スポンサーリンク

そろそろあのカメラの話をしよう(その1)(デジカメWatch)

ニコン
ニコンネタ記事
スポンサーリンク
カメラバカにつける薬 in デジカメ Watch:そろそろあのカメラの話をしよう(その1)
これまでのお話

【カメラバカにつける薬 in デジカメ Watch】
by 飯田ともき

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. ken より:

    趣味という名の自己暗示。。響くねぇ。。

    草野球なのにバッティンググローブや大型リストサポーターを買ってしまった。
    (軟球じゃケガしないって!)
    自動車やアウトドア、ファッションに比べりゃかなり安価ですが。

    あ、カメラの話しないと!

  2. 匿名 より:

    運動会で頑張ってる孫を撮りたいからと、コンデジを買いに量販店に行ったら「運動会を撮るなら一眼レフですよ」と店員の勧められるままに一眼レフと高倍率ズーム(合わせて20万位かも)を買ってきた義父を思い出した。
    運動会当日「やっぱり難しくって俺には分からねえから任せるよ」と渡されたんだけど、こっちはオリンパスOM-D1mk3と12-100ズーム使っていたので義父のカメラは出番なし。
    いまでも持ってるはずですが、押し入れてカビ生えてるのかも。。。

    • ken より:

      義父様からはカメラ購入時になんの相談もされなかったのですか?
      とりあえずカビが生える前に救出してあげて
      それでお子さん(お孫さん)の写真を撮って送ってあげましょう!

  3. 匿名 より:

    『モダン』ももはやもう半周まわってレトロに片足つっこんでる気がする。ただ中途半端な新素材と稚拙な設計で脆いので、単純にモノとしての魅力が薄っすいってだけで。

    • ken より:

      〉単純にモノとしての魅力が薄っすい
      わかる気がします。
      何周回っててもFやF2、F-1あたりと
      F4以降のカメラって威厳というかそういうものが違うと思う。
      (F3やNF-1は微妙。)

      医者の言う「購買力のある独身〜」が正しいのでは?
      でも今更フィルムカメラでもないし
      実用的なデジタルのガワにエセクラシック仕掛けられると手を出してしまう。
      エセだと知っていてもデジタルの便利さは外せない。
      ちなみに独身じゃなくてもそうなんだけど(少なくても僕は)
      購買力は独身の方があるだろうなあ。

      • 匿名 より:

        一応捕捉しとくとレトロも脆いんですよ。開けてみるとわかるけど、こんな華奢な設計今の品質基準なら絶対許されないだろうなぁって思う。
        でも板金部品ってプラと違って曲がるだけなのでまだなんとかなる。
        モダンはホントに滅んじゃいますね。完調ならそれなりにカワイイって評価を得られるんじゃないかと考えてるんですが。

      • 匿名 より:

        購買力は独身の方があるだろうなあ。

        俺の場合、独身だったらヒドイことになってそう。
        いざとなると自動安全ブレーキが働くので、
        (それもかなりキツいやつ)
        安心というか残念というか…。

        • 匿名 より:

          いざとなると自動安全ブレーキが
          あ、それ判ります。

          自分の体内で作動する場合と体外から強制作動する場合と、両方働く場合と・・・。

  4. 匿名 より:

    新しい古いカッコいいダサいで操作系を判断するのは浅薄だと思うよ
    フィルム時代なんて1コマごとにフィルム感度変えたり
    するもんじゃなかったんだからいまとは根本的に
    カメラの操作だって違うし、設定できる項目数も全然違う
    いまのダイヤルに文字や数字が刻んでないのは
    設定で何にでも使えるように対応してるからだし
    複数のダイヤルの表示を確認したうえでいまはこの設定なんだなと
    思うより、背面液晶やファインダー映像にぞのものズバリ
    書いてあるほうがわかりやすいわけじゃない?
    あと、使ってないときにどういう設定になってるかを遠目で確認できるよりも
    ファインダーから目を離さないまま持ち替えもせず操作できるほうが
    重要なわけで、そういう諸々を考えずに「オヤジ世代とおなじもんつかうのは嫌」
    とかで先祖返りさせるのが健全なエンジニアリングとは思えないな

    • M-KEY より:

      使ってないときにどういう設定になってるかを遠目で確認できるよりも
      ファインダーから目を離さないまま持ち替えもせず操作できるほうが
      重要

      これにかんしては個々の撮影スタイルや好みによって違ってくるでしょう。
      バッグから取り出す過程で各ダイヤルの状態を確認、電源を入れて起動する間に
      必要な設定を変更し、起動してEVFが表示した時には、そのまま撮影に入れるのと
      バッグから取り出し電源オン、起動するのを待って各種設定を確認するのと
      どちらがいいか?これは撮影対象でも変わってきますね。

      起動しないとカメラの状態が確認できないのは、使い方を教える時は不便です。
      また、モードによって操作部の役割が変わるカメラも慣れないと使いづらいです。

      α7 IVの露出補正ダイヤル、他に3つもダイヤルがあるので、そこには目盛りが欲しかったです。
      (ロックボタンはあった方がいいですけど)
      フジ機が人気の理由の中に、物理的な露出補正ダイヤルがあると思います。

      • 匿名 より:

        私は目盛りが刻んでなくて良かったと思ってますが

    • ネガティブD800ユーザー より:

      >いまのダイヤルに文字や数字が刻んでないのは

      そういうスタイルになったのもすでに約40年前という・・・。

      >複数のダイヤルの表示を確認したうえでいまはこの設定なんだなと
      >思うより、背面液晶やファインダー映像にぞのものズバリ
      >書いてあるほうがわかりやすいわけじゃない?

      機種やレンズにもよりますが、クラシカル上位機だと電源入れなくても上から軍艦部を一瞥するだけでわかるんですよ・・・。
      その方がわかりやすいという人もいます。

      とはいえ、電源のオンオフに関わらず撮影可能枚数が常に表示される小窓の液晶表示は欲しいです・・・。

タイトルとURLをコピーしました