スポンサーリンク

そろそろあのカメラのはなしをしよう(その3)(デジカメWatch)

ネタ記事
ネタ記事
スポンサーリンク
カメラバカにつける薬 in デジカメ Watch:そろそろあのカメラのはなしをしよう(その3)
これまでのお話

【カメラバカにつける薬 in デジカメ Watch】
by 飯田ともき

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. ネガティブD800ユーザー より:

    α7000のような「来なかった未来感」
    あの時代の未来は輝いていた……、まさかあんなことになるなんて……。

    ほんとにね・・・。

  2. 匿名 より:

    キヤノンT90が出たときは「未来~」って感じたなあ。
    それが今ではキヤノンのヘリテージデザインになっちゃうとは・・・。

  3. ken より:

    6コマ目の矢印と「ちっちぇ」の呟き。
    完全にセクハラだと思ったらカメラのことか。。
    ちょっとハラスメントに敏感になっております。

  4. 匿名 より:

    個人的にはデジカメの復古調デザインはクルマのそれと違って
    古いデザインから新しさを足すわけでもなく
    ただ単に古びたガワを当世のデジカメに着せて
    規格やパーツの違いによる違和感をいかに誤魔化すかという
    低次元なレベルにとどまっているのが
    実にくだらないと思うし、
    当世風のデザインや操作方法がそんなに気に入らないなら
    メーカーが努力すべきは全く見たこともない新しいデザインを
    創造したり、今までにないカメラ操作の可能性を広げる画期的な
    操作方法の確立をすることなんじゃないですかね?
    こんな後ろ向きを喜んではしゃいでる時点で
    所詮スマホにテリトリーを侵食され続ける斜陽の業界に
    過ぎないんだなと再確認させられます

    • M-KEY より:

      単に古びたガワを当世のデジカメに着せて規格やパーツの違いによる違和感をいかに誤魔化すかという低次元なレベル

      DfやPEN-Fは、それに近いかもしれませんが、OM-Dやフジ機、最近のハッセルは違うように思えます。
      昔の機械式カメラには、機能美というかカタチには必然性があり、それを好む人が多いというのと
      カメラの形に対する刷り込みが影響してそうです。
      それに新しいカメラを買ったとしても、それまで使っていたカメラと併用する人が多いから、
      操作ロジックを大きく替えにくいという事情があると思います。

    • ネガティブD800ユーザー より:

      >当世風のデザインや操作方法がそんなに気に入らないなら

      誰がそんなこと言ってるんです?
      自分の周りではそんな声を聞きませんが・・・。

      自分もむしろクラシカルな操作系を好んでいますが、だからといってデジタル操作系を否定もしません。

      >メーカーが努力すべきは全く見たこともない新しいデザインを
      >創造したり、今までにないカメラ操作の可能性を広げる画期的な
      >操作方法の確立をすることなんじゃないですかね?

      それを志したいくつかのカメラが消えていったなあ・・・。
      EOS600系列とかα-◯xi系列とかF50とかF70とか・・・。

      長年操作系が極端に変わらない例として自動車が挙げられると思いますが、新しいVWゴルフ8の操作系はまさにスマホ化して物理スイッチを無くしたのに、従来からのユーザーから批判的な意見も多いようです。
      一方プジョーはEV車でもインパネ操作系はエンジン車と同じで物理スイッチが鍵盤のようにずらりと並び、デザイン的にも面白みがあります。(これは個人の感想です。)

      ゴルフの次の世代でまた物理スイッチが戻っていたら笑いますね。

      • 匿名 より:

        面白味、ねえ…
        べつにプジョーに限らないけど、ああいう触感で区別できない
        同じようなスイッチの等間隔配置こそ粗悪デザインの典型なんだけどね
        ドライバーが運転中にスイッチに目をやらずに操作を完了する
        いわゆる「手探り操作性」の追求をやめてしまったのが
        最近の自動車業界の悪しき傾向だよ
        ほかにも大型ディスプレーのタッチパネル操作とか、実際はコストダウンのために
        やってるんで人間工学無視の流行りもへったくれもあったもんじゃない

        • 匿名 より:

          人間工学無視の流行りもへったくれもあったもんじゃない

          プリウスのシフトセレクターもそうだね。

          • 匿名 より:

            セレクターと人間工学がどう関係するか言ってみw

          • M-KEY より:

            自動車における操作性は「走行時に操作するもの」と「停車時に操作するもの」に分ける必要があるでしょう。
            そして、両者とも説明書なしで基本的な操作が可能であることが重要です。
            走行中に操作することが要求されるオーディオのON/OFFや音量、空調の風量・温度・内気循環の切り替えなどはブラインドタッチが可能なのが最低条件でしょう。
            近年のプジョーがどうなのかは知りませんが、バブル期の国産上級車は、そうしたスイッチが碁盤状に等しく並んでいて、操作に目視が必要なモノでした。
            プリウスのシフトセレクターも常に操作部がホームポジションに戻る仕様の為、ブラインドタッチではポジションが判らず、メーター内のインジケーターを見る必要があるので、走行時に操作する装置としては問題があると思います。

            給油口やボンネットの開放レバーやヒューズのありかなど停車時に操作するモノでも「探さないと見つけられない」のは困ります。

          • 匿名 より:

            従来のセレクターも表示見ないとポジションなんかわからんぞ?

