スポンサーリンク

ユージン・スミスのミノルタ——映画「MINAMATA」に寄せて(デジカメWatch)

エッセイ
エッセイ
スポンサーリンク
赤城耕一の「アカギカメラ」 第32回:ユージン・スミスのミノルタ——映画「MINAMATA」に寄せて - デジカメ Watch
ジョニー・デップが世界的な報道写真家ユージン・スミス(1918〜1978年)を演じたことが話題の映画「MINAMATA」を観ました。

【赤城耕一の「アカギカメラ」:第32回】
by 赤城耕一

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:

    このころのミノルタ機のデザインって品があって好きだなあ。
    フジフィルムのミラーレス機あたりに、このテイストを取り入れてほしい。

  2. 匿名 より:

    誰か知っている人教えてください。映画のクライマックス、母と娘の入浴シーンですが、三脚に雲台が無く、三脚のエレベーターに直接カメラが着いていたように記憶しているのですが、ユージン・スミスはそういう使い方をしていたのでしょうか。

    • Picard より:

      そのシーンは、スミスが暴行を受け、怪我のため自分でカメラを操作できないくらいになっていたと思います。
      ですから、付けていても操作できない雲台を外していたのではないでしょうか。
      史実でのスミスはどうであったかはわかりません。

    • 匿名 より:

      31日日曜午後、NHKBS1でユージン・スミスのドキュメント番組が二本放送されるから見てみては?

      • Picard より:

        NHKBSでユージン・スミスの番組を見た。
        ユージンがOLYMPUS PEN FTを構えている画像があった。元妻のアイリーンさんがNikon F2フォトミック(シルバー)を手にとって、これがユージンと私が使っていたカメラです、とインタビューに答えていた。

        史実では、ユージンが入浴する母娘を撮ったのは、チッソ社員から暴行を受けて大怪我をする前なので、映画のシーンは脚色だね。
        どうやってそのシーンを撮影したかは今となっては、アイリーンさんか、当時助手を勤めていた写真家の石川武志氏に直接尋ねるしかないでしょう。

  3. 匿名 より:

    ユージンさんが来日してカメラを置き忘れたか盗まれた逸話は何かで読んだことあります。
    チョートクさんだったか、カメラムック本のコラムだったかはっきり覚えてないのですが、ユージンさんの持参したミノルタ機がなくなってしまい、日本の関係者が、ニコンに相談してカメラを用意してもらったと。本文でも書かれてますが、当時のプロカメラと言ったらニコンの時代でしたので、関係者が気を利かせて、ミノルタではなく、ニコンを用意するのは自然なことでしょう。けれど、それを見たユージンさんが「ありがたいことだけど、私は好んでミノルタを使っている」と言って、用意してもらったニコンを断り、改めてミノルタから機材を出してもらったという話です。いろいろな説がある中で、こちらの話も事実なのかは知るよしもないのですが、ものすごく印象に残る話なので覚えていました。そして、私はこの話がとても好きなんです。

  4. 匿名 より:

    映画「MINAMATA」が、一瞬「MINOLTA」に見えた。

タイトルとURLをコピーしました