スポンサーリンク

XF35mmF1.4 Rとの違いも描写チェック。新旧標準レンズの特徴とは――富士フイルム XF33mmF1.4 R LM WR(デジカメWatch)

レビュー(レンズ)
レビュー(レンズ)富士フイルム
スポンサーリンク
新製品レビュー:富士フイルム XF33mmF1.4 R LM WR XF35mmF1.4 Rとの違いも描写チェック。新旧標準レンズの特徴とは
富士フイルムから、APS-Cサイズセンサーを搭載するXシリーズカメラ用のレンズとして、「XF33mmF1.4 R LM WR」が9月29日、ついに発売となりました。焦点距離33mmは、35mmフルサイズに換算すると50mmに相当しますから、いわゆる“標準レンズ”として慣れ親しんだ画角となります。今回はX-T4とともに気...

【新製品レビュー】
なぜ今あらためて「標準レンズ」なのか
レンズの概要
外観と操作性
2本のレンズを撮り比べてみる:遠景の場合
2本のレンズを撮り比べてみる:近接側の場合
XF33mm F1.4の描写を様々なシーンでチェック
by 曽根原昇

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:

    大きさこんなに違うんだね。
    pro3とかE4だとコンパクトな35/1.4を使いたいな。

    • 匿名 より:

      23mmF1.4も「LM WR」は巨大化しています。
      当面は並行販売でしょうが、旧タイプはすでに生産は完了し流通在庫のみのハズなので、
      小型軽量を重視するなら、今のうちに買っておいた方がいいでしょう。
      それか、割り切ってF2にするか。

  2. 匿名 より:

    35/1.4は描写は気に入ってるけど、絞り羽根のチキチキ音が耳障りで使ってて嫌になることがある。
    こっちも買ってしまうんだろうな。

タイトルとURLをコピーしました