          • 匿名 より:

            >給油口やボンネットの開放レバーやヒューズのありかなど停車時に操作するモノでも「探さないと見つけられない」のは困ります。

            その開放レバーが並んでいるんで、
            スタンドで間違ってボンネット開けちゃうときある。いまはセルフが多いんで
            恥ずかしい思いはしてないけど。

          • 匿名 より:

            従来のセレクターも表示見ないとポジションなんかわからんぞ?

            階段型ゲートなら見なくても大丈夫。

          • 匿名 より:

            社用車のそのゲート式セレクターで日々Nに入れたりSに入れたりしてるのが俺だ。年に2度くらい乗る別の社用車のプリウスのほうがまだ手探り操作性はいい。プライベートではMTだったりして、そうなると手癖で乗るのはどの方式だろうが危険なんだよ。
            自動車に限らないが、人の安全にかかわる機械を説明書なしで扱おうとするな。現場猫かよっての。

            猫のフリ見て・ご安全に | ポスター | 中災防:図書・用品
          • 匿名 より:

            日々Nに入れたりSに入れたりしてる

            Nって……

          • M-KEY より:

            オートマチック車で「N」ポジションを積極的に使うことって「ほぼ皆無」でしょう。
            渋滞で後続車をブレーキランプで幻惑させないためと、牽引されるときくらいしか思いつきません。
            逆に、登坂時のスムースな加速やエンジンブレーキの為の「S」や「B」というモードは多用します。
            この時に「ゲート式シフトレバー」だと、シフトインイケーターを見ずとも現在のモードが判るので
            MTに近い感覚で操作することが可能です。
            プリウスのような回生ブレーキ付き車では、ワンペダル操作での減速が可能なので、
            シフト操作でのエンジンブレーキの必要性はなくなるので問題はないかもしれませんが、
            車種独自の操作方法だと咄嗟の場合の誤操作を誘発するリスクが出てきます。

          • 匿名 より:

            ブラインド操作性ってんなら基本どのポジションにもワンクリックでいけるプリウスのほうが上だし、ゲート式なら手探りでもD,2(S),L(B)の区別がつくわけでもない。言ってることめちゃくちゃですよ?
            まあだいたいわかったけど、要するに決まった車しか普段乗らないんだな。そのことはもちろんいいんだけど、その車に慣れた者の視点でしか語ってないのにそれに気づいてない。
            実際は、セレクターレバーはきちんと視認したうえでひとつひとつ確実に操作するの。ゲート式だから見なくてもヨシ!じゃないんだよ。そうじゃないとNやSに入ったりするんだよ普段PRNDの並びなんてなじみない人もいるんだから。
            あとMTに幻想を抱きすぎ。ブラインド操作ができますったって、実際はギアが確実に入ったのを確認するために2度3度とレバー操作してるしニュートラルで左右に振ってるし、インジゲーターないから見れないだけで、4と6あたりは一般道真っ直ぐゆっくり走ってたらあんまり区別なんてつかないからメーターのぞき込んでスピードメーターとタコメーターの見比べっこしたり幻の7速に入れようとしたりしとるわ。

          • M-KEY より:

            セレクターレバーはきちんと視認したうえでひとつひとつ確実に操作する

            この「説」は初めて聞きました。
            初見の車種の場合はシフトパターンを確認しますが、普段はシートポジションやミラー調節の時にシフトレバーの各ポジションの位置も身体に覚え込ませます。
            幸い、乗り物の場合は、カメラと違って同時に2台の操作をする事はないので混同しづらいです。

            古いタイプのPRND21の直列のATでも、レバーの位置でポジションは判ります。
            でも、「2」から「D」にする時に行き過ぎて「N」に入ってオーバーレブしそうになる事があるのですが、ゲート式だと、そういったリスクがないというメリットがあります。
            MTでもATでもレバーの目視でシフト位置を確認することはありませんね。

            ギアが確実に入ったのを確認するために2度3度とレバー操作してるしニュートラルで左右に振ってる

            まず、そういった操作を走行中にすることはありません。
            レバーを振ってニュートラルを確認する事はありますが、点検や整備などで運転席に座らずにからエンジンを始動する時くらいですね。
            ジムカーナなどではタイム短縮のためにセカンドからサードに斜めに入れる人がいますが、私はセカンドからニュートラルでレバーが中立に戻るのを確認してサードに入れていました。
            シフトダウンの時はダブルクラッチで回転を合わす(つもり)で吹かすとレバーが希望ギアに吸い込まれるような感触で、これはバイクのミッションに共通していました。
            4輪の場合は、MT/AT問わずレバーの位置で何速に入っているか?は判る方が運転しやすいです。
            2輪の場合でも、車種によってはメーター内にシフトインジケーターがありましたが、これを走行中に見る必要はあんまりありませんでした。
            ニュートラル立って感触で判るし、わかりにくい場合は半クラで確認すればいいだけです。

