・・。

タイトルとURLをコピーしました