スポンサーリンク

ニコンミュージアムで「開発者が語る NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noctの魅力」を上映。レンズの解説や作例映像も(デジカメWatch)

ニコン
ニコンレポート
スポンサーリンク
ニコンミュージアムで「開発者が語る NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noctの魅力」を上映。レンズの解説や作例映像も 
株式会社ニコンが運営するニコンミュージアムは9月29日、「開発者が語る NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noctの魅力」の上映を開始した。館内の70型8Kモニターで視聴できる。

by 宮本義朗@デジカメWatch

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:

    Noctをアピールしたところで
    どれだけZへの誘導効果があるだろうか。
    そんなところへ金使ってて大丈夫?

  2. 匿名 より:

    スペックや性能がすごいのは分かるけれど、値段もすごいでしょ。普通の人がホイホイ買えるものではないし、買ったからといって気軽に持ち出せるものでもない。Zマウントの象徴的なレンズであって、技術屋さん達にとっての金字塔でしかない。失礼な言い方をすれば自己満足に過ぎない。このレンズを使いたいからZシリーズに移行するなどという好事家がどれだけいるのかな?

    • 匿名 より:

      せめてAFなら、金に物を言わせて買う爺に売れただろうに……

    • M-KEY より:

      一般に多く売るような性格のレンズではなく、リースとかレンタルで法人購入がメインでしょう。
      実際に、ニコンの想定よりは引き合いはあったようですが、やはり順番としては一般のカメラファンが買えるレンズを優先して欲しかったです。
      Zマウントの優位性を示すには50mmF1.2があれば充分で、58mmF0.95は「開発発表」でよかったかも?

  3. 匿名 より:

    デカいマウント作ったぞ、ヤッホー! と作ってしまったレンズ。

    • 匿名 より:

      Fマウントにおける積年のうさ晴らし的な?
      先に必要だろってレンズが他に沢山ある中、最優先に近いくらいの勢いだったからねえ。

  4. 匿名 より:

    こういうのもアリだと思うけど出すタイミングがね。
    新マウントの初手でこれだとユーザーの方を向いてない印象を受けてしまう。

  5. 匿名 より:

    いきなりラスボス登場みたいな・・・。
    漫画やゲームだったら、?がつく展開だね。
    こいつが一番強いみたいなの先に出しちゃった。
    途中でイメージの違うキャラも出てきたし。
    ジャンプ漫画だったら打ち切りだな(笑)
    キヤノンを見てみなよ。
    キャラがどんどんパワーアップしてゆく。
    さらなる強者の出現も予感させる。
    王道だね。やっぱりキヤノンは商売がうまいよ。

    • ken より:

      〉いきなりラスボス登場みたいな・・・。
      ジャンプ漫画だったら打ち切りだな(笑)
      『呪術廻戦』の両面宿儺ってラスボスじゃないの?

  6. 匿名 より:
    • 匿名 より:

      いや、共通してるのは大きいということだけで、利便性は全然違うでしょ。

      • 匿名 より:

        確かにRFレンズにおけるチャレンジ精神はこれまでに無かった新しい提案でユーザーサイドにどんなメリットがもたらされるのか?という部分を具現化した製品が多いように思うな。

  7. 匿名 より:

    ニコンの方は、戦艦大和。

  8. 匿名 より:

    キヤノンもEF50mm F1.0とかやったけど、制約がなくなると一度はこういった事をやりたいんだろうな。
    儲かるレンズでも実用的なレンズでもないけど技術を誇示するために出す、みたいな。
    キヤノンは30年以上前にそれをやったけど、ニコンはそれだけ長くFマウントの呪縛があったという事だ。

    • 匿名 より:

      あれって既にEFが一通り出揃っていて、確かに高価だったけど他のレンズと同じような扱いで出てきたように記憶している。
      一応はAFだったし、Z58mmのような仰々しい記念碑的な感じでは無かったような印象だけど。

    • 匿名 より:

      儲かるレンズでも実用的なレンズでもないといって思い出すのはシグマのエビフライだな。べつに呪縛なんてなかったけど。
      あと最初のSD1とかもか。そんなに高くないけど明らかに赤字垂れ流しという意味ではFoveon機全般。

  9. M-KEY より:

    ユーザーにとって必要なレンズよりもシステムのプレミアム性をアピールするレンズを優先したのが間違いでしょう。
    既存Fマウント機ユーザーが買い足す場合に、どういったレンズが欲しいか?
    とか、
    新規ユーザーがシステムを揃える場合に、どうした構成をしたいか?
    そういった部分に全く配慮のないレンズのリリース順だと感じます。
    いまだに24-150mmがなかったり、DXの超広角ズームが不在、
    50mm f/1.8、MC 50mmf/2.8、40mm f2と似たような部分のあるレンズを乱立しても
    買う側としたら、なかなか買いづらいです。
    50mmF2で1/3倍で全長を控えた10万円ほどのレンズがあれば売れそうですし、
    70-200mmもF2.8よりもF4が先でしょう。

    • ken より:

      〉70-200mmもF2.8よりもF4が先でしょう
      それ、あなたが欲しいだけでしょ?
      Fマウントには両方あるんだから、プレミアム性を重視するなら
      より高性能と言われるF2.8を優先させるのは合ってるんじゃない?
      それともFマウントのFL買ったばかりだから
      より高性能とわかっていてもZのF2.8にはなかなか手を出せないからF4が欲しいのかな?
      その気持ちはわかりますが
      僕としてはFLより高性能(と言われている)Zの2.8を使ってみたいです。