            ま、最近のメルツェデスのようにウインカレバーと間違いそうなレバーよりは、まだプリウスの方が良心的だと思いますが、ポジション確認が目視頼みなのは疑問です。

          • 匿名 より:

            そうやって操作法を覚えてるってんならなおのことプリウスの操作方法でも問題ないやろ。
            目先の文言だけで反論しようとするからそういうアホなことになるんやで。
            帰れw

          • 匿名 より:

            プリウスと同じハイブリッド専用車の初代アクアは、シフトレバーがゲート式でした。
            これを見たとき、プリウス式シフトセレクタへの反省か? と思いましたが、先日デルチェンジして新型になったら、プリウス式に変わりましたね。

            個人的には「う~ん」ですがトヨタハは無問題と結論付けてるんでしょうね。

    • 匿名 より:

      斬新なデザインや操作性がユーザーが受け入れやすいものであればいいが、
      メーカー側の独りよがりになってしまっているのがほとんど
      最近のソフトやアプリなんて開発時点でモニターを起用してテストしてない
      としか思えないくらい使い勝手が悪いし

    • 匿名 より:

      >今までにないカメラ操作の可能性を広げる画期的な操作方法の確立

      積極的と消極的なメーカーはあるように思うがそれぞれ何かしら研究はしてると思うよ。
      でもそう固い事言わずに現状を受け入れ楽しんでしまえば良いんじゃない?
      温故知新という言葉もあるんだし、トレンドと理想と現実の中でメーカー毎に模索してる感じがまた面白いじゃないか。

      • M-KEY より:

        今までにないカメラ操作の可能性を広げる画期的な操作方法の確立

        モード切り替えや露出補正は、コマンドダイヤル派と独立した物理ダイヤル派に分かれていますね。
        レンズの距離指標もデジタル表示が増えてきました。

        • 匿名 より:

          一時期2つのキー(ボタン)でアップダウンなんてのがあったね。
          MEスーパーとかα7000とか。
          キヤノンT70もそうだったな。A-1で既に電子ダイヤルを実現してたのに。
          マイコンとかファミコンの時代だ。
          あのころはボタンとか、キー操作の方が斬新だったんかな・・・
          今にして思うと操作しやすいとは言えなかったな~。

          • M-KEY より:

            ペンタ645がMEスーパーの後継であるSuperAの操作系を踏襲していました。
            当時としては「新時代感」のある操作性だったんですが、次機種の645Nではダイヤル主体の操作性に改められています。

            ミノルタのα-7 Xiやα-9xiもダイヤル満載のα−7・α-9へと物理的な単機能ダイヤル主体の操作に移っています。

            撮影ジャンルや好みにもよりますが、電源を入れて情報を読みに行かなくとも、外から見ただけで設定状況が見える方が使いやすいと考えます。

          • 匿名 より:

            MEスーパーの系列だったプログラムA使ってました。
            数年使用後少し間が空いて、久しぶりに持ち出したらあのアップダウンボタンの接触がおかしくなっていて、反応しなかったりワンプッシュで2、3段飛んだりと、新品の時から懸念していた通りの不具合が出て笑っちゃった記憶があります。

  5. 匿名 より:

    カメラの形ってのもファッションと一緒なんじゃないかな。
    いろんな流行があって、レトロになったり未来的になったりコンサバになったりアバンギャルドになったり、
    天然素材に化学繊維、新素材・・・。
    次々に移ろうけど、どう変わろうが服は服。着る人間の形が変わらないんだからね。
    この漫画の前の話で看護師さんが言ってたじゃない。
    「ウルライカから真の意味でのデザインは変わっていない」って。

  6. M-KEY より:

    銀塩末期の「ブリッジカメラ」と呼ばれた一連の機種だけでなく、デジタルカメラの黎明期にはコンセプトも含めた「新しいデザイン」のカメラが登場しましたが、市場は従来のカメラに準じたカタチを支持しました。
    いわゆる「ミラーレス機」も、レンズ一体型の超高倍率ズーム機も結局は一眼レフスタイルが主流になっています。

    • 匿名 より:

      >黎明期にはコンセプトも含めた「新しいデザイン」のカメラが登場しましたが、

      ニコンのスイバル機を1インチセンサーにして
      復活させたら面白いと思うな。

      • 匿名 より:

        何の番組だったかは全く思い出せないけど、地方紙の記者がニコワン使ってた。あのカメラ、出すのが早すぎたのかもね。

        • M-KEY より:

          ニコワンは、出るのが早すぎたというより、ブレまくりだったのが・・・
          オールウェザー特化として育てたら需要はあったと思うのに、放置がもったいないです。

        • 匿名 より:

          というかニコワンは諦めが早すぎた気もするが。。。
          地道に継続させていけば独自なシステムの面白さからコアなファンも付いた気はするんだけど、リソースをZマウントに全振りしちゃったんだろうなあ。

          • ken より:

            ニコワンは早々に諦めてくれてよかったです。
            グダグダしてたらZが遅れたかも?

