富士フイルム

スポンサーリンク
レビュー(レンズ)

富士フイルム XF8-16mmF2.8 R LM WR|旅写真家が選ぶ広角ズームはどれ?(カメラのキタムラ:ShaSha)

8mmという画角についてXF10-24mmF4 R OISとの比較XF8-16mmF2.8 R LM WRが必要な被写体by 三田崇博
0
レビュー(レンズ)

新旧35mm相当F1.4を徹底比較 新モデルの実力を探る――富士フイルム XF23mmF1.4 R LM WR(デジカメWatch)

【新製品レビュー】新旧モデルの外観を比較新旧モデルを条件別に比較by 大浦タケシ
0
(レビュー)カメラ

富士フイルムの中判ミラーレス「GFX50S II」はチルトモニターと手ぶれ補正付きで猫撮りに最適(ASCII.jp)

【荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ”:第735回】by 荻窪圭/猫写真家,ASCII
0
(新製品)レンズ

富士フイルム、「XF23mmF1.4 R LM WR」の発売を11月→2022年2月に延期。部品調達の遅延により(デジカメWatch)

by 宮本義朗@デジカメWatch
0
レビュー(レンズ)

富士フイルム XF33mmF1.4 R LM WR & XF23mmF1.4 R LM WR|開発担当者インタビューから新レンズの魅力に迫る(カメラのキタムラ:ShaSha)

XF33mmF1.4 R LM WRXF23mmF1.4 R LM WR開発担当者インタビューby ShaSha編集部
0
レポート

富士フイルム GFX50S II 開発者インタビュー|ラージフォーマットを身近にする5000万画素機(カメラのキタムラ:ShaSha)

5000万画素×ラージフォーマットより多くの人にラージフォーマットを手のひらサイズの新レンズ「GF35-70mmF4.5-5.6 WR」開発担当者インタビューby ShaSha編集部
0
(レビュー)カメラ

富士フイルム GFX50S II|ラージフォーマットセンサーの新型カメラを深掘りレビュー(カメラのキタムラ:ShaSha)

富士フイルム「GFX50S II」とはGFX50S IIの特徴 ~「センサーは前機種と同じ」ことは実はメリットだった富士フイルムからの提案内容を検証ダイナミックレンジを生かすにはここは惜しかった!3つの気になる点GFX100S...
0
(レビュー)カメラ

富士フイルム X-S10はペット撮影に適しているのか?|湯沢祐介(カメラのキタムラ:ShaSha)

ペット連れに嬉しい小型軽量しっかり握れる深いグリップと安心の手ぶれ補正野良猫撮影との相性は?バリアングルでもう服は汚さないペット撮影の命、ボケ味はどうなの?走り回る犬を激写する!by 湯沢祐介
0
レビュー(レンズ)

XF35mmF1.4 Rとの違いも描写チェック。新旧標準レンズの特徴とは――富士フイルム XF33mmF1.4 R LM WR(デジカメWatch)

【新製品レビュー】なぜ今あらためて「標準レンズ」なのかレンズの概要外観と操作性2本のレンズを撮り比べてみる:遠景の場合2本のレンズを撮り比べてみる:近接側の場合XF33mm F1.4の描写を様々なシーンでチェックby 曽根原昇...
3
レビュー(レンズ)

写真で見る――FUJIFILM フジノンレンズ XF33mmF1.4 R LM WR(デジカメWatch)

Xシリーズの新スタンダードレンズラインX-T4とのバランス感は?光学系の特徴実写からみえてきたことby 宮澤孝周@デジカメWatch
4
(レビュー)カメラ

【ファーストインプレッション】FUJIFILM GFX50S II+GF35-70mmF4.5-5.6 WR(デジカメWatch)

【新製品レビュー】GFX100Sの魅力が凝縮。50MPセンサーのポテンシャルに驚くセンサーはこれまでと「全く同じ」ではない実写を通じてわかったことキットレンズの印象描写は?良かったところは?気になったところby 豊田慶記
0
(レビュー)カメラ

富士フイルム X-S10|肌をキレイに描写できてモデルにも喜ばれる! 小さくてもスゴイやつ!(カメラのキタムラ:ShaSha)

小型ボディで自然な表情を引き出すハイ・ローアングルに対応できるバリアングル式モニターポートレートには心強い瞳AF暗くてもピントを外さない優れたAF性能輝度差があるシーンではヒストグラムで露出を確認室内でノンストロボなら高感度撮...
0
(レビュー)カメラ

写真で見る――FUJIFILM GFX50S II(デジカメWatch)

GFX 50Sと外観を比較 GF35-70mmF4.5-5.6 WRの装着例もby 宮本義朗@デジカメWatch
0
(新製品)システムカメラ

GFX50S IIの優位性とXマウントレンズ設計の現在とは? X Summit PRIME 2021で見えてきたこと(デジカメWatch)

広い画素ピッチが豊富な情報量を支えるIBISとX-Processor 4搭載でAF性能が向上GFX100Sのインターフェースや機能を凝縮Gマウントシリーズ初の沈胴レンズこれからのXシステムレンズのデザインの行方はby 宮澤孝周...
0
(新製品)レンズ

富士フイルム、Xマウントレンズのロードマップを更新。テレコン対応の超望遠ズーム150-600mmなどを2022年に投入(デジカメWatch)

2022年に「XF150-600mm」と「XF18-120mm」を発売予定「XF150-600mm」はテレコンバーター対応ズーム操作でレンズ全長が変わらない仕様を予定by 宮本義朗@デジカメWatch
5
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました