スポンサーリンク

キヤノンに聞いた「EOS R3」一問一答(その1)(デジカメWatch)

キヤノン
キヤノンレポート
スポンサーリンク
キヤノンに聞いた「EOS R3」一問一答(その1) "3"の立ち位置、積層CMOSのメリット、視線入力が復活した理由など
11月下旬に発売されるミラーレスカメラ「EOS R3」の気になるポイントについて、キヤノンの回答をもとにお届けする。今回は触れていない部分や、より詳しい部分についても、回答が得られ次第、順次お伝えする予定だ。

“3”の立ち位置、積層CMOSのメリット、視線入力が復活した理由など
コンセプトや立ち位置について
デバイス関係
視線入力とAF
by 鈴木誠@デジカメWatch

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:

    従来の基準ならフラッグシップで差し支えないだろうが、今の基準ではもっと高い次元を狙わなければならないのでR3はハイアマチュア用ですという尺度が凄いねえ。
    R5とR6でハードル上げ過ぎちゃって、この先大変だろうにと思っていたけど杞憂でした。

  2. 匿名 より:

    視線入力、撮影スタイルによっては結構使えそうな感じですね。
    一旦は進展を諦めたかに思えた機能ですが、時を経てミラーレス化により機が熟したという事でしょうか?

タイトルとURLをコピーしました