            ただV1、V2のデザインは好きです。
            V1デザインでZ作ったら面白かったかも?

            ウチのV2(中古)はコンデジとして余生を送っております。Q買わなきゃよかった。

          • 匿名 より:

            10-40mmが出たらニコワン買おうと思って見てたたけどその前に終わっちゃったな。
            特に接写なんか1インチのピント深度が個人的にはちょうどいいと感じるので、わりと気にはしてたんだが。

          • 匿名 より:

            ハシゴを外されたユーザーは色々思うところあるとは思うが、戦略として必要な判断だったのだろう。
            やめるならせめてDLシリーズは出して欲しかったけどね。

  7. 匿名 より:

    >やめるならせめてDLシリーズは出して欲しかったけどね。
    DLもそうだけどCOOLPIX Aももっと熟成してくれたら…

    • ken より:

      個人的な意見ですが正直、DLは出なくてよかったと思う。
      1型のVが失敗してんのにって感じてました。
      センサー大量購入して企画せざるを得なかったのかな〜?とも。。

    • M-KEY より:

      COOLPIX A(APS-C)は、動作のもっさり感がなんとも。
      せめて内蔵EVFだったら、老眼力を備えたニコ爺に支持されていたのに・・・
      DLも同様のもっさり感だったら出なくて正解なんでしょうけど
      ニコワン並のキビキビさだったら、ライバル不在の「18-50」はヒットしていたと思います。
      KeyMissionも結果としては散々なモノでしたが、育てずに諦めたのは勿体なかったと感じます。

      • ken より:

        〉ライバル不在の「18-50」
        需要がないからライバル不在だったりして?

        • 匿名 より:

          単焦点コンデジだと
          FF換算28㎜から35㎜が多いけどズームだと望遠域を伸ばした物が多い。
          でも交換レンズで考えると広角域に特化した物も多い訳で
          そう考えると広角域に特化したコンデジがあっても良いのでは?と思うのだけど
          自分も含めそこに需要が無いと感じてしまっているのは面白い所ですね。

          • 匿名 より:

            ケンちゃんは24mmより広角は要らない人だから。

          • 匿名 より:

            >FF換算28㎜から35㎜が多いけどズームだと望遠域を伸ばした物が多い。

            フィルム時代なんかは望遠ほど偉いみたいな人が多かったんだよね。
            暗黒ズーム機が大量発生したのもそのせい。
            今は広角が当たり前になって単焦点35ミリじゃ狭いなんていう時代。
            でもズームコンパクト買う層は、多くが
            いまだに望遠が偉いなんて思ってそう。
            高倍率は人気のようだし。
            メーカーはそのへん敏感だよ。

          • ken より:

            〉ズームコンパクト買う層は、多くが いまだに望遠が偉いなんて思ってそう。
            カタログや店頭の倍率だけの作例見ちゃうと、運動会や学芸会撮れそうと思っちゃいますからね。カメラを全く知らないと。
            暗黒ズームは酷かったな。高感度フィルムやストロボ前提だったもんね。
            で、距離が離れる(望遠が必要な)とストロボは届かないと。。、

          • 匿名 より:

            >ズームコンパクト買う層は、多くがいまだに望遠が偉いなんて思ってそう

            デジタル以降もテレ端への拡張は化け物クラスになるまで続いてきたが、豆粒センサーを活かしてポケットサイズ機ですらテレ端が光学ズームによる超望遠カバーが当たり前になったね。
            メーカー側としてもコンデジのようにコスト面などの制約が多いものは失われるものが増えたとしてもテレ端を伸ばするのが手っ取り早いんだろう。
            客に倍率何十倍とか謳ってアピール出来るからね。

            ところで超広角ズームの1型機が出ていたら自分はおそらく購入していたと思う。

  8. M-KEY より:

    配信などで「背景も活かした自撮り」をするには24mm相当だと狭い事が多く、超広角のアクションカメラが重宝されている現状をみると「需要がない」とは思えません。

    • ken より:

      個人的にはレンズ交換式なら17ミリくらいまで要りますが
      1型コンデジで18ミリは静止画用カメラとしてはあまり需要はないのかもと。。
      GR21もそれほど数が出たとも思っていません。
      しかもあれは今で言うフルサイズだしね。
      超広角のアクションカメラとしても動画なら防水で耐久性の高い先駆者があるので
      わざわざコンデジ(しかも高価)で出す必要もなかったのかな。。と。

      自撮り配信用だったらiPhoneなどのスマホの持ってるユーザーが多し
      その為に高価なコンデジ買うかなぁ。(安い一眼レフやミラーレスで十分かな)

      • ken より:

        あ、あくまで個人的意見ですよ。
        当然、超広角ズームコンデジが欲しい方々もいらっしゃると思いますが
        それが商売になるほどの数が出るかってのが「需要」です。
        「需要」があるならニコン以上の力があるメーカーが黙ってないと思うのですが。。。
        (それで大ヒットしちゃったら「それ見た事か!」となるんですけどね)

        • 匿名 より:

          国内メーカーが手を出さないドローン、ヒットしてるよね?