      • ken より:

        失礼!M-KEYさんはプレミアム性重視に反対なのでしたね。
        読解力なくてすみません。

        でもせっかく高性能レンズ作れるマウントにしたのだから
        プレミアム性重視の方がいいと思うけど。。。
        Fマウントユーザーが買い足す理由にもなるし。
        あ、100万円の標準レンズは僕はいりませんよ。

        • 匿名 より:

          Zを買う理由で大きいのは、高画質よりも小型軽量だよ。
          Fマウントの高額レンズで画質に不満を持つ者は少ない。
          ミラーレス機の購入理由で大きいのは画質維持で小型軽量化を求める事にある。
          静穏化なんて言うのは一部のプロくらいだ。

          • M-KEY より:

            私の場合、Zの購入の最大の動機は PCニッコールをライブビューのEVFで使いたいでした。
            ミラーレス機は、すでにソニーのシステムで組んでいるので、小型軽量化とか静穏化は実現しています。
            で、実際にニッコールZを購入して、逆光耐性を筆頭にレンズの良さを実感しました。
            明るさはレンズの評価の一部分です。
            ちょっと暗くても取り回しが良くて、絞り開放から安心して使えるレンズとか
            前面に平面フィルターをつけられる超広角というのも「良レンズ」です。

            静音性にかんしては、シャッターのアンチディストーション性能も重要で、現状のZでは
            それを購入理由の上位には上げにくいです。(Z 9待ちです)

          • ken より:

            すみません。
            静穏化が必要な一部のプロです。

            Fマウントで不満がないなら
            マウント大きくする必要がないので
            Fマウントのままミラーレスにすればよかったのかな?
            (EOSのEF-Sみたいに一部互換性ナシで)
            まあFマウントで不満がない方々は多いのかも知れませんが
            より高性能なのができるんならそっちを望むんじゃない?
            例えば4Kで不満はないけど8Kを望んじゃうみたいに。

      • M-KEY より:

        個人の都合ではなく、システムのローンチはシェアを取る必要があろということです。
        プレミアムなレンズを提示するのも重要ですが、顧客の求めるモノを用意するのは、それ以上に重要です。
        58mmF0.95のようなスーパープレミアムは当初は提示だけでいいのです。
        ちょっと無理したら買えそうな50mmF1.2でいいんです。
        70-200mmもキヤノンのように「明らかな小型軽量化」していればF2.8でもいいのですが、
        Fマウント用よりも長く超高性能なのは動体撮影向けのフラッッグシップと同時発表でいいんです。

        • ken より:

          〉58mmF0.95のようなスーパープレミアムは当初は提示だけでいいのです。
          つまり絵に描いた餅でいいと。
          それなら生身がないの飾っとけばいいですね。
          その飾っとく用のレンズ売っても結構売れたかも?

          〉ちょっと無理したら買えそうな50mmF1.2でいいんです。
          無理したら買えそうなのは個人差があるので。。。

          〉Fマウント用よりも長く超高性能なのは動体撮影向けのフラッッグシップと同時発表でいいんです。
          高性能のレンズはフラッグシップ使用者しか使わないと?
          またそれらを使うのは動画撮影用で静止画向けには必要ないと?

          • 匿名 より:

            動体撮影と動画撮影は違うよ

          • 匿名 より:

            ここまで来ると絶対に反論してやるというのが原則みたいになっていて笑ってしまう。

        • 匿名 より:

          >Fマウントのままミラーレスにすればよかったのかな?
          まだこのようなことを言う人がいるのですね。フランジバックの関係で分厚くなる件について、既に語り尽くされていると思うのですが。

          • 匿名 より:

            Fマウントのままっていうのは、ミラーだけ取っ払ったペンタK-01みたいなカメラを想定して言ってるのかなあ?
            そこまでしてFマウント固執する案も、あのニコンのことですからあったかもしれませんが・・・・

          • 匿名 より:

            ミラーだけ取っ払ったペンタK-01みたいなカメラ

            ユーザー側にはそれでいいと主張してる人がそれなりにいた気はするね。
            そのあたりはキヤノンEFも同様でした。

  10. ken より:

    あ。。。
    相当ボケてるみたいです。
    すみません!

    暫く自粛します。

    • 匿名 より:

      >あ。。。
      >相当ボケてるみたいです。
      >すみません!

      F0.95の開放だからね。

      • 匿名 より:

        山田君、座布団一枚差し上げて。

        • 匿名 より:

          春風亭 昇太よりも「山田君」のほうが年上。

          • 匿名 より:

            「山田君」は木久扇師匠に次ぐ古参だったりもする。

          • 匿名 より:

            山田君の前の松崎真さんは燃えよドラゴンにも出演した役者さんでしたね。
            毒蝮三太夫さんもウルトラシリーズと掛け持ちで座布団運びやってたみたいですね。(その頃幼児でした)

  11. M-KEY より:

    ミラーだけ取っ払ったペンタK-01みたいなカメラ

    過渡期なら、それもアリだとは思います。

タイトルとURLをコピーしました