          • ken より:

            ドローンって国内メーカー無いんでしたっけ?
            ググったらいくつか出てきたけど。

  9. ken より:

    〉〉結局は一眼レフスタイルが主流になっています。
    一眼レフスタイルと言っても基本的な絞りとシャッタースピードの操作系ではEOS(T90)とそれ以前に別れるんじゃないかな。
    たまにMZみたいな先祖返りが現れるけど結局EOS系に戻っている。
    そう考えるとCanon凄い。

    • 匿名 より:

      でもキヤノンは電源スイッチの場所がなぁ…

      • ken より:

        それが謎。
        出始めはともかく、現状の技術ならシャッター周りに着けられるんじゃないかな?
        単にニコンのマネをしたくないだけ?

      • 匿名 より:

        レフ機ではあの電源スイッチも常時ONで、シャッター半押しで即お目覚め、使用後は勝手にスリープという使い方でバッテリー消費なども全く問題なかったが、ミラーレス以降は残量も気になるので撮影後はこまめに切りたいと考えると確かにベストな位置とは言えないですよね。
        とはいえもう慣れちゃってEOSを持った時は手が勝手に動くので特に不便とまでは言えませんが。
        友人のOMユーザーもメインスイッチの件はそんなん慣れだよ慣れ・・・と言ってました。

        • M-KEY より:

          キヤノンの上位機の電源スイッチの位置は銀塩の頃から気になっていました。
          (EOS-1なんて冬季は今のミラーレス機以上にバッテリーが保ちませんでした)
          でも、NewF-1のモータードライブやAシリーズ、そしてKiss系の電源スイッチはデジタルになっても「右手操作」です。
          ソニーもα900はミノルタXEみたいな位置に電源スイッチがありましたが、Eマウント機ではレリーズボタン周りに移動しています。(パワーズーム機は除く)
          左手操作の電源スイッチは「慣れの問題」ではあるのですが、パワーセーブの為に頻繁に操作するには「使いづらい」のは間違いなく、これは再生ボタンも同様です。
          一眼レフ(EVF無のミラーレス機も)であれば、再生時は背面モニターを見るので左手操作でも問題ありませんが、EVFを覗きながら再生可能なミラーレス機の場合は右手操作の方が使いやすいです。
          ニコンZ 9もZ7IIとは違いデフォルトで右手操作になっています。

          • 匿名 より:

            電源に限らず、位置は大きな問題じゃない。
            特に同じ流れでシリーズ継続している機種ならボタンやスイッチの場所をモデルの度にコロコロ変更されるのが一番面倒。
            操作頻度の高いようなものはなるべく首尾一貫していてほしい。
            メニュー画面などUIも理想を言えばそうだけど、機能追加や変更による視認性改善などもあり、あれは仕方ないと思っているが。

  10. M-KEY より:

    いつの間にか国内メーカーは「需要があるかどうかわからないモノ」に消極的になっている印象です。

  11. M-KEY より:

    特に同じ流れでシリーズ継続している機種ならボタンやスイッチの場所をモデルの度にコロコロ変更されるのが一番面倒。

    EOS-1D系の電源スイッチや一眼レフの再生ボタンが左手操作なのはいいんです。
    ミラーレス化で運用実態が変わっているのに、それに対応しない点を問題視しています。
    ニコンでいうとZ 50の再生ボタンは右手操作なのにFX機が左手操作と、同時期の機種でも違います。
    メニュー画面は、UI改善で変更しても従来法式も選べるとベターだと思います。

  12. 匿名 より:

    ..EOS-1D系の電源スイッチや一眼レフの再生ボタンが左手操作

    ?? 電源スイッチは右手親指操作だと思うが。 銀塩のEOS-1からほぼ同じ位置だ。
    https://cweb.canon.jp/eos/lineup/1dxmk3/image/index-gallery-img-06.jpg

    • 匿名 より:

      触ったことがないカメラやレンズでも「シッタカ」で書くのが あの人だからね(笑) 間違いは数限りない。

    • 匿名 より:

      ?? 電源スイッチは右手親指操作だと思うが。

      右手でグリップを保持して左手人差し指で操作してたが。サブ電子ダイヤルの操作点のはるか下なのに、右手親指でよく指が吊らないな。グリップを握らないなら親指を使う必要もないし。

      銀塩のEOS-1からほぼ同じ位置だ。

      銀塩のEOS-1ならなおさら厳しいんじゃないか?

      • 匿名 より:

        >右手でグリップを保持して左手人差し指で操作してたが。
        変なやり方だな。左手でレンズを保持して 右手で電源を入れるんだよ。小さくて軽いレンズしか使ったこと無いのかな?

        • 匿名 より:

          左手でレンズ保持、右手の指でスイッチ操作してからグリップを握る、だね。

        • 匿名 より:

          だからそれも、両手を使わないと電源スイッチが入れにくいと言ってることに気づけよ。1D系の左手スイッチ問題は昔から有名なのに、知らない人いるんだね。

        • 匿名 より:

          というより実物を触ったことが無いんだよ。

          • ken より:

            数年前ですがCanon使いの某戦場カメラマンの方を取材してとき
            記念の意味を含めてそのEOSで撮ってもらえますか?と言われたけど
            恥ずかしながらフルオートにして撮りました。
            もっと前にヨーロッパに仕事で行ったとき
            現地のスタッフに撮って下さいとF70を渡されたときも慌てたな。
            同じメーカーなら基本操作は変えないでほしいなあ。。。

          • M-KEY より:

            銀塩のEOS-1と1N、デジタルでは1Dmk2を使っていました。
            三脚に据えている時や大きめのレンズをつけて左手で保持している時は、右手親指で電源スイッチを操作する事はありましたが、普段は右手はグリップの状態のままで左手で操作していました。

          • M-KEY より:

            銀塩機と違って最近の機種はカスタム項目が多く同じ機種でも持ち主によって全く別物なので、他人のカメラやスマホを急に渡されたら面食らいますね。

            他人に自分のカメラを渡して撮ってもらう時は、シャッターボタンを押せば写るようにします。
            もちろん、親指AFも外します。

            RX100m3は他人に撮ってもらうことが多いので、レリーズボタンが判りやすいように加工(アルミリペットの頭を接着)しています。

          • 匿名 より:

            >銀塩機と違って最近の機種はカスタム項目が多く同じ機種でも持ち主によって全く別物なので、他人のカメラやスマホを急に渡されたら面食らいますね。

            自分のものでも同一機種を複数台運用していて、何らかの事情で片方の設定をイレギュラーに弄った後元へ戻すの忘れてたりすると咄嗟の時焦る。

          • 匿名 より:

            >F70を渡されたときも慌てたな。

            昔、カメラ販売店にいた時、
            なかなか操作が覚えられなかったのが、
            F70とミノルタxi…
            こんなもん売れるかと思ったけど、
            そういうのに限って売らなきゃいけなかったりする。(店の都合)
            売って安心だったのはEOSだったね。

          • ken より:

            F70って詰め込んだ機能の煩雑な操作を少ないボタンでやらせようとして
            ドツボにハマったいい例だと思う。
            あの扇子型の表示も、メーカーは分かりやすくしようと思ったんだろうが(性善説)
            「普通」の表示が1番見やすいと気づいてほしかったな。(その後、気づいたからいいか)

            カメラ渡されて「とりあえずPモードに。。モード変更どれだ!」と焦りました。
            ユーザーのノルウェー女性スタッフさんがすごい美人さんだったので余計に焦ることに。。
            (これはニコンのせいではないですが)

      • 匿名 より:

        銀塩EOS-1は右手でスイッチオンなんて、まず無理だよ。
        やってやれないことはないが、左手で操作するようにできてる。
        デジタルではKiss以外は左のモードダイヤル回り、
        EOS-1D系は右側だけど、結構つらい位置。
        MもM5だけ左側。
        ONOFFはKissが一番やりやすいな。

    • ken より:

      「EOS-1D系の電源スイッチ」「一眼レフの再生ボタンが左手操作」と分けて読んだら意味が通じるかな?(無い読解力で頑張りました)
      〉ミラーレス化で運用実態が変わっている
      これは個人でそれぞれ違っているので「オレの方式が1番正しいからそれに合わせろ!」と言われても。。じゃない?
      個人的にはファインダー覗きながら再生ボタンを押すことはないので
      再生ボタンアイコン▶️があればあんまり迷わないです。

      でも電源ボタン話題なのに再生ボタンの批判をするほど困っているんですねぇ。
      その後、黙殺されてますが。

      • 匿名 より:

        もしニコンD6の電源スイッチを左手で操作する人がいて、ニコンの電源スイッチの位置が悪いと言ったら?そんな話だよね。
        それよりボタンカスタマイズしすぎて、何処に何の機能を割り当てたか判んなくなる私。

        • 匿名 より:

          何処に何の機能を割り当てたか判んなくなる私。

          わかる。
          カスタマイズできるところが多すぎるような気もする(笑)
          皆これ使いこなしてんのかよっ!て思うときがあるよ。

        • 匿名 より:

          もしニコンD6の電源スイッチを左手で操作する人がいて、ニコンの電源スイッチの位置が悪いと言ったら?そんな話だよね。

          そもそもグリップした手でスイッチを入れられるかどうかだから、そんな話ではない。

        • ken より:

          〉何処に何の機能を割り当てたか判んなくなる私。
          僕はZ6にファンクション1にWB、ファンクション2にFX/DX切り替えが基本。
          ただD850のファンクション2に水準器入れてたのを忘れてて焦ったことが最近あります。

          親指AFボタンはAFロックにしちゃってます。
          それはF5からあの位置に慣れちゃいました。(ボタンを大きくする改造をしました)

      • 匿名 より:

        ファインダー覗きながら再生ボタンを押す

        EVF機運用上の最大のメリット。
        だからZ9も再生ボタンを右手側に移した。

        • ken より:

          即時確認やスポーツ系はそうかもね。
          僕はちょっと落ち着いた辺りでファインダーから目を離してモニターで確認。
          良さげなカットは拡大してファインダーで確認って手法です。

          • 匿名 より:

            緩い撮影だね。

          • ken より:

            そうですね。
            撮影前にある程度、設定終わっているから露出の確認は必須じゃないし
            ちょっと落ち着いた状況じゃないと
            確認の為の撮影不可時間(カメラだけじゃなく自分が被写体を見れない)を作りたくないし。

  13. 匿名 より:

    ケンちゃんは自分の撮影が特殊だと気付いた方がいい。

  14. M-KEY より:

    じっくり時間をかけて撮れる状況なら、操作性は問題になりません。
    とっさの時に操作に手間取ってシャッターチャンスを逃すリスクが少ないか?が重要なケースがあり、そういった場合に操作性とレスポンスが重要になってきます。
    バッグから取り出し右手で握ってカメラを構える一連の動作の中で電源オンし、ファインダーを覗く時は起動しているとストレスはありません。
    EVF付きのミラーレス機だとファインダーを覗いた体勢のままで撮影画像のチェックが可能です。
    ファインダーから目を離して、カメラを持ち替えて左手で再生ボタンを押す時の1秒以下のロスタイムが惜しい時があります。

  15. ken より:

    〉ミラーレス機だとファインダーを覗いた体勢のままで撮影画像のチェックが可能
    それも場合によっては「余裕のある」行為ですよね。
    1秒以下のロスタイムが惜しいときはそれさえもしたくありません。
    まあ僕の撮影は特殊なんだろうし、撮影方法は千差万別。
    メーカーとしてはなるべく公約数が多い操作系を選定するのは仕方がないこと。
    それで「オレの操作方法と違うからメーカーが間違っている!」とは「僕」は言いません。
    それにカスタムで結構いじって、自分の方式に近くすることもできるからね。

    • ken より:

      ちなみにZはファンクション1、2などに再生ボタンを割り当てることができるようです。
      背面のボタンより押しやすいかもね。
      それができるのに「再生ボタンの位置が。。」って言い続けるのは勉強不足かな。

      • 匿名 より:

        確かに。カスタマイズできるのに、デフォルトの位置の話しが長々と。

        • M-KEY より:

          Z 5 ではカスタムで再生ボタンを「fn2」に変更していますが、カスタムボタンには制限があり元々の再生ボタンが余るし、ボタンの印字と機能に齟齬ができるので「どこにどの機能を与えたか」がわかりにくくなります。

          最初から「再生」と「MENU」、「削除」と「レリーズモード」が逆なら、そうした問題はおきません。

          Z 9も「MENU」と「削除」は逆の方がよかったように思えます。
          そして縦位置レリーズ用に「ISO」ボタンはあるけど「露出補正」は必要な人が「縦位置Fnボタン」に割り当てるようになっているので「露出補正は必要ない、被写体に応じて感度を変えることを推奨」というメッセージなんでしょう。
          たしかに、ソニーと違って露出補正が必要な場面は少ないです。

          • 匿名 より:

            デフォルトの位置は大事だよ。
            メーカーもカスタムでユーザーに投げればOKという安易な姿勢になりかねない。

          • 匿名 より:

            そうだね。
            併用する機種と合わせるとか、特殊な使い方向けにカスタムは必要だが
            デフォルトの操作性がどうなのかはカメラの根幹に関わる重大なポイント。

          • Ken より:

            〉Z 5 ではカスタムで再生ボタンを「fn2」に変更しています
            今までそんなこと、言ってましたっけ?
            知らないで文句言ってたなんてことないですよね?

            〉カスタムボタンには制限があり
            まあ、機械だから制限があるのは仕方ないけど、できないよりよっぽど使いやすいと思う。
            で、どの制限がお気に召さないのでしょう?

            〉元々の再生ボタンが余るし
            余るわけじゃなく、そのまま再生ボタンとして使えますよ。
            ファインダーから目を離して確認する場合、(クライアントに見せたりするときとか)
            背面の方がfn2より押しやすくないかな?うまく併用できると思いますが。。

            〉ボタンの印字と機能に齟齬ができる
            運転でもブラインド感覚を推奨するお方が『印字と機能に齟齬』とは。。。
            そもそもファインダーを覗きながら押すボタンには印字は関係ないでしょう。
            ちなみに僕は親指AFボタンはAFロックに変えていますが、間違ったことはありません。

            〉「どこにどの機能を与えたか」がわかりにくくなります。
            自分でわかって設定したのに?
            まあそういう人はカスタマイズはするべきじゃないのかもね。
            その意味だとデフォルトはすっごい大事!

            〉最初から「再生」と「MENU」、「削除」と「レリーズモード」が逆なら、そうした問題はおきません。
            それはあなたが問題とするだけで、問題としない方々も多いと思いますよ。

          • M-KEY より:

            Z 5 ではカスタムで再生ボタンを「fn2」に変更しています

            約一年前にZ 5を買って、ここでのファーストレビューで再生ボタンの位置を指摘しました。
            その時に、kenさんに「再生はファンクションボタンに設定できる」とアドバイスをいただきました。

            カスタムボタンには制限があり元々の再生ボタンが余るし、ボタンの印字と機能に齟齬ができるので「どこにどの機能を与えたか」がわかりにくくなります。

            すべてのボタンに好きな機能を自由割り当てする事は不可能ですし、ボタンの位置や形状の変更はできません。
            その為、ただでさえ充分な数とは言えないボタンに機能のダブりが生じ無駄ができます。
            また、メニューのように主に背面モニターを見ながら操作することもあるので、ボタンの印字と機能が食い違っていると使いづらくなります。
            ボタンの印字までカスタムできませんし、物理的なボタンの配置や形状の変更もカスタムファンクションでは不可能な為、デフォルトのボタン配置は重要です。

            Z 5では「Fn1」に拡大画像との切り替え、「Fn2」に再生、スチルモード時の「Rec」に撮像範囲選択を割り当てています。
            (プレビューを割り当てるボタンがなくなりますが、再生画像で検証するようにしました)
            ファインダーから目を離していてもグリップは握っているので、デフォルトの再生ボタンを使う事はないのですが、三脚に載せているカメラの背面モニターをクライアントやデザイナーが見る時にはデフォルトの再生ボタンを押しています。
            このボタンの印字がグリーンだと使いやすくなりそうです。

          • Ken より:

            〉kenさんに「再生はファンクションボタンに設定できる」とアドバイスをいただきました。
            それはそれは大変失礼しました。覚えていませんでした。
            マジで健忘症が始まっているのかも!
            っていうか自分の書き込みに責任持て?
            申し訳ありません。

            〉すべてのボタンに好きな機能を自由割り当てする事は不可能ですし、ボタンの位置や形状の変更はできません。
            そうなると開発から参加しないと理想のカメラには出会えませんね。

            〉ただでさえ充分な数とは言えないボタンに機能のダブりが生じ無駄ができます。
            個人的意見ですが、自分的にはこれ以上ボタンが増えても覚えきれません。
            (撮影前の設定などは逆にちょっと面倒でも撮影中に誤操作で動いてほしくないし)
            またよく使うボタンはダブっても無駄とは思いません。状況によって使いわけます。
            極端な例ですが通常シャッターと縦位置シャッター、ダブっているから無駄とは思わんでしょ?

            〉メニューのように主に背面モニターを見ながら操作することもあるので、ボタンの印字と機能が食い違っていると使いづらくなります。
            メニューボタンってカスタムできたんでしたっけ?
            さすがにそこはイジらないなあ。。AFオンボタンは見て操作するところじゃないので印字は気にしません。

            〉物理的なボタンの配置や形状の変更もカスタムファンクションでは不可能な為、デフォルトのボタン配置は重要です。
            物理的なボタンの位置や形状の問題でしたっけ?

            〉このボタンの印字がグリーンだと使いやすくなりそうです。
            塗っちゃえば?

  16. 匿名 より:

    俺の俺の俺の話を聞けー!

  17. M-KEY より:

    Z 9では再生ボタンが右手操作になっているんですけどねぇ。

  18. 匿名 より:

    カスタマイズしちゃいけないみたいな気持ち悪い流れ。自分流でイイじゃん。

    • Ken より:

      〉デフォルトの位置は大事だよ
      カスタマイズ自体知らないユーザーもいますからね。
      そうなるとデフォルトに自分を合わさないといけない。
      上にも書いたけどメーカーとしては、公約数が多い操作性にするでしょう。
      (それを安易というかどうかは。。。)
      それこそユーザーの意見を参考に位置を変える場合もある。
      ただ今みたいにカスタマイズや複数のファンクションがある状況なら
      投げるというより、『使いやすい設定に合わせてね!』ってのもアリだと思う。
      それができるんだから。長々と文句言うこともない。
      シャッタースピードダイヤルの方向を変えるとかなんて、ある意味、すごい進化だと思う。
      (ニコンとキヤノンが逆で併用が戸惑うって世代です)

      • 匿名 より:

        公約数が多い操作性にする

        よって「デフォルトの操作性」は重要です。

タイトルとURLをコピーしました